趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
去年の秋に山形に遊びに行ってからはや一年ですか。
時間の流れとはどうしてこうも早いのか。
極最上さんの利用者が増加する中で、今日も私の宝最上さんは
鉄棒を真っ赤な顔でぐるんぐるん振るうのでした。
思い入れのあるカードはとてもすばらしい。覚醒しなくても元から売れないのが又良いのです。

もがもが2

何回も載せてますが好きなカードなのです。風情があって大変良い絵柄ですね。
私もふるさとが好きです。
-------------------------------------------
さて本題。
メンテが終わり、地属性強化の翌月ということもあってか不具合修正以外は
おとなしめのメンテとなりました。イベントも10月は4度の開催で合戦2ねこ場所2の
スタメン2つのみです。
だからというわけでもないんですが、昨日ポチポチとぼちぼちに全国対戦をしていました。
今日になってなんとなくどんなデッキが多いのか調べたくなったので、調べてみました。
テストデッキの方を除いて28人、重複して対戦した方は最初のデッキを採用しています。
全国対戦は流行の縮図という側面があり、奥義が減らず体力最大からスタートという特徴が
ありますが、よく使われる猫の目安をある程度おし量ることができます。

表1さしかえ 疲れてるとミスが多いな…

表2さしかえ
(※桃色の塗りつぶしは大将のいる属性)


見づらい表ですいません^^; ぶっちゃけ途中で疲れました><
もう行書体で作ることはたぶんないでしょう。雰囲気だけ重視はダメゼッタイ。
属性はおおむね左から右にいくにしたがって使用率が増える感じですかね。
火だったら8/28みたいにデッキ使用率も書けばよかった…。後の祭りか。

え~、あらためて見ますと、意外にも案外と物理/術/バランスデッキの使用バランスは
取れています。私もこんなに分散しているとは思っていませんでした。
めちゃくちゃなようで案外バランスとれてるのかこのゲーム?
気のせいかもしれませんが。

代わりに大将はぶっちぎりで策猫が大人気です。
立花ギン千代が、地属性強化と美貌の実装によって使い勝手がかなり落とされ、使用者が
減っていることが一因に挙げられます。あと、元から多いです。(←身も蓋もない解説)
水と地は、2匹以上採用しているデッキは昨夜私が当たった時点ではありませんでした。
地が複数採用のデッキは普段ならたまに当たるんですが。
この2属性は「1匹はほしいが2匹はいらない」ポジションっぽいですね。
策猫は普通にデッキを組んでも複数入ることが珍しくないので、全国対戦では
全体数でいうとやたらと多くなります。28デッキで1デッキが4匹編成だったので、
全体139匹のうちの56匹で、約4割ですか。多いなあ。イチローもびっくりです。
ちょっと火にまわそうか

極明智はかなり減りました。合戦でも減ったように思います。
美貌によって火バフを使わなくても物理デッキでワンキルを起こしやすくなっていますしね。
清洲同盟が出ると3コスの案山子になるのは非常に痛い。
少し脱線すると伊賀も、移殖なしで使う方は減りつつあり逆に島津が復権してきました。
地属性なので物理に強く美貌と相性がとてもよいので比較的手軽に強い物理デッキができます。
島津と伊賀の関係はどちらかが仕様変更で強くなると、どちらかが衰えるの繰り返しで
面白いですね。
大将縛りの猫は、どちらかというと物理デッキに多いです。術特技には大将縛りが条件の
ものが少ないのが理由で、直接ダメージソースにはならないにしても、デバフや状態異常などの
特技を移植された猫自体は、術デッキでも使われてます。
極竹中が悪兵衛とセットで、二兵衛パーツ兼アンチ物理デッキとしてバッテリーを組む姿も
頻繁に見受けられますね。

物理デッキは、もうほとんど美貌とセットがデフォルトになってきました。
大将として増えたのは極松永、と上記の極島津。松永は美貌のカウンター大将ですね。
価値が上がっています。
美貌は物理デッキには欠かせない存在になり、去年の短刀術デッキ流行を
髣髴とさせますが、術デッキではデバフの被りが嫌われてほぼ採用されていないようです。
バランス型デッキでは物理と同じくよく使われます。

術デッキは相変わらず健在。稀小六も減りつつありますが術デッキではまだがんばっています。
美貌は完全に定着したといって差し支えありませんが、擲弾はそこまでいっていません。
策鉄砲2.5コスのため、移殖がないと使い勝手ではやはりお市に劣るのでしょう。
術デッキならば短刀濃姫が使われますしね。
お市もですが、濃姫は何枚も出ているので別の濃姫と同時に使えない問題も出ます。
方向性は違いますが。

水と策は両方とも採用率が非常に高いです。水は26/28、策に至っては
27/28とほとんどすべてのデッキに食いこんでいます。
水>策の採用率かと思いましたが、それだけ策猫の利用価値は高いのでしょう。
全国は大名奥義が減らないので策が高い武将有利ですし、低コスにも伝令喝破の役割が
あります。九十九などの発動のいい策バフを消すためにも策猫に任される役割は
重いです。
地は数自体は多くないですが、使用者は明らかに増えています。
使われる猫の種類もけっこうあります。今月も極高虎が追加されるので、プッシュはまだ
続くでしょう。
火は…、まあ、うん。
不人気ですが、前よりはいいですよ。はい。
まだ風の方がアタッカーとして優勢なんでしょうねえ。私は火属性好きですけど。


まあこんな感じで、表作るので疲れたのであとはもう思いついたことをつらつら書いただけの
適当なだらけ更新になってしまいましたが、何かの参考になれば幸いです。

スポンサーサイト
2014.09.30 / Top↑
10毛月…もとい10ヶ月ぶりのねこ武将紹介
はじまるよー。



ガラガラ2

ガラシャム(極) 水2コス足軽 28/147/110/182/129
神の恩寵【味方全体の兵力が回復し、属性弱体を1つ解除する。】
デバフ反応/属性弱体1種類解除/デバフ解除対象のみ
回復量アップ



はい。
ガラシャムです。久々なので気合を入れていきます。

現在では全体回復の猫は、極お市、極北政所、極ガラシャム、極千利休、極宇喜多と、
5匹いますが、「全体回復」という特権を持つヒーラーは、未だレアリティ「極」に限られています。
その中でも恐らく一番評価が高いのが極ガラシャムです。

お市(直近修正前)と北政所は以前使ったことがあるので比較する形で紹介。

①徳策補正がない状態の自分の回復量と回復頻度

ガラシャム 496
まんかか  492(※両方とも浪切5、明鏡止水)
お市     624(全国でみた数値ですが、明鏡などがついているのかは不明)

ガラシャムとまんかかは互角。お市の小豆は3コスなのもあって突出して高いです。
移殖小豆もちらほらいます。神の恵みつきなら700越えるんだったかな?
修正前は活法5と信義で476だった気がしますけどね。
回復頻度について、浪切がついていてもお市の方がよく出す感じがします。
しかしデバフ時においてはガラシャムは互角か上回っているかもしれません。
複数の猫が複数種類のデバフを食らっている状態ならば、かなりの頻度で恩寵を使います。
(回復量も徳バフなしで669まで上がります。)
総合的にはお市>ガラシャム>北政所。
デバフのないガラシャムと、北政所は、寡黙の徳策バフつきで558がリミットでしたが、
お市の小豆は素でその数値は越えます。
おしどりなどを使ったり、ガラシャムにデバフがかかると、
558縛りは解けます。


かいふく
奇襲陣形で使ってデバフなしだとこのくらい回復します。干し殺し3や鬼若子を受けると、
回復量補正があっても200台に落とされることもあります。鬼若子凶悪ですね。
発動率は上がりますけども。


②行動順
兵種差でお市、ガラシャムがまんかかより先に動きます。風の値も上。
全国で試したら敵両翼、自分奇襲陣形の時はお市がガラシャムより先に動きました。
鉄砲の北政所が一人遅いです。遅い方がいいこともあるんですが、速い方がいいことの
方が多いです。


③固有特技の追加効果
地をどんどん上げるまんかか。
デバフ状態を1つ解除する+デバフ時発動と回復量アップのガラシャム。
策を上げるお市。

これはガラシャムが一番優れています。断言できます。

なぜならば地や策が上がった状態に対してカウンターで発動するタイプの特技は
たくさんありますが、デバフを、何もない最初の状態にした時に対してカウンターで
発動するタイプの特技はほぼないからです。
もちろん、大指武蔵などの地が上がった状態でのみ発動する特技もありますし、
策が上がって得することも多いですが、
「ゼロをプラスにする」より、「マイナスをゼロにする」方が、
デッキに組み込む上で調整がつけやすいことが多い、と考えます。

説明が難しいですが…。3匹の中ではガラシャムの追加効果が一番使えると、
私は思っています。
範囲内に敵がいけば初手に発動する短刀や美貌の策デバフを消せますしね。


④総合的に。
お市は、「ヒーラーに3コス」というコストの都合がつけば、割安で回復量の多い
全体回復として、今でも優秀です。しかし、やっぱり重い。3コスはさすがに、重いです。
4匹編成になることも出るでしょう。
ガラシャムとまんかかは浪切がないとかなりサボるんですが、
お市は3コスなので活法でも発動機会は確保されるそうです。
(これは稀まつなどを見てもそうだと思います)
私は運良くガラシャへの浪切伝授がLv5まで4匹で済みましたが、高くなりすぎているので。
カンスト+伝授に数十万+覚醒するならさらに数十万かかるのを考えたら、
30万強でとりあえずフル修練が買えるコスパは魅力です。

北政所は、金蘭や湯漬け移殖などが増えているため、以前ほどは特別感がなくなって
きています。ついにカンストから陥落しました。それでも全体回復は憧れの的ですし、
実際使えますが、デバフに対しての対抗策と行動順ではガラシャムに軍配が上がります。

最後にガラシャムですが、浪切をつける前後、覚醒させた前後で、2回使い安さが
変わっています。浪切(艶花)は、無理をしてでもつけるべきです。
くじで引けない限りにおいては、どうせカンスト確定の猫なのですから。
長く使うために投資するべきです。
サボることが減ります。物凄く目立つわけではありませんが、長い目で見れば確実に減ります。
覚醒は、「できれば…」というところです。
兵力×2なら1500になります。兵力+徳なら1200で徳232です。
徳182+明鏡でも、デバフがよく絡むので回復量で苦労することは少ないです。
もし、特技の3枠目を、伝授に属性制限のない加賀百万石などの自動特技へ
付け替えを目指すのであれば、その時は覚醒で徳に振った方がよいのでしょうが、
そうでなければ落ちづらくする兵力が使いやすいです。

北政所から、ガラシャムに代わって感じるのは、デバフへの耐性です。
もちろん完全ではありません、が前よりかなりよくなっています。
行動順も早いので、前より安定しました。
構成によってはヒーラーのコストが2でも足りないことがあるので、1.5の誉ガラシャムに
切り替えることもあります。極だからといって、完全でも万能でもないのも、確かです。
それでも手に入れて良かったと思いますし、今後ガラシャムより優れた全体回復の
ヒーラーが出たとしても、しばらくは頼ることになるでしょう。
力不足になりながらもがんばり続けた北政所のように。


使いやすさ:☆☆☆☆ 
本人の問題ではありませんが、浪切が高くなりすぎましたね。伝授費用も考えて。
兵種縛りバフとの相性や1.5コスの方が使いやすい場面も出るので、
良いですが満点ではないです。

おすすめ度:☆☆☆☆☆
持っていない人が、カンスト貯金をしていて、もし取引所で見つけた
ならば、即買うべきレベルの猫でしょう。

おすすめ。

特記事項/デバフ対策:☆☆☆
ガラシャムがいれば他にデバフ対策がいらないということは
ないです。

しかし対策が何もないよりは確実に良いです。

地デバフ

地デバフ状態、回復量696。寡黙があるとMAXは700を越えます。
回復量の安定という意味においては、寡黙と好相性ですね。
よく使われる短刀や美貌に反応するのが良いですが、美貌は策デバフをすぐ消せないと
回復する間もなくズバっと一撃でやられてしまいますね><
2014.09.28 / Top↑
久々にさらっと更新。

城攻め。
久しぶりに参加してます。

今、2日目の最後の出陣が終わったとこなんですが、
攻めで5戦4勝うち3回自分で大将を撃破。
守りで1戦0勝。

こんなに攻めで勝てたっけかな??


いや、いいんです勝てても。
攻めで優勢だとチャットも盛り上がることも多いし。

ただ参加人数とかを見てると、攻めの方がだいたい多い参加数なんですね。
クーポンもらえたり米の消費が緩やかだったり、メリットは確かにあるんですが。
ボスが弱くなったというよりかは攻めにアクティブな人が回るようになって
落としやすくなってるのかな。

大将の氏康も3回撃破しましたが、全部優勢勝ちでカチコチ状態の挑発連発を
倒してるわけではなく、おともをみんなで削った後に、10Tで粘り勝ちしています。

初日、1回守りに入った時はアクティブな方が味方に少なくて、罠を張ったりして
粘りましたが押し切られてしまいました。
やっぱりなんとなーく攻め側に人が集まってる実感があって、私も勝てるなら
攻めの方がいいのでそっちに多くいってます。
守りに強い方がいるとすごく苦労するんですが、それでもなんだか押し切れますね。

城攻めは最初からずっといってますがバランス調整の難しいイベントで、
だんだんと報酬が甘めになってきた今でも唯一、イベント上位でも1枚しかカードが
もらえません。
もうちょっと釘を緩めてもいいのかも。
以上、久々に考えなしのままとりとめもなくつらつら思ったことを書きました。

ギリギリ。

引き伸ばしとかでなく、純粋に時間ギリギリに辛うじて削りきれるととても楽しいです。
北条げんニャンが河越の夜襲を使って邪魔してきますが、氏康自身は味方のバフに対して
無反応なので、バフで準備してから戦えるのが案外でかいのかもしれません。
確か前も安土城の信長よりは、ボスが倒しやすかったような。
鉄砲デッキで捨てガマリを使った後に、Lv3術奥義を当てるとゴリゴリ赤字で4桁削れて
面白いです。

報酬報酬2

1戦で巫女カード10枚ももらえるのはかなり大盤振る舞いなんですけどね。
仕様変更でねこ巫女カードが器量上げに使えるため無駄になりませんし。
報酬カードも振る舞われると、さらに嬉しい。
2014.09.08 / Top↑
2013年8月30日、極ガラシャム実装。










ついにきたーついにきたー2

2014年9月6日、極ガラシャム登用。


ついにきた極ガラシャム!!


これは嬉しい。とても嬉しい。
たぶん19時40分くらいに推挙してくださった

やさしい2

鉄砲デッキにしたところで突然きたのでどうしようとか、そろそろ新たな挑発解除の全体回復
ヒーラーがくるんじゃないか(それも1.5コスで)とか、夢のない考えも頭をよぎるんですが。
それはそれとして、ずっと欲しかった猫なので、やはりありがたいことです。

また模索する楽しみができました。
手さぐり状態の時の方がルーチンワークになった後より楽しいですね。
2014.09.06 / Top↑
また今日も討鬼伝を買う仕事がはじまるお…。

あ、初週9万本(psp・vita併せ)だそうですはい。
------------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>むたさん

ふーむ

でもひょっとしたらひょっとするかもなあと思わなくもないですが。珍だから覚醒楽だし。
挑発のダメージカットもでかいはずなので兵力×2でもいい気がするし。
がんばれ^^
------------------------------------------
修正と追加カードの影響を受けてこんなデッキが増えてきた、
または増えるんじゃないかな、という解説と予想です。

① 両翼物理デッキ
物理

翼の片方にお市が入って、デバフで物理を通しやすくして、アタッカーで倒すタイプ。
両翼に限らず今までの防御位置って、割と他属性とかが入ってしまうことが多くて
配置できる陣形は妙に多い癖にそれをあまり生かせなかったとこがあります。
地武将がようやく修正されたので、壁+挑発を生かすために最前列の防御位置にして
敵に近い分1Tから発動を期待できます。
全体回復か遠距離回復ができないと、陣中の範囲では両翼に回復が届かずに
合戦だと連戦するほど、アタッカーが消耗しがちなので、範囲回復をメインヒーラーに
使う方は、突撃陣形をチョイスすることが多いようです。
この陣形に限りませんが、敵の回避率を落とす手段が出てきたので平原での
豪勇稀宗茂の評価がいくらか持ち直してきた
ようです。
騎馬なのでお市を置いてけぼりにしがちですが。
このデッキの場合大将に稀濃姫なので、兵力覚醒させて何かのバフを移植したい感じです。
ぼた餅がいるのでどちらかというと山岳向け。


②突撃物理デッキ
物理2
こちらなら金蘭や水運の父、のどかや湯漬けなどのそれほど高額でないヒーラーでも
移動距離さえ合えば、全員に回復できることが多いです。味方が近くにいて、回復したいのが
1、2匹だけの時は全体回復のうまみは少ないですしね。
突撃陣形だと風の回避がさらに伸びるのでこれまではよかったんですが、
挑発による回避低下が入るようになって、挑発はかわせても美貌もいるので、他の陣形に
シフトする人も増えそうです。(奇襲で右上伏兵とか)
後、攻撃位置4つに支援1なので防御位置はないです。


③ヒーラー大将物理デッキ
物理3ヒーラー大将
これは、両翼でも突撃でも、あります。
一番後ろにヒーラーを置いて大将にします。単純に一番後ろなので攻撃が届きにくい。
ヒーラーでなくても大将を一番後ろに置くこともしょっちゅうあってけっこうポピュラーです。
ヒーラーが大将の場合、松風や狙撃系で、大将に攻撃が
届いてしまい、かつそれを複数攻撃含めてかばえない
(かばう手段がない)と、かなりあっさり落ちます。

(※地風が低めで策アップの特技をつけないことが多い、覚醒でHP1400-1500なら一撃死の
確率は低いが、デバフのかかった時のガラシャムくらいでないと、せっかく覚醒したのに
徳を上げないと回復量が伸びず他の猫に影響が出ることがある…などが理由)

なので最後尾に大将を置いたら、画像みたいに景勝などの強い壁がいるといいです。
元々バフ+大信義の守護ができましたが、挑発の選択肢が出たので寡黙で
固くなった状態で敵を引き付けることができ、他の猫の安全を買えます。
景勝がまた少し高くなった理由でしょう。


④術デッキ
術デッキ術デッキ2

術系武将をだいぶ売ってしまったので構成が変なのはあまり気にしないでください^^;

左は従来の術デッキ。右側はこれから増えるかもしれない術デッキ。
術攻撃三枚で削りきるのが今までの形ですが、右側では挑発を二枚入れて
術を二枚に減らしています。二枚に減った分使う術は強力なものが求められます。
いかにも新しい形みたいにいってますが、実際のとこ姫武者や破軍を入れた
策2水1+地1風1の形やその変形は前からあります。
要はダメージソースが減っても敵兵力を削りきれる
手段があれば良い
わけです。
挑発の特性を考えた時、ヒーラー以外は全部策…というのは、
たぶんこれからしんどい局面が増えてくるように感じます。



まぁこんなとこでしょうか…。
むたさんじゃありませんが高コス地武将を挑発大将にするデッキ
も複数人使っているのを確認しています。硬いんだこれが。
兵力覚醒されるとなかなか落ちませんね。
今回、意図的に風武将を省いて紹介したんですが、
実際にデッキを組んだ時に「火武将の方が殴りにはいい」
等の理由で、自然と風武将がデッキから外れるケースも、
たぶんあるんじゃないかと思います。

もちろん従来のメインである風覚醒速攻デッキもまだまだ通用します。
それのみではなくなってきているという意味では使う猫が変わり始めていますが。
2014.09.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。