趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
出陣する武将の総コストは10以内に納める必要があります。
コスト別の特徴や使い道など。コスト1の猫は1コス、コスト2なら2コスともいいます。

1コス
もっとも軽量級なだけに、能力は全体的に低いです。初期能力だけを見ると
初心者の方はどうやって使えばいいのかわからないかもしれません。
1コスの武将は、総じて他の高コスト武将のサポートをする役目を負います。
サブ守護、補助、サブ回復などですね。主役にはなれませんが脇役として
いい味を出してくれます。ゲームに慣れてくると1コスで使える価値がわかってきます。
数は少ないですが以前書いた佐久間のようにアタッカーにもなりうる猫もいます。
代表武将:足利ロシアき、毛利ペルもと、さくミャ盛政など

1.5コス
1コスから0.5コス増えると初期能力はかなり上がります。このクラスの猫は
一芸特化の能力を持った猫が使いやすいです。逆に平均的な能力を持つと
器用貧乏になりがちです。(1.5コス以外にもいえますが)
後述の理由から回復役よりは、攻撃特化、防御特化の方が活躍しやすいです。
月に一度、武将追加される際に2コスに匹敵する能力を持った猫が実装される
ことがあり目玉となっています。火の高いせニャは多くのデッキで採用されています。
代表武将:せニャ、ミィよし長慶、山田ニャがまさなど

2コス
2コス以上の水武将は、回復特技を持たせると使用率に上昇補正がかかります。
これはコストがあがるごとに使いやすくなるといわれていますが運営から正式な
アナウンスがあったわけではないので参考程度に。
この理由から2コスは水猫に回復を任せることが多くなります。
アタッカーとしては2.5コスに及ばず、純粋な壁では1.5コスに任せたい、
また追加される1.5コスに優秀な猫が多く影が薄くなりがちな面もあります。
代表武将:安岐ニャン、お初ニャン、佐々ニャりまさなど

2.5コス
出陣部隊の中で主力になります。ほとんどの部隊で1匹は入っていることが多いです。
2匹以上採用されることも珍しくなく、2.5の4匹編成も見られます。
それだけコストと能力のバランスが良く使いやすいといえます。
ただ2.5コスを複数入れると他のコストで優秀な猫を入れづらくなる側面もあり、
部隊の総合的な強さは組み合わせによって決まるのでただ漫然と入れるだけでは
真価を発揮してはくれないでしょう。ともあれ、優秀な猫は非常に多いです。
代表武将:かニィ才蔵、柴田キャッツいえ、へチカンなど多数

3コス
現実の戦国時代で大名として名を馳せた武将が中心であり、全て「稀」以上のレアリティで
あり、2.5コスが前線の中核ならば3コスは司令官や大将としての役割を任されます。
多くが全体バフ(全体に効果のある補助特技)をはじめ非常に強力な特技を持つのが特徴。
能力や値段もコスト相応に高いです。3コスの育った猫を組み込めるようになれば、
部隊の強さは確実にワンランクアップするでしょう。
代表武将:上杉ニャンしん、雑賀ミャーゴいち、おミーちの方、織田のぶニャが

4コス
もっとも重いコストです。能力はもちろん高いですが、重すぎて使いづらいです。
起用する場合には4匹構成もかなり多くなります。能力に対して値段が安いことが多く、
取引所で強く安い猫を探すなら目に留めやすくもあります。
当然売りづらいですし、他の猫との組み合わせに困ることも増えますが、
もっとも能力が高いため組み合わせの妙を楽しめるともいえるでしょう。
代表武将:ニャンの利休、本願寺けんニャ
スポンサーサイト
2011.11.20 / Top↑
課金か非課金かで、大きく変わるのですが、始めていきなり大量に課金する方は
あまりいないと思いますので上から初心者でもやりやすい順に書きます。

①賊狩り
基本的の基本です。画面上部の「地図」からマップ上にいる賊をクリックして倒します。
☆の数が増えると敵が強くなるのと同時に報酬も増えます。馬場や直政がいるならば、
☆3くらいまでならば開始直後でも倒せると思います。建築に必要な五輪珠と奥義も
もらえるため、一石二鳥の手段となります。兵糧と体力の残りに注意しましょう。
賊狩りは、おすすめを通り越して必須です。

②ねこ場所
始めたてでも番付が「序の口」「序二段」あたりまでなら、そこそこは勝ち負けできます。
無理して番付を上げなければ、開催のたびに2000NP前後手に入ります。番付が上がり
勝てなくなってしまったら素直に降格したほうがいいです。かかる時間も少なくおすすめ。

③内職・転売
取引所にはいろんな猫がいます。「強化」に有用な特技を覚える猫を、新品の状態で安く買い
特技を覚えるところまで修練して売却し、ある程度の利ざやを得るのが「内職」です。
特技や修練の割にお得なニャポで出品されている猫を買い、値上げして売りなおし利ざやを
得るのが「転売」です。内職はそこそこ建築が進めば初心者でもできますが、転売は
初心者向きではないので薦めません。内職に関しては時間はかかり、地道ですがおすすめです。

④戦友訪問
戦友の館を訪問すると2NP、姫など一部の猫では3NPもらえます。100人全てに姫で
訪問すれば1日300NPです。塵も積もれば山となります。建築したいものが最初はいくらでも
あるので、練兵所へ訪問した方がしばらくの間は有益ですのでこの順番に。
相手からも館に訪問があればそれだけ収入は増えますね。

⑤合戦
初心者はほぼ勝てないのが仕様です。強くなれば一度の合戦で、ゆうに五桁以上稼げます。
最初はまったくおすすめできません。

⑥課金くじ
大量に課金する人にとっては、もっとも時間がかからず、もっとも手っ取り早い方法です。
課金くじで出た武将をそのまま売れば売っただけニャポが稼げます。
注意点:改くじではあまりいい武将は出ません。特でも滅多に極武将は出ません。
万単位で課金しないと効果は出づらいです。後悔しないように。
2011.11.15 / Top↑
さくミャ盛政

最軽量の1コスでありながら風貌、能力は鈍重な象を思わせる重量級の猫です。
初期の火は62、修練20にすると162まで伸びます。これは1コスの中で飛びぬけて
高い数値でライバルになる猫すらいません。しかし反面、それ以外の数値は非常に低く
攻撃がなかなか当たらず、敵の攻撃はかわせず、とても脆いという、取り扱いの難しい猫です。

結局使えるのか?というと、特技に大幅に手を入れる前提で非常に使えます。
「智勇兼備」「手練」+「馬廻衆」or「渾身」or「守護(信義仁)」
あたりがいいと思います。手練をつけると命中率がかなり改善されるため、
高い火と低い風のアタッカーには枠を一つ使う価値があります。
防御力も高いとはいえないので守護を任せるよりは馬廻衆をつけた方が
少しでも生き延びやすくなります。

おすすめは、智勇、手練、馬廻衆、の組み合わせです。
それなりにNPがかかりりますが、平原で使うなら1コスとしては攻撃力も高く
出陣武将を木に例えるならばこの猫は中心になって戦いを支える幹にはなりませんが、
幹から伸びて実をつける枝としては充分な働きをしてくれるでしょう。

手を入れないと相当に使いづらいのは間違いないので注意してください。
修練50なら火20/地20/風10、修練80なら水以外を20が良いです。
鍛えてしまえば1コスなのがかなり利いて余ったコストで使えるためありがたみが出ます。

使いやすさ:☆☆
おすすめ度:☆☆☆
2011.11.10 / Top↑
ミィ直政・馬場ニャぶはる
ゲームを始めた直後から当分の間は、賊狩りをメインにして五輪珠とニャポ(NP)を
稼ぎ、修練を行ったり施設を増やしたりします。
しかし、はじめは強い猫がいないため賊の☆が増えてくると苦戦することも増えます。
この二人(二匹?)の猫は、レアリティが最も低い並のために両方とも50NP前後で買えるのに
2.5コス全体でいってもアタッカーとして優秀な能力を持っています。

最初100NP程度溜まったらこの二人を取引所で雇って購入すると、☆3程度までの賊ならぱ
修練なしでも問題なく倒せるようになり、楽になります。

欠点としては、二人とも騎馬なために平原では攻撃力も上がりスイスイと動けるのですが
山岳だと移動力が落ち使い辛くなることですね。平原メインなら問題ないです。

なお極限まで鍛えた状態ですと馬場の方が直政よりやや能力が高いので、合戦やねこ場所に
おいては馬場の方が見かける機会は多いかなと思います。

使いやすさ:☆☆☆☆
おすすめ度:☆☆☆☆
2011.11.09 / Top↑
ゲームを始めると五人の中から一人選んで自分で使えるようになります。
だんだん力不足になっていくものの、しばらくの間はこの選んだ猫が中心になります

片倉スコじゅうろう(地) おすすめ度☆☆☆☆☆
優秀な壁役になります。地味ですが五人の中で一番使えるのでおすすめ 

北条つニャしげ(火) おすすめ度☆☆☆☆
こちらは攻撃役(アタッカー)です。騎馬は優秀な猫が多く、この子はコスト2で
一つ上の2.5域にもっと強い猫がいるのですが、バリバリ攻めたい人は選ぶのもよいでしょう

ニャー長秀(水) おすすめ度☆☆☆
回復役です。特技がいいのですが攻撃も防御も半端です。
長い目で見ると上二つより使えるようになるかもしれません。

たちばニャ宗茂(風) おすすめ度☆☆
中衛・遊撃タイプ。防御が低くやや使いづらいです。攻撃型ならばつニャしげの方が無難です。

こばニャかわ隆景(空) おすすめ度☆
補助タイプ。空武将は使いづらいです。こだわりがない限りは他の猫にした方がいいと思います。
--------------------------------------------
【2013/12/6追記】
現在でも初期武将の中で一番使えるのは片倉かな、と思います。
強い武将、使える武将も、廉価で買えることがとても増えましたので、好きな猫を選んでも
それほど問題はありませんが、初期にいくらか楽をしたいならば、片倉がいいです。
地8で信義仁がいけるので。

丹羽さんは陣中と活法を3まで覚えますが陣中3が水11、活法3が水15。
初期の時点でここまで上げるのはちょっときついです。
智勇兼備の移殖に使えるという点では立花もありですが、確率はよくて1/5程度。
普通に他の智勇兼備を覚える2.5の猫の方がおすすめかなと。
どの猫を選んでも使い潰すような形になり、戦力が伸びてくるとお役御免になります。

2011.11.07 / Top↑
趣味のことなどつらつら書いていこうと思います。
2011.11.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。