趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は県内のお祭りに足を運んできました。
暖かく、たくさんの人がいて、良い気晴らしになりました。
私にとってのゴールデンウィークは今日で終わりで、明日からまたばたばたとして
いきますが、良い羽休めもできましたし、踏ん張りどころですね。
------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>博士58さん
>nukoooさん

本当にいきなりどかんと増えましたね^^;
対人コンテンツが増え、イベントが月5回開催で安定したために、奥義の消費が
かさみがちになっています。ねこ場所中は珠不足が常で奥義作りが滞りがちになって
いたのですが、今回の報酬増加で、かなり作りやすくなって助かりますね。
NPも以前の倍くらいになったかな?
貰える珠が10倍近く(しかも前は1-3位はもらえませんでした)に、NPが倍で、
1500点以上稼ぐともれなく吉1枚追加なので、前回更新の画像をみていただくと
わかるようにねこ場所の報酬ははっきりと以前よりよくなっています。
2年前の開始時とは比べ物になりませんね。
集金イベントなので、お金を落としやすい気持ちになる報酬増加は、運営にとっても
悪いことではないのでしょう。
珠の増加は驚きましたが、本当にありがたいです。

>名無しさん
ニャがは、ある程度「形」ができてからのほうが、稼ぐのは楽になりますね。
初日は運良く優勝できましたが、戦績を見ての通り大して勝率がいいわけでもなく、
お米券で力押しした面が大きいです。
しかし、それでも一度のイベントで得られるNPの総量という意味では、番付や
合戦順位が上がるに従って確実に増えていきますから、ゆっくりと進めていくよりは
完成品を買ってしまうことを、よくブログで薦めたりもしています。
大関の報酬は、上のコメ返しにあるように今回からかなり増えましたね。
------------------------------------
昨日くじには期待しないと書いた直後に何なのですが、今日外出/帰宅後に
ふとなんとなく━ピ( =①ω①=)キ━ンと予感がしたので、クーポンを使い
くじを引いてみました。

吉10稀2

安いとはいえ吉10枚で稀が2枚出ました!このパターンは期待できるかな…。
それっ!

福4

よぉっし!!

やったっ!!


福で初めて極が出ました。わーい。
たまには勘も信じてみるものですね。( =①ω①=)フフフ
------------------------------------
今日は2012年後半~2013年現在までのまとめです。

昨日の書き落としで気づいたことが結構あったので、少し触れておきます。

7月にツイッターのリツイート○○件(興味がある方は調べてみてください)で
吉クーポンを配るよ、というキャンペーンが実施されましたが、届かず失敗でした。
普通はこの手のキャンペーンは成功を前提に行うのにこの結果だったのは、
この時期のニャががかなり低迷していたのでしょうし、運営も危機感をもったのかも
しれません。
続く8月にとしまえんでイベントが行われましたが、これも…。

結果としてこの後は力を入れた調整が増えていったようですね。

そして、7/24に初の引き直しキャンペーンが行われていたようです。
たぶんそれなりに集金が良かったのか、この後も稀にですが定期的に行われて
いくことになります。引き直しキャンペーン時以外の課金くじの引き控えに始まり、
相場の乱高下や極武将のダブつきも起こる、諸刃の剣ではありますが。

それから、合戦マッチングは恐らく2012年の前半に3分マッチになり、合戦で
得られるNPが増えています。楽市のレートが減ったり、マッチング時間を絞るなど
色んなアプローチがされていますが、4分の時よりも遊びやすくなったのは、確かですね。

各種イベントで得られるNPが増え、高額武将や特技を移植された猫がカンストで推挙
される猫が増えたのも、時間の流れとともに加速しています。
極お市が高嶺の花だった時でも、50万NPくらいが相場だったと思います。
得られるNPが増えれば、有用な猫が高くなるのは、当たり前なのかもしれませんね。
------------------------------------
<9/28>小松ニャン(極)、九鬼オシキャト(稀)、ニャンどう愛季(珍)、
山本ニャンすけ(限定珍)、ニャりた甲斐姫(稀)など追加
城攻め実装、レアリティ「誉」およびねこ巫女カード追加
<10/13>城攻めを前に引き直しキャンペーン開始 
<10/15>城攻めを前にしっかえキャンペーン開始
<10/18>KOEIの他のソーシャルゲームとの連動キャンペーン実装
<10/19>第一回城攻め開始
<10/29>連動キャンペーン開始


初回城攻めについては以前から繰り返し書いてきたので、特にここでは触れません。
ただ、開催前に引き直しやとっかえも行って、連動キャンペーンも絡め珍しく大型の
宣伝もした結果盛大にコケてしまったので、大分ダメージは大きかったと思います。
引き直し、とっかえ、連動…と重要なキャンペーンが3つも絡んでいますしね…。

何がしかの固有特技を覚える反面、推挙して売ることができない限定珍の配布によって
(眠り猫が追加されたとはいえ)育成枠が圧迫されがちになってきたため、
限定珍の売れる版といって良い誉カードを実装し、今後の限定カードは主に誉が
その役割を担うことになります。

同時にねこ巫女カードも追加。当たり外れが大きく、不要カードに使い道がないという
問題がありますが、実装そのものには好意的な感想が多く寄せられました。
現状、特技の伝授と強化にしか使えないので、もう少し使い道が増えれば
ありがたみも増しそうですね。

連動キャンペーンは新規・初心者の方をお迎えし、ニャがを活性化させるのに
一役かったといえます。チュートリアル終了などで配布される宝カードは、以前
配られたものの復刻で、戦力が増すにつれてそのまま使うのは難しくなりますが
特技の伝授や器量上げにも使えるため、初心者の方の役には立ったのでは
ないでしょうか。城攻めでかなり落ち込んでいたムードが多少ですが持ち直した
ところもあります。

甲斐姫は稀お市で荒れてしまったので、意識的に特技の強さをデチューンしての
実装となりましたが、結果として元々使い勝手の悪い火足軽だったのも災いし
かなり地味なまま活躍しきれずに埋没していった感があります。


<9/28> 全国3000勝達成、全国対戦Lvが10になる
<9/30> 総合Lv60で天下無双の頭領になる!

更新前に確認したら、PCの片隅に記録が残っていたので備忘録代わりにここに書いておきます。
私はかなり変な総合Lvの上げ方をしていたようで、賊狩り→全国対戦→くじLv、の順で
最後に上げたはずです^^;
課金くじどころかNPくじもほとんど引かなかったんですね。極端だな~。
全国対戦はツールを使い修正前は勲功を稼いでいた人がいたそうで、今でも「番付」の
「対戦戦績」でソートをかけるとその名残が見えるのですが、そういうのとは無縁に
この時期は毎日ただ延々とマウスをクリックし続けて、毎日○勝とか自分で目標を設定して
ほかの作業をしながら、カチカチカチカチ全国対戦をし続けていました
これだけ切り取ると凄く嫌なゲームだなあ^^;
総合Lvはしょせん自己満足に過ぎないのですが、だからこそムキになって、目標を作ることで
やる気を維持していたのかもしれませんね。
結局、その毎日のカチカチ無間地獄が功を奏してようやく3000勝を達成し、最後に500枚くらい
NPくじを引き続ける(これもカチカチ時間がかかって疲れました)という作業
を持って
Lv上げを終了し、上限の60になれた次第です。

もう二度とやりたくないです><

あ、NPくじは500枚くらい引いても安い稀5枚、3-4枚に1枚が珍、あとは並だったそうです。
極ですか?出るわけないでしょう、常識的に考えて…。

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _    またまたご冗談を。
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _~:、         /_.}'':,    
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


<11/1>極直江、稀景勝、稀千姫、誉細川など追加

特技発動率修正。第六や鬼島津などのバフ特技の発動がよくなりましたが、慈母だけは
逆に抑えられ、稀お市のピークが終わりました。

稀お市は6月に配布されたので、だいぶ長いこと発動率はそのままでしたね。
ただ、これは慈母にかぎったことではなく、調整の甘さで強さがいきすぎた特技があっても
数ヶ月は放置または対抗手段をじわじわと増やしていく形での調整が取られるのが
むしろ一般的です。(今の術/デバフ対策もそう)
引退者も出る騒ぎとなって短期で修正された直江状は、むしろ特殊な例です。

稀お市は二度配布されたとはいえくじで出ず、鬼若子や刀狩り・甲州などの移植は
大量のNPが必要、と比べ、直江状はそのまま稀直江を使っても強すぎるくらいに
強かったという裏返しかもしれません。

後、私事ながらこの辺りで色々なことがあり、10ヶ月放置していた当ブログを
再開しています^^;


<11/29>鶴姫ニャン(極)など追加。ねこ戦記開始、大金星実装、水軍追加
そして
独眼竜修正!
<12/14>ねこ戦記スタート!

城攻めの次回開催が未期限で中断され、代替イベントとして急遽実装が入ったのが
ねこ戦記でした。100信などで類似するイベントがあったのでそのノウハウを活かした
流用、悪くいえばパクリで、城攻めの後でしたので冷ややかな視線も当てられましたが、
開始してみるとある程度初心者にも優しく、話が意外にしっかりと作られており
ねこ武将のファンシーさをいかしたユーモアも挟まれるという雰囲気とマッチした
イベントになり、賛否は出たものの翌月以降も定期開催されることになります。

仕様面ではなんといっても独眼竜でしょう。
根強い人気はあるものの、客観的にみて「使えない極」でロマン枠を脱することが
できていなかった政宗が、一躍主力格に躍り出ました。
確か、メンテ前は5-6万くらいだった政宗が、メンテ後に10万くらいになって、
今では新品20万NPクラスですから、いかにインフレが進み、それだけ使われる
ようになったかわかるというものです。
独眼竜が派手すぎて比べると地味さは否めませんが、他に石火矢、与一の弓、
虎狩りが修正され、実用性が増しています。
特に与一の弓は騎馬隊への移植が開拓され、優秀な固有として一部で人気を
博しています。


<12/28>ミケだ勝頼(極)、キャッツが虎綱(稀)など追加
風武将修正、毛づくろい実装


風武将が全属性のトリを飾る重要なテコ入れをされます。
移動力というアドバンテージは大きかったものの、使いづらい猫が多かった
風属性の猫も、この修正によってデバフ及び状態異常のケアという
重要な仕事を任せられるようになります。
メンテ時点では毛づくろいはかなりの高級素材で手を出せない方も多かったですが、
その後メンテの度に素材武将が少しずつ増えていき、前よりはだいぶん
移植しやすくなっていますね。まだ高いですが。
------------------------------------
2013年
 ̄ ̄ ̄


そして現在へ…。


<1/30>塚原ぼくニャン(極)、ミャーもと武蔵(稀)、小見ニャン(誉)、
阿南ニャン(誉)など追加。お米券販売開始、特別割引仕様変更
<2/18>引き直し「今のなし」キャンペーン開始
<2/22>とっかえキャンペーン開始


仕様については地味な変更にとどまっていますね。
お米券は買いだめができたり、今月の城攻めの時のように報酬として渡すこともでき
変更されて困るものでもないので、ささやかな微調整です。
割引くじで引き直し待ちする方がけっこういたのか、期限がつけられてしまいました。
私はメンテ直後に引くことが多いのですが、でも引き控える気持ちはとてもよくわかります。
案の定有効期限の後に、2周年記念で1回だけ引きなおせるようにちょっとせこくなった
引き直しが入りましたね^^;


<2/5>1年ぶりに合戦で1位になる。でもやっぱり負け戦
はい、そのまんまです><
まだまだですね。


<2/28>石田みつニャり(極)、シャムづ豊久(誉)など追加
表敬コマンド変更、ねこ場所ルール変更


RMTの利用が表面化し、運営も対策をし始めます。表敬訪問でのNP獲得がしづらく
なったのは、その影響です。
イベントが増えて、台子でも稼ぎやすくなった分、表敬訪問でNPを手に入れづらくなっても
総合的な得られるNP量は、むしろ以前より増えていると思います。
しかし、どうしても「既得利権」がなくなると反発が起きます。
この件に関して対応がまずいとは思いませんが、反発そのものは、やむをえない
ことなのでしょう。

ねこ場所で、番付と成績に応じて誉カードを得られる枚数に調整が加えられ、
同時にねこ場所での誉武将は特技のLv制がメインになりました。商売としては
うまいやり方ですね。PCは対応に追われなかなか大変ですが。
また、昇格ボーナスと降格ペナルティが実装されましたが…。
これ、つまるところただの罰ゲームですよね?^^;
誉武将目当てにずっと大関にいたので私は関わり合うことはありませんでしたが、
相当評判が悪かったのか、直近4月末のメンテで早々になくなっています。


<3/29>まえニャ利家(極)、常高ニャン(稀)、さニャだ大助(誉)、
とよとミー秀頼(誉)など追加。城攻めついに再実装告知、大名奥義修正強化、
合戦帰還時間短縮


かなりの長期に渡り放置されていた大名奥義の実用性格差ですが、このメンテによって
だいぶそれぞれの使いやすさが近づいたように思います。連歌百韻あたりはよく見ますね。
常高ニャンが術吸収という強力な特技をひっさげて実装、今後の浸透が注目されます。

これ以前は合戦での帰還時間は5分でしたが、修正され1分に短縮されています。
かなりのサクサク感が生まれ、米がすぐなくなるものの、待ち時間のストレスが減りました。
好修正ですね。

城攻めの再実装は、ツィッターなどでの発言からいつかは来るとわかっていたことでしたので
驚きはなかったですが、不安が先に立ちました。
再開後の感想や展望については、つい最近の記事で触れている通りです。


<4/26>出雲のおくニィ(極)、さニャだ幸村(稀)、ガラシャム(誉)
場所報酬変更、誉カード強化成功率修正、ログインボーナス変更


つい3日前のメンテですね。ようやく追いつきました^^;
ねこ場所の報酬が強化されました。これは素直にありがたいです。
誉カードは高く特技をLv5にするのがとても大変なので、成功率が大幅アップして
より多くの方が、Lv5になった誉固有特技を使えるようになったようです。
ログインボーナスは、29日連続ログインしても1日空くと福クーポンがもらえなかった
のが、放置して再開したらもらえるようになった、ということだと思います、多分。

武将については追加直後かつ、まだ未実装のものも多いのですが、
wikiを見てツィッターで確認したところ、真田幸村は特別場所の報酬のため、
誉ではなく、稀のねこ武将でした。
たぶん地域のイベントと絡めたり、重要なイベントや人気武将の時だけ
誉でなく稀武将になるのだと思うのですが、稀=元は限定珍の誉より強い、という
ことでも(お市を除き)ないので、どれくらいの性能のカードになるのか、
5月はねこ場所が一度しかありませんし実装を注目して待ちたいと思います。
------------------------------------
というところで、やっと2013年の4/29現在に追いつくことができました。
たぶんかなり抜けがあって、後であーあれ入れればよかったとか思うのでしょうが、
今回はけっこう大変だったのでお許しください^^;
我ながら毎日書体をコロコロ変えたり、まとめ方が迷走してるのがよくわかります。

さて昔を偲んだところで、ニャがもまだたぶんもうちっとだけ続くんでしょうし、
また明日からがんばるぞー。

あ、イベント月5回になったのはいつからだっけ…ああああ^^;
スポンサーサイト
2013.04.29 / Top↑
緊急
ドン!!


いきなり増えすぎです!!^^;

珠4000ってなんなの^^;
突然珠が全部カンストしてバグかと思いましたよ…。
2013.04.28 / Top↑
ブログコメありがとうございます。

>nukoooさん

似てないですよね~^^;

デバフ時の石田は、すかさずバフがかかりますね。出すぎなくらいに出ます。
○○があった、という一つの出来事を書いても、その時にもうニャがを始めて
いた人は懐かしんだり、まだの人はそんなことがあったのかと感じたり、
受け取り方がそれぞれあるのが、面白いですよね。
いいことも悪いこともありますが、やめずに続けているのは、煮詰まってきてはいても
ニャがというゲームに魅力があるからなんでしょうね。
だからこそまあブログで日々好き勝手なことをつらつら書き並べているわけですが^^;

>博士58さん
父と息子、母と娘で似ていて本当に良かったですよね^^;これがもし逆だったら…。
いや考えてはいけない>< 息子は母似でも迫力がない程度で別に構わないですが、
娘は(自粛)



いや、でも、帰蝶もマムシの娘らしく、蛇がイラストにあるのも手伝って迫力というか、
不思議な凄みもありますね。
以前は美濃マムシが移植された帰蝶をよく見ましたが、最近は極マムシの値下がりで
挑戦しやすくなったからか、マムシの睨みを移植したハイパー睨み帰蝶も増えてきました。
確かに、あのツリ目でギロっとされると、びびりそうです。
夫婦喧嘩は嫁が勝ちそうですね
------------------------------------------
今回は2012年の、主に前期の流れを紹介します。
普段なるべく冷静に、読んでいただく方が不快にならないよう心がけていますが、今回は途中、
かなりきつい意見も書いています。
当時の不信感が強すぎました。気分を害された方がおられましたら、申し訳ありません。

※昨日書き忘れたどうでもいいこと:たぶん2011年の秋頃に十両に昇格し初めて福クーポンを取り、
 わくわくして引くと、そこにはミャーゴ姫の笑顔がありました。
 
 そして私は福くじにも期待するのをやめました^^;
 吉くじに至っては全手動並1コス製造マシーンですね~…。
------------------------------------------
2012年
 ̄ ̄ ̄


※年明け前に攻略本が発売されてます。誤植が多いそうですが。
 今はデータ量が増えすぎて、改訂版は出してほしいですが難しいか?

<1/6>  追加武将:極氏康、極半蔵など
合戦で初心者(合戦Lv3以下)専用陣が実装される。

具体的に言うと東西のそれぞれの戦場の、一番下の陣に若葉マークがついて合戦Lv4以上は
そこに出陣できなくなりました。かなりやっつけ感の強い修正でした。
3つある陣から、天候と地形を選んで出撃するのが当たり前だったのに、1つが全く
選べなくなってしまったのは、勝敗や槍など多方向に悪影響を及ぼしました。
もちろん不評だったので、確か2回で中止されました。
しかし、この初心者専用の戦場を一つの叩き台として、現在に繋がる名乗りシステムが
産まれることになったので、まんざら全くの無駄というわけでも、なかったようです。

このメンテ以降は、メンテの度に課金くじが1度割引価格で引けるようになりました。
地味に良修正。

おそらく年明け頃に極お市購入。


<冬>
初めて合戦戦果1位&全国名声1位になる。


合戦の謙信+お市、全国のマムシ+お市が、とても頼りになりました。
この後喝破の追加によって謙信のピークが終わりを迎えるため、ギリギリのタイミングで
強い時期に使いきれたのが間に合った、というところでしょうか。
後から見ると、調整の時期に対する運にも恵まれたと思います。
策武将修正前は、基本的にはバフをかけて殴り合う戦闘が主でシンプルでしたね。
たぶん、このころまでは1コスの地や水に海道一の弓取りを移植するのが流行して
いたはずです。そして、2月に、この後ずっと非常に強い影響を残す修正が入ります。

また、本筋とは別ですが、私は謙信購入後は低コスアタッカーを活用しての5匹編成を
ずっと使っていくことになりました。
信玄は騎馬縛りでしたが、謙信には兵種縛りがないので支援位置で火地バフをかけ、
お市が全体回復と策バフ・信義の壁役でサポートという形でしたね。
謙信(3)、極お市(3)、山田(1.5)、高橋(1.5)、小六or河野(1)などの奇襲陣形です。
今みると何の変哲もない策武将抜きのバフデッキですが、当時はこれでも充分強かったです。
喝破実装の前後で、戦闘のバランスは大きく姿を変え別物になったといってもいいでしょう。

武蔵の
こんな感じのデッキで、武蔵の挑戦も課題達成しています。


<2/2>  追加武将:極元就、元親など
空武将に強烈なテコ入れが入る。元親、極元就、
そして喝破の実装。
バフの凋落と、ここから非常に長く続くデバフの全盛期のはじまり。


修正前までの策属性は、地味でもっとも使えない属性として不遇の位置にありました。
この月の修正と喝破、元就の追加によって、反動がものすごいことになっていきます。
策武将にあらずんば強猫にあらず…。とまでは、いいすぎでしょうが。それに近いくらいの
状態にまで、なっていきます。
もっとも元就に関しては、稀が鳴かず飛ばずだったので、バフキラーとして謙信や信玄潰しに
猛威を奮い、時代を作れたことは良いことだったと思います。

じいちゃんじいさん

稀元就 3コス
148/161/147/76/195

極元就 2.5コス
121/172/148/52/192 ※水切り
56/172/148/107/192 ※火切り


まあみての通りで、いくら練られていない初期の稀カードとはいえ、稀毛利はしょっぱすぎたので
救済要望も多く出ていました。軽量化してもほとんど能力が変わらず、固有はかなり
差があるんですから、極が優遇されたというよりは、稀が冷遇されすぎていましたね。
火の伸びない3コス↑は、極お市などのヒーラーか突出した何か別の強さがないと、きついです。


<2/22> 1周年。 
同時にAndroid版スタート。スマホの正式対応前までは、リモート操作などの涙ぐましい
努力をしなければスマホプレイはできず、しかも不完全だったそうです。
今でこそ出先で携帯、自宅などでPCのハイブリットプレイは当たり前になっていますが、
便利になりましたね…。


<2/29> 追加武将:ミャーもと武蔵、珍半兵衛など
1周年後のメンテを機に、武蔵が4コス火武将としてついに実装!


ようやく4コスが全属性揃っています。武蔵ははじめこそやや微妙な評価をされましたが、
4コス割くだけのポテンシャルを持つ合戦向きの猫として、実装後ずっと活躍しています。
レア違いの同武将もかなり増えてきて、ここで武蔵と同時に珍半兵が追加されました。
ちょうど策の修正してすぐという追い風があって、両兵衛を2コス半兵衛に移植するのが
流行りだします。なにしろ同一人物ですし、まだ半兵衛が病気をせずに元気な時代のカード
ですから、実用性が高いうえにイメージもぴったりで良いですよね。


<3/30> 追加武将:極道三、稀帰蝶、稀松永など
ねこ場所で上位報酬に限定珍の配布が実装!(初回は珍誾千代)


ここまでのねこ場所は割と全国対戦に近く、番付を上げても自己満足要素が強かった
面がありましたが、ようやく実益が伴うことになります。その後誉カードや、配布枚数が
増えていくのですが、もう少し先の話です。限定珍の配布開始によって、運営は米課金での
収益を、PCは当たり外れがかなり大きいものの固有移植によるデッキ強化を図れることになり
奇しくも利害が一致して、ねこ場所がここから本格的に課金コンテンツとしての伸びを見せる
ことになります。

眠り猫追加。育成枠が足りない要望はずっと出ていたので、実質的な持ち猫拡張が実現。

極マムシ、稀帰蝶、稀松永と優秀なねこ武将が3匹も一挙に追加される当たりメンテ!
でしたが、しかし…。
------------------------------------------
<4/27> 追加武将:極義元、限定珍市松など

火武将、地武将にも特性が追加されました。が策の修正に比べると影響は微々たるもので、
強さも遠く及ばず。それよりも深刻だったのが
直江状の修正と超強化です。
この修正/調整ミスは2012年でもワースト3に入るんじゃないでしょうか…。
(策武将の超強化は功罪相半ばだと思っています、修正前のバフ黄金期は策属性が
明らかに一番弱く使いづらかったので。今でいうと地属性かな…)
この後しばらくの閉塞感は、ニャがを始めてから今までで一番深刻だった時期でした。
運営のくだらないミスによる稀お市の特別場所連続開催と併せ、
かなりがっくりと来ました。
たぶん直江状騒動、稀お市の不手際、初回城攻め大爆発、が私の2012年ワースト3です。
(稀お市も城攻めも、特別感を強く前に出しておきながら、毎回のように重ねて起きる運営の
つまらないミスが非常に気持ちを萎えさせます。)
飽きたり、力を抜く時期はあっても、正直やめようかと思ったのはこの時期くらいです。
城攻めですら適当に流せばいいだけなので、かなり批判しましたがやめようとまでは
思わなかったんですが。


<5月> 追加武将:極淀、稀利休、稀お市など(6月の場所報酬)
<6月> 稀お市がiPhone版開始記念特別場所の報酬として配布

しかも記念場所が運営のいつものしょっぱいミスで2回行われる
という
酷い結果に…。
(昇格する人数を拡大したらそれが実装されていなかったり、稀お市をもらえるはずの順位で
もらえなかったり、完全な調整不足、人為的で避けられたミス)

特別場所の初日は、戦友さんと順位争いしたりして米を4回もおかわりして燃えたんですが…。
稀お市そのものの性能よりも、この時期の運営の姿勢にかなり不信感を抱き、しばらくの間は
私の中でニャがの暗黒期でした。

あんまり思い出したくない時期です。
稀お市は、特別場所を二度行ったことで大量配布してしまい、バラまかれたことで
移植を含めて広がりすぎ、バフ性能もあってお持ちでない方から非難の嵐になりましたが、
少なくても連続開催がなければ、あれほどの不満にはならなかったと、今でも確信しています。
新しいことをやるならば、それ相応の事前準備をしてからに
してください。



<6/4> 直江状、大批判を受けて合戦中に再修正 

弱くて使えない技能→強すぎてバランスを著しく壊す技能→普通に有用な技能にようやく
直江状が落ち着きます。
バランス取りは難しいのでしょうが、はじめからこの性能ならば問題は起きなかったのに
という気持ちは、どうしても起きます。

初期のほうからいるとはいえ、稀直江はかなりステが低く、今ではもう2コス相当の弱ステなので
最初の挑発+策アップだけでは、かなりつらかったでしょうしね。
もっともまだバランスが練られる前の稀武将は、ただレアなだけのものも大勢いましたから
固有を持っていたことで、能力不足でもいまだに移植なしでも使われるのも目にする
稀直江は、実は幸せな部類の猫なのですが。
上杉に愛着を持ち、修正前の稀直江へ直江状を消して別の固有を移植されていた方もおられたので、
特技の修正はいつもPCを振り回すことになり、慎重さが必要なのかもしれません。
------------------------------------------
<6/29> 追加武将:極本多、稀佐竹、珍吉法師、
限定珍細川など
楽市変換レート減少、兵糧増加調整、名乗りシステム実装
合戦でも限定珍が配布されるようになる。
初回は冬姫ニャン(一心)


このメンテで携帯からも割引くじが可能になって、特と改が2枚ずつ割引で
引けるようになりました。
楽市の米変換レートがいきなり40%から5%になり、かなりきつくなりました。

それでも勝率がよければギリギリ持ちますが。
同時に合戦でも限定武将が配布されるようになっています。段階を踏んで、集金体制を強化するのと
同時に、アメとムチのアメの部分として限定武将を合戦でも配布するようになっていますね。

2コスの底入れも少し前からじょじょに進みつつありましたが、この稀佐竹の実装あたりで
アタッカーも充実の兆しを見せ、選択肢が広がっていきます。
吉法師は「せニャと同じだろ」という声もありましたが、風で上回り、相性が使いやすい0なのが
けっこう利いて、乗り換えたりせニャと二丁援護にする方も出て、広まっていきます。
結果、せニャが値下がりして、買いやすくなっていきます。

普段

損して得取れというやつで、普段課金くじを引かない私のような層でも、割引時だけは
たまには夢を買うのとお布施を兼ねたつもりで引く方も多いのではないかと思います。


<7/31> 追加武将:北政所(極ネネ)、稀立花、
限定珍阿保良ニャンなど


兵糧消費量の減少、名乗りボーナスの戦果増加と
撤退時間増加


まんかかフィーバーが起きました。
およそ9ヶ月が実装から過ぎて、その間に引きなおしやとっかえもあったのにも関わらず、
いまだにカンスト出品で即売れなのは、唯一この猫だけです。
あらためて見ると本当に凄いと思います。2コスの全体回復だからなあ。

ここで、出陣したときの米消費や、撤退時の必要時間が調整が行われ、ほぼ現在の形と
なっています。

全体的にみて良調整といえ、6月末のメンテと合わせて、底は脱したのかもしれません。

また当たり前ですが北政所はまだ数が少なかったために、ステが良く自分で高い活法をつける
必要がないメリットがある阿保良ニャンが地味ながら良武将として2コスヒーラーで代替気味に
出番が増えていきます。私もお世話になりました。


守護守護4

          .∧__,∧
          ( ^ω^ )
     自力で活命覚えるんですか!
    もう活法移植強化いらないんですか!
    
        n. ∧__,∧n
        ゝ( ^ω^ )ノ
       やった──!


         .∧_,,_∧
         ( ゙'ω゙` )
   守護全然つかないじゃないですか!
 
         n.∧_,,_∧n
         ヽ( ;ω; )ソ
          〉    |
         √r─‐ァ.)
         ー''   一
        やだ───!

ええ、当時リアルにこんな感じでした(´;ω;`)


<8/3> 追加武将:極柴田、稀まつなど

くじ内容の調整(→智勇の値段アップ?)、ご指名対戦と戦闘公開
機能追加、名将探索実装。五輪奥義の一括補充と
全解除機能追加


このメンテも良調整だったと思います。
ニャがの新要素は荒削りなまま追加されるのが普通なため批判され、叩かれて角を削っていくのが
常ですが、

「ご指名対戦」
「戦闘公開」
「名将探索」


は、運営には失礼ながら柄にもなく最初からまとまっていて、新しいものを作りだすというよりは
既存のシステムを流用してうまく新しい方向性を開拓するのに成功した例といえます。
これは初回城攻めで失敗した後の、戦記にもいえます
ね。
五輪奥義のセットが一々面倒だったので、一括補充と全解除も地味~に使いやすいです。
痒いところに手の届くようにした調整だったといえます。

稀まつは、汎用性ではさすがに北政所に届かないにしろ、回復力の高い2.5コスヒーラーとして
へチカンやガラシャムから乗り換える人が多く出て、この猫も長く活躍できています。
火も伸びますが、北政所と同じく風伸ばしの火切りの方が、安定感は増すようです。
陣中に代わる、優秀な固有持ちのヒーラーも増えて、上記の元々いたヒーラーの値段が
落ちたことで、完成品が安くなりまだ戦力が発展途上の方も買いやすくなるという
良いサイクルができていますね。

便利
便利ですね。ガラケーでも楽です。




もう1回だけ続きます。予想以上に長かった><
2013.04.28 / Top↑
幸隆は篭絡じゃなく風バフ吸収と足軽ダメ増加だったみたいです。すみません><
やはり自分で確かめないとダメですね。
でもどっちにしろきっと使わないのは変わりないですが^^;
-------------------------------------
好みを抜きにして、気になる画像ネタ。

顔が嫌過ぎる。
お爺ちゃん。

似てね~
お父さん。

親子
息子と孫(とNINJA)。


息子と孫以外まるで似てない^^;

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・∀・∩<そうか!帰蝶みたいに母似なんだ!
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)


山

お母さんともあんまり似てない^^;

       \     /
       _ `゙`・;`' _バチュ--ン
          `゙`・;`
        /  `´  \
         ∧∧
         ('A`)
         ノヽノヽ
           くく

いや、まあ似てない親子なんてたくさんいますから別にいいんですけど^^;
猫種が違うのでけっこうわかりやすく違うので、ちょっとネタにしてみました。
-------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>博士58さん
誉ガラシャムの固有は、小荷駄+αで湯漬け以下の単体効果なんだろうな~と
思います。発動率が気になりますね。
幸隆の特技もそうですが、ある特技を元にしてその亜流や変形特技がたくさん
あるので、いまさら治療+αだと流石に厳しそうですしね。
-------------------------------------
さて、今回は穴だらけかつ記憶頼りかつ適当でとてもいい加減なニャが年表です。
ほとんど自分用のチラシの裏ですが。サービス開始から2年以上経ったので
wikiも参考にして、なんとなくまとめてみました。
-------------------------------------
2011年初めの頃 テスト開始

2/22        
プレオープン

3/11
正式サービススタート、しばらくしてから当時別ゲーメインだった私も猫+信長という題材に
興味を持って情報を集め始めました。(まだ乗り換える前のため登録はしばらく先ですが)
奇しくも震災の日ですね…。184063番目の登録。

6/27
メンテでせニャ/へチカン/極おミーチが実装。ただしこの時点ではまだ1コス回復が主流
2コス以上の水猫に発動率ボーナスがついたそうです。1.5コスのテコ入れ開始。

6/28
私がニャがを始めた日です。これ以前のことは正直よくわかってません^^;

おそらく7月    
初めて合戦に参加して盛大にボコボコにされ2戦で諦めた思い出の初陣><

7/21
回復量計算式変更/必中再修正で必中バブル弾ける

必中は5/27のメンテで修正強化されて、いきすぎての再修正のようなので
短い春だったようですね。確か当時この辺までは仙石さんの必中内職がうまかったような
記憶があったりなかったり…。謙信が越後を潰して必中つけて両翼のアタッカーを
努めていたりした時代の模様。よくわかりませんが。
この時期までは徳の修練Lvだかなんだかで回復量が左右されていたらしく、1コス
(それも水に限らず)が陣中5で回復するのが当たり前だったようですが、この変更で
今に繋がる、ヒーラーは2コス以上の流れができています。
最近のデバフ・術対策などにもいえますが、重要な変更点は、数ヶ月かけて変更や修正を
重ねていく傾向が、ニャがにはあります。
まだ2コスのテコ入れは始まっていないため能力差で2.5が主流に。
ガラシャムやへチカンが一躍注目されはじめます。

7/26        
ねこ場所が初めて開催される。三段目スタートでした。
なんと初回は兵糧100%消費という大暴挙だったので光速で米が消え、10日に1度行われていた
合戦が減らされることも伴い当然ですが大ブーイングが起きました。
(1戦で米820も減らされたんですよ…。問題にならない方がおかしい)
こういうとりあえずやってみたはいいものの軽率だったり未完成だったり調整不足のことも
多いですね。城攻めも同じパターンでしたが、負の反響がでかすぎて半年封印されました。

その後だんだんと修正を繰り返し、課金コンテンツながら少しずつ初心者にも楽しめる
まともなイベントになっていきます。
当時の私は米は減るけどNPは稼ぎやすいのでまあいいやという感じでした。
まだ月額360円で、米の増加量が25%増えるサービスがあったので、それを使っていましたね。
今は戦記の得点報酬に名残が残るのみです。
(その代わり確か五輪→米のレートが絞られたのと同時に、出撃時の米消費も820から620に
1時間あたりの米増加量も250から310に増えています)

8/12
夏休み合戦という、織田と武田の、戦場が1つしかない合戦が行われました。この時に、
織田について相変わらずしょぼしょぼでしたが、確か初めて大名奥義を2つ拾えたので覚えています。

9/1         
越後の龍が強化され、謙信とバフの黄金時代がはじまる。
甲斐の虎はこれ以前からやっぱりかなり強かったようです。なお次のメンテで小豆も強化

10/10
合戦で初めて10連勝する。が、テレビで楽天の試合を見て、山崎武司選手が
楽天を去る前にKスタでスピーチを行っている最中で、ボロボロ泣きながらそちらを見ていたら
いつの間にか10連勝しているという印象深くも締まらない初の10連でした^^;

10月
保護した回想をみると10/10、11日時点で山で義元、平原で相模消しの氏康が大将ですが
23日の保護された合戦回想では、信玄大将の4匹編成になっているのでこの時点で初の極である
信玄を購入し実戦投入したと思われます。甲斐の虎がかなり優秀で、この辺りから合戦で
NPを稼ぐのが軌道に乗り始める。たぶん七本槍も取れるようになってきた時期。

12/5
回復量調整。1コスの回復猫が完全にサブヒーラーに追いやられる。
美濃マムシ強化。策武将のテコ入れ前から、稀マムシに関しては発動率は
上がっていたのですね。

12/15
ケータイ版の対応スタート。
同時に友人招待特典で限定珍がもらえるようになる。(初回は珍前田)
確か最初はスマホが対応したりしなかったり、連携とか諸々でかなり揉めました。
元々PC専用のゲームを後付で携帯でも遊べるようにしたので、この辺は今振り返ると
やむを得なかったです。でも当時は確か年末に合戦がかなり長期間なくて
不満が出ていましたね。




2012年版に続きます。思いつきでふと作ってみたものの絶対抜けが多いなこれ^^;
2013.04.27 / Top↑
GW前ということで、ねこ場所に先駆けて、メンテナンスと5月のスケジュール発表が
ありました。

5月 2日(木)14:00 合戦 開始
5月 8日(水)23:00 ねこ場所「真田記念場所」 開始
5月12日(日)14:00 合戦 開始
5月18日(土)12:00 ねこ戦記「明智伝」 開始
5月25日(土)11:15 城攻め 開始

5月は、ねこ場所が1度で、合戦が2、他がすべて1度ずつです。
ねこ場所と城攻めでは、現状はねこ場所のほうが明らかに
収益はあがると思うのですが、続けて開催して改善していくのは
良いことだと思います。しかし、城攻めはどうやって儲けるんだろう^^;

仕事もGWに忙しさがピークを迎え当分忙しいままになるため
なかなか体力的にきついですが、どうにか報酬武将はできるだけ取りに
いけるようにしたいです。
-----------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>とんちぼ2号さん
城攻めのようなまだ若いコンテンツでは、私もですがプレイヤー側もまだどうすれば
楽しいのか、楽しくなるのか、ということを掴みきれていない部分があると思います。
模索しながら何回かこなすうちにこなれて、成熟して攻略法やコツのようなものが
出てきて、セオリーがわかってきて面白くなることもありますし、何回かやるうちに
運営も調整を重ねてよくなっていくことが今までよくありましたから、
5月も開催される城攻めに期待してまた参加してみようと思います。

>博士58さん
水1コスの伏兵は確かに多いですね。1コスでよく使われる属性に水も入っても
よかったです、ご指摘ありがとうございます。
あらためてみると、策武将は全コスト域で唯一、顔を出していますね。
万能性が思いがけずはっきりとわかります。いいのか悪いのか…。

城攻めで、勝つには守りのほうが易しいですね。米をかなり食うのが難点ですが。
攻めだと、夜3連続で参加しても、訪問と合わせればどうにか米が持ちますが、
守りは、珠→米変換を使っても、1回で米が半分になりました。時間があわせ
られるのならば、日中と夜でばらけて参加して攻め2守り1くらいが、ちょうど米を
使いきれるのかな?

>あしたさん
極おミーちには、私もとてもお世話になりました。北政所の登場で勇退気味ですが、
確かに時代を作った猫の1匹ですね。3コスはやはり重さを感じるでしょうし、
1.5コス域の優秀な猫の使い方が鍵になってくると思います。全体回復+策アップは
優秀で、明鏡でなく信義でも自身に476、味方に350~400くらいの回復は入るので、
合戦やおそらく城攻めで有効です。コスト配分は難しくなりますが、バフが復権
してきたのも追い風です。まだ値段分は有効な猫だと思いますので、ぜひ使ってみて
ください。創意工夫するのが楽しさなのはまったく同感です^^

>猫大根さん
ひとまずお疲れ様でした。合戦戦果や番付でどんどん力をつけられていた所を拝見
していたのでとても残念ですが、またいつか戻られた時に、私もニャがやブログを
引退していないようにどうにかがんばります><
復帰をお待ちしております。

>ホウレイメイさん
はじめまして。ご新規の方向けの記事は時々書くのですが、要点が絞りきれていない
かもしれませんね^^;このゲームは、比較的自分の現状の力に合った楽しみ方の
できるゲームで、そこが良いところでもあります。
はじめはNPCに勝てるように、強くなってくるとPCに少しずつ勝てるようになります。
まずは戦力を整えることが大事かと思います。

訪問でのNP稼ぎはしづらくなりましたが、イベントが増えたので、なるべく積極的に
参加して、少しずつNPを増やしてアタッカーとヒーラー2匹くらい買うと、だいぶ
変わります。
対人戦は最初はなかなか勝てないと思いますが、そのためイベントを敬遠して
賊狩りだけしていると飽きると思いますので、合戦で大名奥義を手に入れたり、
城攻めでクーポンを貯めてみたり、自分なりの目標を作ってひとつひとつ
コツコツこなしていれば、無課金でもじっくり腰をすえていけば少しずつ実力は
ついていくかと思います。
わりと個人主義のゲームなので、なんとなく、漫然と遊んでいると淡々と乾燥気味に
なっていつの間にかログインしなくなってしまうこともありえると思いますので^^;
何かしら、「あの猫がほしい」などの、段階をつけた目標設定があると、
長く遊べるのではないでしょうか。
今とは相場も違いますが、確か私がはじめたてのころは毎日毎日来る日も来る日もただ延々と
賊狩りをしながら津田に焙烙玉と、お光に活法を覚えさせて売る繰り返しだったような
記憶があります^^;
イベントも少なかったし、連続ログイン報酬もなく地味だったなあの頃は><
-----------------------------------------
5月の追加カードは(も?)雌の美猫中心ですね。
有名武将はネタ切れなのもあるでしょうし、基本的に女性の方が可愛いことが
多いから絵になる猫にしやすいのもあるのでしょう。
ついに複数対象の篭絡特技が出たりもしているようですが、かo(略)

……えー、私はこの2枚に注目したいです。 ( ー`дー´)キリッ


出雲のおくニィ(極)
「舞姫」得意属性の弱体化に対して味方全体の能力を
複数上げる。
(↑取引所で見ただけなのでうろ覚えですすみません><)


かんすと
推挙されていたもののキャプ。

三成と勝頼を合わせて割ったような、デバフカウンター特技ですね。
三成と違って支援位置ですが、これ系の特技はトリガーが引かれた状況での発動率が
高くないと意味がないので、支援位置でなくても出るのを期待します。
バフ種類と効果がまだわかりませんが、風足軽なので雨の戦場でも使いやすく
かつ移動3あるので、火が伸びれば合戦でも活躍できそうですが、
勝頼は同じ風猫で火バフがなかったので、果たしてどうなのでしょうね。
元々不遇だった策武将の超強化に始まった術とデバフの優遇が過ぎて今の状況になって
いるわけですが、それなら最初の段階で発動率あげすぎたり、鬼若子の移植制限が
なかったりしなければ良かったのになと思ったりします。
おかげでその後にテコ入れされた地武将の挑発がいまいち使いづらいままだったり、
風武将の毛づくろいの発動率が(喝破の発動が高すぎたのを一因として)
微妙に抑えられたりしているんじゃないのかなあ><
もっとも、たとえ泥縄で対処がかなり遅かったとしても、ずっとそのままで何もしないよりは
対抗手段を作っていくほうがずっと良いのも確かですね。

あと、おともの仔猫をみて、なにかを思い出しそうになって、しばらくずーーーっと
画像を見ていました。

思い出しました。というか連想しました。

あぁ、なんだ。まんが日本昔ばなしか。
-----------------------------------------
ガラシャム(誉)
福音:兵力が回復する。味方の攻撃力がどんどん上がる。
(おそらく回復技能か)


美猫!
ニャが界のビジュアルクイーン。

なんか極武将でもないのにキラキラしてるんですが。
この方だけ4/1にアトリエシリーズからファンタジーゲー要素を借りてきたんでしょうか^^;

1.5コスの水で、壁向きのステです。
しっぺ返し移植に向きそうですが、固有を活かそうとすると、守護技能か策士は
入りませんね。でも徳も高いので相性は悪くなさそうです。
1.5コスにメインヒーラーを期待するのはさすがに酷で荷が重過ぎますが、
たとえば武蔵のおともとしてサブヒーラー兼壁兼デバフ解除を含めた火バフとして
つかえば、ハマったら案外面白いんじゃないかなぁと思います。

しかし、この方はいつもイラストが気合が入って美麗なのは大変結構なのですが、
そのうち極に昇格しそうですね。
そして、この猫さんはもうあれですね。
美猫っていうか、美少女ですね^^;

玉ちゃんの時から猫っぽさがないとはいわれていましたが、今回はもうそれに
輪をかけてほとんど人間ですよね^^;


ともあれ、高そうな阿国はともかく、戦記完走報酬のガラシャムは、ぜひ取りにいきたいですね。
戦記は時間かかるから大丈夫かなあ…。う~~ん。
2013.04.26 / Top↑
ブログコメありがとうございます。

>猫大根さん
策1.5コスで火もそこそこ伸びる足軽武将が欲しいな~とかよく思うんですが、
たぶんバランスでは右近以上のものは出ないでしょうね。
雨で弱体化するとはいえ右近は便利に使えるんですが、顔が嫌です><

もうほんと毎回同じこといっててすみません…しかし差し替えできるなら利休と2匹差し替えたいです^^;
-------------------------------------------
城攻めが再開されました。
いきなり結論から言うと、半年前よりはだいぶよくなっています。
100点満点中5点だったものが100点満点中50点くらい
にまではなっています。
シニカルな主観評価ですが、そんな感じです。

今回、攻め側メインで、今日の18時過ぎからの開催で初めて守りでも参加しました。
半年前の恐ろしい守り優位と、攻めのマゾゲー加減はかなり薄れていますね。

でも、まだまだ完成途上だと思います。
気がついたことを箇条書きで挙げていきます。

守り城

攻めと守りで開始時の書状が違います。
こういう芸の細かさは好きです。
-------------------------------------------

○マップが狭くなり、開催時間が1時間から40分に短くなった。攻めと守りが同時
 スタートになった。このくらいの広さと長さでちょうどいいです。

○指定マス目移動が便利。珠が溢れた時に数歩先移動にして変換など
 1つずつチマチマ進んでいくのはかなりだるかったので助かります。

罠の米消費が大きくなった。(300消費)前回と違い、むやみやたらに罠を張りまくり
 楽してズルして戦果を稼ぐのはしづらくなっています。前回の消費が少なすぎで
 今くらいが適正です。また罠はさきほどの参加で足軽しか使いませんでしたが、
 帰還時間が3分に長くなっています。前は確か米が100、帰還が1分でしたか。
 前回どう考えても楽をしすぎだろ守備側。

○開催時間がだいぶ選びやすくなっています。私は朝型なのでこの時間でほぼ困りませんが、
 夜型の方からは深夜帯の開催要望も出ています。一応、一歩前進ということで○に。
 あまり開催時間を拡げると鯖負担が大きいかもしれませんが…。
 今回鯖落ちはなかったようでよかったです。
-------------------------------------------

×攻め手は門を破った後は、本陣の横で待機し続けた方が氏康をまじめに倒しにいくよりも
 はるかに稼ぎやすいです。
 はっきりいえば仕様的欠陥です。
 本陣前でずっと動かない方がいたので何かなと思っていたのですが、自分で本陣横に
 待機するのを試してみたところ、時間切れまで米消費なしで20数連勝くらいしていました。
 引き分けでも守り手側が勝ちになるとはいえ、これはちょっと…。
 動かなければ、罠も踏まずに済みますし。たぶん次は対応してくるとは思いますが。

×NPC戦で与えたダメージに比例して戦果がもらえますが、だいぶ削れたのを倒した時にも
 ちゃんと倒した分のボーナス的な戦果がほしいです。
 ハイエナ防止なのかもしれませんが、自分で数回かけて門番を倒したのに
 最後が一番もらえる戦果が少ないとしょんぼりします。
 
×今回私はPCオンリーの参加でしたが、スマホはちゃんと対応していないままなんですね。
 恐らくガラケーもそうなんでしょうね。プラットフォームの限界かもしれませんが、
 携帯メインで参加なされている方もいますし、今後対応していってほしいです。

×守り手の課題達成がほとんど無理です。
 これは前回よりはかなり減りましたが前はものすごく多かった「ほんとに考えて設定したの?」
 な部分です。攻め手へのボーナスとしても、守り手のNP100しかもらえないのがほぼ確定なのは酷い。
 
無理
無理ゲー^^;
-------------------------------------------

△直前登録になりましたが、それでも放置が多すぎますね。
 放置にペナルティをつけたり、ねこ場所のように前回参加の戦果によって割り振りするのも
 手かもしれませんが。どんな手段を使っても対人戦がメインの城攻めというコンテンツでは
 この問題は完全には解決はできないかもしれません。
 ただ、時間の短縮とマップの縮小は、運営側も前回の反省を踏まえて、口に出さないまでも
 ある程度実働は10対10ではなく実際にはもっと少数同士の対決になるのを理解して
 調整しているフシがあります。そのためのマップ縮小と時間短縮なのでしょう。

△張り付かなくてはいけないことに対する苦情が散見されます。
 一理ありますし、コンテンツの特性上しかたのないことでもあります。
 これも時間短縮が前回よりはプラスに働いているとは思います。
 前回のダラダラした感じよりはサクサク進むようになっているので、私個人は
 それほどストレスを感じなかったです。

△合戦の名乗りや、ねこ場所の番付に相当する、いわゆる初心者保護がないので
 参加者の強さが完全にてんでばらばらですね。
 よくもあり、悪くもありかと。
 たぶん初めて間もない方は守りで罠中心の方がいいのかも…。
 あ、でも、攻めだと吉クーポンをもらいやすいのか。それで登録放置も増えるのかなあ…。
 獲得戦果に応じてのボーナスはあった方がよさそうです。

△戦記と同じく、巫女がもらえます。 これそのものはありがたいです。むしろ合戦や
 ねこ場所にも報酬として使ってほしいくらいです。
 でも、いらない特技の巫女さんが多すぎです><
 なんとなく思ったのは「おもちゃのカンヅメ」の銀のエンゼルとか、昔学校でよく集めていた
 ベルマークみたいに、不要な巫女さんを何枚かカンパして、5枚か10枚くらいで
 1枚の好きなものに交換できるとか…。
 毛づくろいとか高いものもあるので、そういうのは50枚で1枚くらいの交換レートでもいいんですが、
 正直爪とぎ巫女さんとかマタタビ巫女さんが
 たくさんあっても使い道がなくて困ります><

 
△これは地形的な特色ですから不満ではないのですが、山岳でさらに分断地形が多かったような
 気がします。騎馬メインの方は移動が苦しくて特に攻め手では苦労したかもしれませんね。
 あまり普段使わない大名奥義も、対人メインということもありガンガン使っていけたので
 溜まる一方だった一領具足などが意外にかなり役立ったりしました。
 ボスの氏康はデバフに反応したカウンターバフを使ってくるのですが、「三成みたいだなぁ」
 と思って自分では河越げんニャンに対抗すべく三成をデッキに入れてみたものの、
 いまいち普通に戦うより削りが届かなくてがっかりしたりしました>< 

 雨山岳ですから、おそらくボスには極武蔵がベストで、極半蔵や極島津なども有効だったかと
 思います。島津は売ってしまったからなあ…。タイミング悪く残念でした。
 これは自己判断で自己責任ですから、仕方ありませんね。
 おともの援護射撃には何度も泣かされました。
-------------------------------------------

個人的な感想を総括すると今回の城攻めでもっとも大きな進歩は
「次に期待する」ことができるようになったことです。
正直前回は「こんなもんまだやる気なの?」としか思えませんでしたので。
それが「次回はここがこうなればいいな」と前向きに考えられるようになったのは、
前回よりは、という前置きがつくにしろ、半年前よりは相当よくなっているということなのでしょう。
本心から次回に期待します。

ニャポ900
守り手での勝利報告。巫女さんがハズレなのはまあ、いつものことなので、もう慣れました。
守備だと、たぶん戦果比例で900ニャポを上限に勝利報酬が出るようです。
攻めだと1500でした。

ニャポ100
この100ニャポがなんか捨扶持みたいで非常にもの悲しいので
何とかしてください><
-------------------------------------------
失敗
攻め手側の報酬その1。

失敗2
攻め手側の報酬その2。
報酬に関しては明らかに攻め手側は優遇されていますね。
ただ単に勝つだけならば、守りのほうが楽(だと思う)ので、100ニャポをなんとかしてくれれば、
そんなに戦後報酬面での不満はないです。

攻めの参加だと、能動的に自分から動けますし、NPC戦では米が通常消費するもののPC戦は
消費なしなのでどんどん突っ込むことができます。
守りだと、PC戦で通常の1/3、罠で300減るので、割と早いスピードで米が減ります。
しかし、攻め手が寄せてくると本陣から敵までの距離が近くなるので、
ある程度攻め手を選んだPCに勝てるのであれば、短時間で連戦することも可能です。
たまたま守りを選んだ時に、攻めの方が実働人数がかなり多かったのもあって、
忙しく大変だったものの、守り側も面白かったです。
このコンテンツは本当は、チャットを使って連携してなんぼだと思いますし、
運営もそれを期待して楽しんでほしいのだと思いますし、チャットが盛り上がると実際面白いです。
でも海外の方も多いせいかどうなのか、残念ながらまだあまりチャットは使われないのですよね。
戦友さんと一緒になった時はより楽しいのですが。

戦友同士で偶然一緒になった時に盛り上がるのはとてもいいことで楽しめるのですが、
残念ながら毎回戦友同士で固まって参戦できるようになると、恐らく全体のバランスが崩れすぎて
まともなコンテンツとして成立しなくなると思うので、振り分けは戦力バランスによって
決まることはあっても、毎回落ち合って10人で意識的に固まれるようには、しない方がいいはずです。
こればっかりはPCの問題であってニャが運営に責任はないので、一期一会の精神で
できれば色々しゃべりながら遊べればいいなと思います。
2013.04.24 / Top↑
7時頃、朝起きて洗顔とトイレに行こうとドアを開けたら、雪が降っていました。
しかも田舎で地面が土なので、庭と裏の水を引く前の田んぼに少し積もってました。
思わず「雪かよ!?」と叫んでしまいました。ひええ><(雪だけに)

10時現在、大粒の雪がまだ降ってます><
------------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>とんちぼ2号さん
政宗は独眼竜が決まると一撃で勝てることもあるのと、その結果として
格上に勝ちやすく金星がもらいやすいのが利点なのだと思います。
(いまだに金星出たことないのですが出る条件どうなっているんでしょうか)
元就は、大雑把に言うとデバフが流行る→バフが減る→数が減る の流れで
バフが盛り返しつつある最近だと、また有効になっているのかもしれませんね。

それから政宗に関していうと、ピーキーな分特技が強いのはわかるのですが、
どうも晴れの日の戦闘が大雑把になりがちで、たとえば三成のように
晴れの日に他の鉄砲武将を中心とした猫を使いづらくなり、編成や戦闘の幅が
狭くなっている感覚もあります。ダメージキャップが高すぎるのですね。
移植独眼竜は両翼で平気で1T決着を量産してしまうので、戦術とか以前の問題で
大味で先に出たもの勝ちの戦闘になるのは、ちょっとつまらなくもあります。
鉄砲でありながら雨のほうが使えるという逆転現象が起きていますね。
なので私は、可能な時はもっぱら雨にばかり出陣するようになっています。
それはそれで武蔵がずらっとお待ちかねなのですが^^;

武蔵も欲しいのですが、よく戦う猫は、どうも買って自分で使うより、どう戦って
倒すかという対象になっていく傾向があるようです。そのうち欲しいですが、
いつになることか。

>猫大根さん
結論からいうとしぶとさと奥義ダメがだいぶ違うのと、火がまあまあある鉄砲と
火切りの足軽なので、伝令・喝破・守護(信義)と持たせる特技はほぼ共通して
いますが、0.5コス分を上乗せした分の違いは、目立ちませんが確かにあります。
言葉で説明するのは少し難しいのですが、今回はこれをテーマにしてみたいと思います。

たとえNPC戦であっても、今までみたことがなかった編成を見られるのは楽しい
ものなので、NPCのデッキに幅がもっと増えてくれると、嬉しいですね。
強さに関しても、今の強いNPCと普通のNPCにかなり差があるので、いっそのこと
あの固有持ちNPCは合戦の10戦目専用にして、7-9くらいで新規追加した、弱いNPCと強い
NPCの中間くらいのNPCが追加されたら面白そうです。

>DXさん

むたさんおはようございます^^
------------------------------------------
私の里には策1に於通ニャン、1.5に右近がいます。
それぞれのステは

於通 14/79/76/86/92    ※火切り足軽 喝破5・伝令5・守護4
右近 122/102/96/67/139  ※水切り鉄砲  喝破5・伝令5・信義仁


です。期待するのは支援ですが、右近のほうが0.5コス高いだけのことはあって
総合的に上です。あくまで於通と比べればですが、しぶとく、多少は攻めにも使え、
奥義ダメが出ます。実戦で意外に活きるのは、鎧通しのダメージの差ですね。
火が100以上差がありますから、これはもうはっきりと違います。
それでも1コスしか入れる余裕がない時はもちろん於通が出ますし、両者の合戦の出番は
6対4か、その時によく使う編成によってはイーブンか4対6くらいになることもあります。
軽いから於通だけ使う、ステがいいから右近だけ使う、のではなく、2匹用意することで
使い分けられるようにしています。
次にアタッカーを見てみます。1.5のニャかはし紹運と2のキャットう虎之助、
2.5の龍造寺たかのフーッです。全員水切り。
   
高橋  152/91/115/51/131  智勇・守護4・焙烙5
虎之助 180/126/132/43/100 智勇・守護4・虎狩り
龍造寺 192/158/172/47/102 智勇・信義・投石5


けっこうわかりやすく0.5コス上がるごとに強くなっていますね。実戦でも下に行くほど
単体の猫としては使いやすくなります。
高橋が使えないかというと逆で、1.5コスで守備も攻撃もできる猫として活躍してくれます。
しかしその活躍は、他の高コスのアタッカーが壁やメインとして動くのに支えられての
ことです。
アタッカーに4コスを割く場合、3+1もありますが、2.5+1.5か2+2のほうが多いです。
その際に、高橋+龍造寺の組み合わせにするか、虎之助ともう1匹近いステのアタッカーを
使うかは、どちらが正しいかというよりも、その時にどちらが活躍できるかで決めます。
地形や天候や戦場や対戦相手によって、2.5+1.5がいい時もあれば、2+2の方が
優れた結果を残す時もあります。

はじめのうちは一つのデッキを作り使うのでせいいっぱいですが、余裕ができてきたならば
戦闘に使うデッキパターンAとパターンBのように、組み合わせを複数用意することで、
陣形や奥義の変更と合わせて、意外に結果がいい方に転がることがあります。
1匹の能力や特技だけで考えるのではなく、デッキ全体の組み合わせによって
選ぶ猫は変えていくべきなのです。

その中で強い特技、強い猫というのは確かに存在しますから、4コス使う中で平原でバフ大将と
よく当たる時にバフキラーである稀立花を使っていきたいならば相方は1.5コスになりますし、
アタッカーに智勇だけでなく女丈夫を入れることで守護が入らなくなるならば、
代わりにヒーラーや支援猫に守護をさせることが必要になってくるでしょう。
全体が連動して動くことで全体の戦力を上げていくのが勝率を上げるために
大切なことだと思います。猫Aと組んだときにはいまいちだった猫Bが、猫Cと組むと
突然輝きだす、というのも珍しいことではありませんから。
何事もトータルバランスが重要なんでしょうね。

肥前

------------------------------------------
少し前に欲しい猫を買いたい時に、ニャポが足りないのでしょうがなく稀立花を売って
買いましたが、普通に主力だった猫を売ったので合戦で温泉回復時の代役メインだった龍造寺では、
稀立花と比べ役者不足の面は否めません。

手持ちを回転させまくっていろんな猫を使おうとすると、「猫を買うために売った猫」が、
実は使ってみたら買った猫と相性がたぶんよさそうだったりすることがしばしばあります^^;
そういう時は潔く諦めるか、まったく潔くなくたとえ泥縄だったとしてもまた無理矢理
ニャポを貯めて買いなおしたりもします^^;
帰蝶はそのパターンで何度も買っては売ってですが、合戦では山岳メインのため平原用の
稀立花の他にも欲しい・使ってみたい猫が多くあり、惜しいとは思いつつも今後買いなおすかは
微妙なところですね。

それなりにやりこんでいてもなお、組み合わせだったり取捨選択するのは失敗ばかりの
繰り返しと試行錯誤の連続ですから、余裕ができてくれば少し失敗しても諦めずに色々と
試していくほうがステップアップにはいいのかもしれません。私も試す時にしばしば迷いがあり、
それが正しいとも限らないのが、また困ったところでもあるのですが。
やり方人それぞれですね…。
ああまた今日もとりとめなくまとまらない更新になってしまった><
2013.04.21 / Top↑
月曜日から、いよいよ逆襲の風雲ドラえもん城がリスタートします。
注目します。期待半分不安半分…。
いや、3:7くらいかもしれません。

何事もなければ、たぶん月曜は夜19:15~あたりから参戦するかと思います。
---------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>博士58さん
受動的なデバフ反応型の特技なので、デッキ内に三成とは別にバフやデバフが
欲しい猫ではあります。通常時に特技が発動しないためこの猫も「普通のバフデッキ」に
対して相性がいまひとつよくありません。万能でないことで使いやすくはありませんが、
組み合わせを楽しめるので好ましくもあります。

>Hideさん
そうですね。刀狩りや睨みと対戦すると奉行との打ち合いになります。
固有特技が飛び交い合って派手な空中戦という印象です。
まあ見てて面白いですが回想が長いです^^;
三成は策風デバフに対するケアが欲しくなります。
その対策に帰蝶を買ってみましたが、二匹とも2.5コスでまんかかを入れると
7コスになり、残り3コスでどう組むかというのが今後の課題になります。
またかなりの入れ替えが起きますが、やりくりしていくしかありませんね。

回想判断ですが、石田の徳アップはたぶん回復量アップのみ?作用しているのかな。
露骨に鬼若子対策な気がします^^;
---------------------------------------
ブログの初期も初期の頃に、コストについてという記事があり、過去記事を見直すと
1年半も昔のものですから今とはかなり変化しているところもありました。
少しひねって、現在の流行というか、よく使われる属性をコスト別にあらためてまとめ
軽く解説していきたいと思います。昔の記事と比較してみるのも面白いかもしれません。
しかしもう1年半も経っていたんですねえ^^; 早いな~。


左側がコスト、右側がよく使われる属性です。


1コス/風・策
最軽量の1コスは、策がもっとも広く多く使われ、風もテコ入れ後は増えつつあります。
策についてはあらためて触れるまでもないのですが、風はテコ入れ後も
毛づくろいの発動は低コスだとややおとなしめのようです。(他属性よりは良い)
喝破のように、低コスでもかなり出るところまではいきませんがそれでも
ないよりは有効なので使っている人も増えてきましたね。
なお、このコスト域は他の属性もそれなりに使われています。やはり1コスなので、
軽さが空いた部分を補うのに適しているのでしょう。

この猫は
守護ついてるせいでかばってやられやすいです><
北政所で守護しないせいで壁が足りないから苦肉の策ですが…。
合戦でおつうニャンくんふっとばされたーっが毎回のように起きます。



1.5コス/火・地・風・策
サブアタッカーとしての火、軽量で優秀な壁兼挑発要員の地、風と策は1コスの
全体的な能力アップ版として使われます。水猫が真価を発揮するのは2コス以上に
なってからですので、他の属性と比べると数は少なめに見えます。
1.5コスの策武将にデバフ系の固有移植をした猫が取引所で推挙されているのを
みかけますが、経験上残念ながら発動率は2コス以上に比べるとはっきりと劣ります。
ただしうわばみのような、「ある条件がトリガーになって初めて発動するタイプの特技」は
1コスであろうとその条件が満たされていれば連発することもあるようですが。

餅
なんだかんだでしぶとく生き残り里に居座り続ける餅野郎でした。



2コス/火・水・策
このコスト域が1年半前と比べ最も強くテコ入れの影響を受け、出世したといえます。
2コスのアタッカーとしての火属性は、相当に充実しました。
総合的な能力では2.5に及ばないのも事実ですが、固有特技持ちで能力もぼちぼちと
バランスの良い猫がたくさん出たので、今は1.5と2.5に押されるだけの日陰なニッチ猫では
なくなっています。(ただしステのみで差をつけるのが難しくなってもいるようです。)
水猫はここからが本領発揮で、北政所を筆頭に優秀なヒーラーがごろごろしています。
ステでは大差なくなってもコスト別の発動率優遇で回復頻度は2.5が上のため、
たいていは攻撃力に期待できないヒーラーに2コスを割くか2.5コスを割くかは、
多くの頭領を悩ませています。
そして、策。ここでも、今更多くの言葉は必要ないでしょう。対抗策の増加により僅かずつ
日陰も見え始めてはいますが、依然として猛威を奮い続けています。

使える
キラッ☆


2.5コス/全属性に有用な猫が揃っています
2コスに有用な猫や、移植による有効な使い方が開拓されてからはそちらをメインに
使う方も増えたものの、主力となる猫がずらり揃った花形のコスト域なのは
今も変わりません。メインアタッカー・大将バフ・高発動のヒーラーなど、
「いなくては困る」「いなければいけない」役割を担う猫は、多くがこのコスト域に集まっています。
新規に始められた方は、昔から一貫して主力であるがゆえに完成品が割安で並ぶ
このコスト域の猫を買うことをまず最初の目標にするのもよいですね。
確実に戦力を上げてくれるでしょう。

娘さん
画像は昔の使いまわしですが、また買いなおしました。帰蝶はたぶんいちばん
買って売ってはまた買いなおしてを繰り返し続けている猫だと思います。今回は長く使えるといいな。



3コス/上に同じ
3コスを使うだけの価値がある猫しか使われませんから、当然ここも有用な猫が全属性に
揃っています。流行りでいうと、すっかり主力格に定着した政宗と、3種バフのかかる半蔵が
両翼でよく使われて金星を拾ってくるそうです。
私もしょっちゅうこの2匹のデッキに痛い目に遭わされて負けます><
半蔵デッキは特技の特性上4匹編成もしばしば見受けられますね。
それにしても政宗は高くなりましたね。確か修正前は5万くらいだったのが、修正後は
ほどなくして10万クラスになり、いまや移植需要もあってか高騰して20万近くまでなっています。
私が使っていた時もこんなに強かったら凄く嬉しかったのに><

似てない。
娘とは魔逆に、特技も買った時のまま1年以上ずっと使い続けています。
少しずつ出番が減ってきていますが、まだがんばりたいです。



4コス/火(というか武蔵)、策(独眼竜移植の大友)
まだ各属性に1匹ずつの5匹しかいません。属性ごとにもう1匹ずつは増やすのかなと武蔵が
追加されたあたりで思ったのですが、1年そのままですから、もう出さないのかな。
4コスは全部の能力が+100ずつ上がる関係上、他のコストよりさらにステータスで差が
つけづらくなっているので中々難しいのでしょうね。
武蔵が登場してから、一貫して合戦で主力として活躍し続けているほかに、極大友も
独眼竜移植によって化け猫化していますね。
武蔵は、がむしゃらや真田丸、新陰など相性の良い特技も多く、戦場で映える猫ですから、
重さに代表される弱点もありますがたくさんの方に広く長く愛用されているようです。

持ってないので。
4コスは里にいないので取引所のキャプで代用。武蔵はやっぱり強いです。


まとめていてふと思ったのが、合戦や賊狩りの時のNPCの種類も、もっと増やしてくれると
面白いのになということでした。
追加メンテによって猫は増えていますが、ステや特技によって使われる猫は一部ですし、
出てきたときから素材としてしか使われない猫や、それすらない猫もたくさんいます。
これから先、たぶん並や珍のステでも特技でも目立たない猫がPCの使用で出番を増やして
いくことは難しいのでしょうから、せめてNPCとしての出番は、増やしてあげても
いいんじゃないでしょうか。
NPCとはいえ毎度毎度ガラシャム隊や本多まさニャぶ隊と対戦するよりも楽しいですし、
回想を見る気にもなりそうなので。今月は未開催の戦記くらいしか、地味めの新猫は出番がなく
ちょっともったいないですね。
2013.04.20 / Top↑
更新作業中に強い地震があり、緊急地震速報が入りました。
地震は本当に怖いですね…。
---------------------------------------
今回参加した、東の山崎の合戦は3日で終わるのか4日になるのか
どっちにも転びそうな感じですね。しばらくの間、どうにか十傑に入っていましたが
今回は無理そうです。なんとか滑り込みで槍は取れたらいいなあ。
---------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>博士58さん
ねこ場所はいつもながらお金とニャポの交換所と化してますね~…。
利休は顔がどうしても好きになれません><

>とんちぼ2号さん
金森にわび茶を移植している方は数名お見かけしますが、主流ではないですね。
たぶん効果範囲の問題だと思います。あと、顔(また始まった)。
---------------------------------------
2ヶ月ぶり10回目のねこ武将紹介は、比較的最近に追加されたこの猫です。
まだそれほど出回っていないと思うので、たまにはこういうのもいいんでないでしょうか。
武将紹介も久方ぶりなので、気合を入れて増刊号気味にお届けします!


石田三成(極)<検地奉行(守備)>
火・地・水属性の弱体に対し、味方全体の能力を上げる。


合戦合戦2


稀で初登場し、その後限定珍・宝・みつにゃんなど多彩なレア違いで
出番の多い三成も、ついに極に昇格しました。
まずステをくりぬくと、同じ極の地2.5武将である極氏康とよく似ています。

極氏康:166/191/108/48/156
極三成:157/186/106/60/170


開始から2年が経ち、ステータスで差をつけることがかなり難しくなって
きているのでしょうね。差がつくのは特技の部分です。
さて、肝心の固有特技である検地奉行ですが、特技の効果そのものは高いです。
デバフ時の発動率も良いです。
しかし「味方が誰かデバフにかからないと発動しない」という前提条件が
足を引っ張ります。

この猫はデバフがないとただの2.5の壁でカカシのようなものです。

大将縛りではないですが大将向けのステのため、防御位置で大将起用して
可能であれば愛の一字や鬼島津を移植すると強そうではあります。
もしくは甲州流あたりでしょうか…。

合戦向きかねこ場所向きか判断に迷う部分があり、私も当初ねこ場所向けなのかなと
考えていたのですが、両方に1度ずつ参加して使ってみた感触では、
特技の移植がなければおそらくは合戦向けです。
策デバフに対して無反応、かつPC戦での火デバフが多く、干し殺しなどの
多用される奥義に反応できるためです。
なおデバフカウンターとして、発動条件が限定されるためかバフの効果は高く
徳アップでの回復量上昇は、一部の特技や奥義の効果に見られる、本来の限界値を
突破した数値が出ます。

明鏡止水のついた北政所のまんかかは、通常の回復量が492で、連歌百韻などの
徳アップ効果で545に上がります。これが検地奉行の効果だと、
回復量は669までハネ上がります。


6692.jpg
連歌百韻だと全員に545、検地奉行だと猫によりバラけますが北政所は669回復。

対戦結果を見る限り極マムシにかなり有効。
(ただし移動力と回避率低下はこの技能単体ではカバーできません)
鬼若子、甲州流、刀狩りなど代表的なデバフ技能に対応し、鬼若子の強みの
1つである「受けた後の策徳デバフによる回復量低下」に対しても、徳アップで
400程度までは回復量が賄えるようになります。(通常は150前後)
完全ではありませんがある程度対策になりますし、毛づくろいと組み合わせることに
よって効果増大が見込めます。


鬼
鬼若子のデバフで策が下がり、徳が奉行のバフで上がった状態で405。
他の猫にも300台は出ます。


総合的にいってそのままだと使いづらい部分も目立つのですが、
猫と特技のポテンシャルは高いです。鉄砲武将ではありますが
この猫はたぶん雨向き
です。
晴れは例によってデバフとか関係なしにどかーんで終わらせてしまう政宗君が
鎮座しておられますので、雨でじっくり戦うデッキ向きかなと思います。
---------------------------------------
使い勝手☆☆☆
お持ちの戦友さんにも話を伺ったことがありますが、その方のお話でも自分で使っても
使い辛さも目立つ猫です。ただし鬼若子・甲州・刀狩り・マムシの睨み・眼力など
デバフ技能とその移植はかなり増えていますし、干し殺しなどの奥義に対しても発動しますので、
地策ともに高くかなりのしぶとさがある2.5コスの壁が、保険としてデバフカウンターが
できるという点で極本多よりは使いやすいです。物理特技ではないために帰蝶大将の
デッキに対してもそれなりには有効です。
なお風が低いことはデメリットだけではなく意図的に設定されているフシがあり、
同じ鉄砲武将の北政所と行動順が近いため、速い武将からデバフを受けた直後に
三成が奉行でバフをかけ、北政所がまんかかで回復というコンボをよく見ます。

対極マムシ:◎(だいたい勝てます。)
対武蔵:△(武蔵そのものでなく、武蔵デッキによくいる刀狩り・甲州・鬼若子への反応)
対政宗:いまいち(デバフ頼りでないので。三成の風が低く独眼竜をかわせないのが痛い)
合戦向きデバフカウンター:◎◎◎ (これに関しては文句なく使えます!)

おすすめ度☆☆☆
まだ推挙数が少ないため60-70万程度の値段が取引所でついています。
本文で書いた移植候補の特技はハードルがかなり高く、普通に考えると信義仁や
ねこやなぎなどがつける特技になりそうです。(ねこやなぎと共存できるか試してませんが)
NPCよりもPC戦向けで、強い方はデバフを搭載することが多いので、回想を見ていると
思ったよりは意外に何かのきっかけでぽろっと検地奉行が出ます。
そしてバフの効果自体は高いので出れば確実に有利になります。使い勝手もおすすめ度も
単独では☆2.5くらいかなと思いますが、三成自身がかなり硬いので、大将起用もしやすく
他の猫との組み合わせ次第で強いデッキを作れる可能性は感じられますので、
四捨五入して使い勝手・おすすめ度とも☆3とします。
ステからみてコスト2.5は一見重くみえるし私もそう思っていましたが、合戦においては使ってみると
地味に発動機会が多いので妥当というか絶妙な配分のようです。
そのままの使用でもヒーラーが2コスであれば他にコストを回せるため
充分実用に耐えるでしょう。ねこ場所でややがっかりし、合戦で見直して株を上げました。


まだ育成してから大して使い込んでもいないのですが、率直な感想としては
ねこ場所では「思ったよりも使えないな」
合戦では「思ったよりも使えるな」というところです。

対デバフ専用のバフですから使いどころは難しいのですが、使いこなせれば有用な
技能であることは疑いありません。



相性宵

伝授制限なし、移植率は相性良・勲功255で約4.4%です。
ひょっとしたら、三成からの移植もそのうち出てくるかもしれませんね。
固有移植に挑戦される方においては、表裏比興や眼力などの、大将縛りでない
防御技能の移植もかなり有効そうです。自動特技の士気高揚や鉄盾もよさそう。
今後さまざまな可能性を感じられる猫ですね。
2013.04.17 / Top↑
(更新後ちょっと修正しました)
---------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>WEDNESDAYさん
稀マムシはねこ武将紹介でも書きましたように、帰蝶が苦手で縛りで使えない
時を除いた帰蝶には、苦労させられます。
反面マムシで策を下げると、低コスの奥義発動でも500前後のダメージを
通しやすく、車懸かりならば4桁も出しやすくなります。
これから少しずつ毛づくろいも増えてくると思いますが、マムシの発動率は
健在のままでしょうし、工夫して使いがいのある猫ですので、いろんな編成を
試してみてくださいね。

>猫大根さん
稀千姫に高砂というのは、なんというかしんみりといいですね。
1つのステを切りきれなかった場合、どこかで妥協する必要がありますが、
アタッカー以外ならば策を伸ばすのは後悔しづらい選択だと思います。
私は喜多などの1コスを、火切りすべきところで風切りや水切りして
後悔したことがあります^^; しかしたぶんそのうちまたやりそう…。
デッキにもよるのですけどね。

>博士58さん
伝授制限が風でしたね…^^; やはり1コス移植しかないのか…。
誉秀頼は、それでも思ったよりは高かったですね。
売ってニャポの足しにしようと思います。
欲しかった猫が貯金中にたぶん売れてしまったようで残念無念。

>博士58さん(その2)
更新直後にコメいただきありがとうございます。
やはり物理系が有利ですか。和平デッキはじゃんけんゲーに相性をつけるための
一石なんでしょうか。
帰蝶が多いとなかなか鎧通し系と物理特技は入れづらいのが辛いところですね。
性能的に帰蝶と人気を二分しそうではあります。顔も。
ねこ場所や合戦で使える、編成保存は、あったら便利そうですね。
携帯でもワンクリックで変更が利いたら楽だし、実装されないかなあ。
---------------------------------------
前回のねこ場所は、水軍を1匹以上入れる縛りで、勝率は3日のトータルで
6割程度で、なかなかしょっぱい場所でした。
正直米課金とフィーバータイムでごり押しした感じがすごくします。
それでもなんとか3日で7枚取れたので、稼ぎにはなってよかったですが。
ねこ場所の開催時間が変わってから、体に悪くなりましたね><
疲れが翌日に残ります。まあ自分の好きでやってることですから自業自得ですが。

ねこ場所で対戦相手の方の得点の動きを見ていて、短時間で点数が伸びていると
疾風船や数寄物は便利だな~ととても思います。
私もねこ場所専用に1匹ほしいです。
しかし、縛りで使えないこともあるし、その猫を入れたことで勝率が落ちたら
なんの意味もないので、悩みます。
あと、利休がもう1匹増えたら絵面が非常に気に食わない
のでさらに悩みます><
悩ましい、悩ましい。

顔が
顔が…ねえ…。

次のねこ場所は、全員兵種を揃える縛りですね。足軽か鉄砲でいきます。騎馬は少ないので。

→更新してから確認したら「全兵科揃える」なので足軽・騎馬・鉄砲を全部入れるという
 ことっぽいですね、多分。なんかこういうミスが最近多いなあ。中コスト域に騎馬を入れれば
 なんとかごまかしはききそうでしょうか。

しかしお題が兵種縛りでも、全兵種を使う条件でも、また帰蝶と政宗がぞろぞろ出てきそうだなぁ…。
2013.04.14 / Top↑
ようやく日曜日です。イベントの谷間なので色んなデッキを
試しながら全国対戦をしてみましたが、やはり和平の願いが強いですね。
恒例の悪名高いステルス調整が入りそうなくらいよく出ます。
修正前の稀お市と同等です。

常高ニャンの実装で今までの全国対戦でずっと主流だった奥義と術
中心のデッキは、これから苦労することになりそうです。
全国対戦やねこ場所でそこそこ対戦しましたが、今後のメインに
なることができる猫と特技でしょう。

稀マムシ・帰蝶・稀お市などがそうだったように、常高ニャンがもっと
全体に広まれば、物理攻撃の比率も少しずつ上がっていくと思われますが、
常高ニャンが50万~NPで高止まりしているうちは、まだ「持っている人
だけが強い」状態はしばらく続きそうです。
といって、全国対戦と、縛りで使えないこともあるねこ場所だけのために、
50万NPは出しづらいですね。まだ帰蝶が多いですがまた過渡期に入ったようです。

不如帰のような夢見を無視できる物理特技または、智勇+女丈夫のような
自動特技による物理攻撃の威力底上げが有効ですが、奥義の鉄砲騎馬を
使ってみた感じでは威力がいまひとつ伸び悩むようで、兵種縛りがあるため
使いやすさはやはり術攻撃の車懸かりに軍配が上がるようです。
独眼竜も一撃で決められるため有効なのでしょうが、夢見が先に出ると
ほぼ無力化するので相性次第で安定しないかも。

長期間発動率や調整がない場合には、常高+デバフ系移植や低コスへの
和平移植がどんどん増えていくことは容易に想像がつきますが、
流行りに乗るとしてもその流れを見て、流れができたのを見てから
乗っかっても遅くないかなぁとも思います。
稀の猫としてはちょっとあまりにも高すぎ。

全国対戦では和平入りデッキに対してかなり勝率が悪かったですが、
相手のデッキを見て自分のデッキを編成できるねこ場所については、
物理主体のデッキにすると案外あっさりと和平入りのデバフ術デッキには
勝てたりします。縛りにもよりますがねこ場所では特別苦手意識を
持つまでには至らないかもしれません。

ただし、フィーバー中に編成を入れ替える必要が出た時は奥義まで含めると
馬鹿にならない時間を費やしてしまうので、編成次第で勝ち目のある
和平デッキに対して時間を使って勝ちを目指すか、1戦捨ててでも
出撃を連打するかは難しいところです。
次の戦いではまた術中心のデッキと奥義に戻さないといけないので、
地味に二度手間がかかり、面倒なのですよね。

バフ系の特技は発動率が高くないと全国対戦では厳しいです。
和平や、修正前の慈母や、夢見鳥くらいまでが水準で、
「出たり出なかったり」程度では、デバフに勝てないです。

個人的には「この猫を持ってれば最強」とか、「あの特技を移植したら
どんなイベントでも通用」よりは、局面に応じて手持ちを使い分ける
ことが成績の向上につながるほうが好きです。
今のところの和平の適正は全国◎/ねこ場所○/合戦?? というところ
でしょうか。対戦しての感想ですが。

合戦だと術デッキ同士の潰しあいには強くても、刀狩りなどの固有移植が
ないとバフデッキに負けることもあるでしょう。
発動率調整でいくらでも変わるかもしれません。
和平は強いけど万能ではない特技だと思います。
まだまだ使われ方も発展していくと思うので、値段が今よりだいぶ下がったら、
買って自分で試してみるのもいいかなぁ。
2013.04.14 / Top↑
ア○ゾンでふらっと、はじめは特に目的もなく思いついたもので検索をかける
時があります。

数日前の週末に、学生時代によく聞いていたCDが、程度の良い中古で1円で
出品されていたのを見つけ2枚注文し、昨日と今日別個に届きました。
(送料込み341円×2枚)

リサイクルショップで、別のよく聞いていたCDを最近買ってよく聞いているのも
きっかけになったのでしょう。

なにぶん昔のお金のない頃ですから、当時はレンタルで済ませMDにダビングしたり
したものですが、生のCDだと車で聞くのにも丁度よいですね。
懐かしい気持ちになりました。
しかし昔よりはお金が使える今になってもたまたま安いのを見つけたのをきっかけに
ふらっと買うんですから、根元の性格は結局ちっとも変わってないんでしょうねえ。
-----------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>gryさん(→戦力と運用/ステップアップ!)
アタッカーとヒーラーに育った猫が入ると、デッキに芯ができますね。
少々のダメージは陣中1度で回復してくれるのがありがたいです。
低コスの支援猫は入れることで、他の猫に割くコストの余裕ができるのも
メリットなので、ステや物理攻撃の弱さを耐えて、使う価値があります。
喝破や伝令の効果がつかめれば、また一歩前進できるはずです。
ご健闘を!

>博士58さん(→長谷堂の合戦@また最上、終了。)
出ない奥義はなかなか出ませんね。侍魂や幸若舞などバフ系や
陥穽や風林火山などのダメ系は割りとよく出るのですが。
Lv4奥義はあんまり出ない感じがします。条件が厳しいですね。

>猫大根さん(→長谷堂の合戦@また最上、終了。)
大助は高値止まりしていますね。次の合戦の誉は大助のままなのかな?
千姫は、私なら風14で止めて、策20にします。(奥義と特技のダメ増減のため)
バランス振りも一応は選択肢だと思います。風振りは、策を上げる方が
この場合はメリットが大きいので、薦めません。
無難なのは策修練です。

>WEDNESDAYさん(→大晦日/ねこ武将紹介6)
はじめまして。
私自身はマムシに猫なでをつけたことはありませんが、猫なでやおあずけを
つけたマムシと対戦したことは、けっこうあります。
マムシは策デバフは割りとよくかかりますが、風までかかる確率は策士が
あっても半々くらいじゃないでしょうか。
そして風デバフまでかかった状態で、猫なでをその猫に使い成功して、さらに
伝令を受けない確率というのは、あんまり高くないんじゃないかなぁと思います。
(デバフがなくてもかかる時はもちろんかかりますが。)
猫なでを使う場合には他の猫に担当させて、稀マムシにはマムシ+奥義ダメを
担当させる方がうまくいくのではないかと考えます。(相性の良い猫が多いと良いです)

篭絡はハマると強いのですが、安定性に欠けるのですよね。
私は全体対象の策デバフ時の奥義ダメが美濃マムシの強みだと思います。
策が下がることで敵ヒーラーの回復量も下がっていますから、うまくいけば
回復が追いつく前にマムシ連発→奥義で勝負が決められます。
稀マムシ自身が美濃マムシをかけて、猫なでして、奥義も使うのは、
猫の手も借りたいような忙しさかもしれません。
すでに智勇があるのであれば、猫なでに代わり策士をつけて成功率を上げる
のをお勧めしますが、自分で猫なでを使っていないので、あくまで推測となります。
ご容赦ください。
-----------------------------------
誉秀頼ですが、固有の効果によって策武将以外でも喝破が出たり、
風武将以外でも毛づくろいが出るならば、枠を使う価値もあるのかもしれません。
そうでないならば、策1コスの伝令喝破や、風1コスの伝令毛づくろいの
効果アップが、使い道になるでしょう。
どっちなんだろ。
実は地でも喝破も伝令も毛づくろいも出るぞ~みたいになって
後で値上がったりするのかしら。
とりあえず売るにしろ使うにしろ、取れるチャンスがある時には
きっちり取っておきたいです。
-----------------------------------
稀信長の修練が終わったので全国や相撲にちょぼちょぼと使ってみましたが、
デバフが多いこの2つのコンテンツでは、不如帰よりも毛づくろいLv3の方が
よく出ますね。
デバフ解除して勝つのもぼちぼち見るので役に立ってないわけじゃないんですが、
期待した働きとは違うなあ^^;
-----------------------------------
回想を見る限り毛づくろいと薩摩隼人がだいぶ浸透してきたようです。
毛づくろいも、来月かその次くらいにはおそらく風属性以外で自力習得する
移植用の並か珍の猫も出てくるでしょう。
値段が手頃になるにしたがいさらに使う人は増えますが、その頃には高い値段で
移植にすでに成功している方がどんどん使っているわけなので、うまいこと
できてるなぁと思います。
-----------------------------------
それでは今夜はこの辺で。
まとまりのない更新で申し訳ありません。
2013.04.10 / Top↑
相性良

移植率は相性良・勲功9で約6%です。

買い物

そして買い物にいって帰ってきたら7万で売れていました。まる。
合戦配布は数が少ない上に特技が有用なため完全に売り手市場ですからまだ上がるでしょうね。
18:32時点での最安値は78000まで上がっています。
次の合戦の誉がリメイクなどで別のカードが用意されるのであれば、
400枚しかない貴重品ですから、ねこ場所報酬と比べても高くなるのは必然なのでしょう。

でもすぐ売る。
2013.04.07 / Top↑
(更新後にたぶんまるきり同じ題名が前にあったのに気づき少し変更しました)
----------------------------------
5日合戦だといつも奥義がカラになります><
今回は好きな山岳メインの戦場で、いろいろな構成をたくさん試すことができて、
楽しい合戦でした。土曜夜は完全にバテて力尽きましたが><
がむしゃらは、いい特技ですがNPがないので、高く売れるようならば、売ります。
惜しいと思うような猫や特技でないと売れてくれないので、しょうがない。

相撲報酬の秀頼はまたレベル制特技みたいで、合戦の報酬の誉と差別化を
図りたい狙いが見えますが、一枚1万くらいでは売れてくれるかなぁ…。
----------------------------------
今回もっともお気に入りだった組み合わせ。
うちの里に案の定今まで出番のなかったニャだ夫人の旦那がやってきました。

イメージがいい 山田がバランスはいいんだけどね。


そーりんさんと右近君が楽しげに吉利支丹トークを繰り広げる横で、ギリギリと
歯軋りして旦那を睨んでそうな奥さんとそれをなだめる相性最良のまんかかさま。
そして一人右上で無関係ににやにやしながら陰謀を巡らせる尼子さんの図。

という空想^^;

この夫婦に限ったことではありませんが、相性良程度では武家の賢妻は
なかなか出ませんね。
10戦しても消費1でした。バフ系の秘伝心眼はすぐなくなってましたが。
イメージ以上の意味はほとんどないのに、大友と右近、大友とニャだを
連携強化して仲をよくしてあげたくなります。
デッキとしてはニャだを山田と交代させて毛づくろいを使わせた方が
バランスはいいんでしょうが、自分であれこれと空想して楽しめるように
セッティングするのも遊び方の一つだと思うので、これはこれで
いいんでないでしょうか。このデッキでもそこそこ勝てましたし満足できました。
そのうち山田は山田で試したくもありますが。


それにしてもこの奥さんはなんだかいつも扇子噛んでそうだなぁ。
まあそこがいいんですが。

ニャだ夫人におしどり夫婦をつけたいですが、もし成功したとしても
ほとんど意味ないでしょうね^^;
2013.04.07 / Top↑
気がつけば合戦2万勝です。ヽ( =①ω①=)ノワーイ
なんかすごく適当すぎる記事名ですがお疲れ気味ということで大目に見てください^^;
とりあえず土曜中に更新。
-----------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>rriceさん(→固有物理特技特性 )
山岳で赤鬼の極本多を使うと、騎馬なので最速行動が多く
移動力が平原と同じになって擬似的に先駆けみたいな効果になりますね。
物理特技と比べて術系特技の優位性が強すぎるのですよね。
これもネタ候補の一つですが、必中で援護や守護無効の上に奥義と違って
複数対象の範囲攻撃が1戦で複数回発動しますから…。

>たまご侍αさん
>博士58さん(→コメ返し6/マッチングの謎)
三河魂を合戦で使ってみたら、両兵衛をくらって策は下がるけど混乱はしないから
策デバフを無視して突っ込んで山岳で天下無双を稀ボンベイにかます本多がいて
面白かったです^^;

陣の下の戦果ゲージの部分で優勢/不利でマッチングがしづらい/しやすくなって
名乗り人数の多寡でNPCやPCの出やすさが変化するんじゃないかなあと思います。
戦果は負けているけど名乗りは味方が多い陣は、3分マッチで安定して当たりますが
敵はNPCということがしばしば見受けられますね。

>gon6さん
>:博士58さん(→おまけ:「保有上限数」)
よく覚えてないんですが、確か一度作っている奥義を作成キャンセルしたはずです。
戦闘に積んだりもしたかも…。気がついたら三桁になっていました^^;
-----------------------------------
主に合戦でよく使われる、火デバフの固有特技3つを解説します。


刀狩り(極秀吉)
→一定期間、敵複数の攻撃力が下がる。かつ自身の行動速度が上がる。
◎発動率が高い。範囲が広い。大将縛りではない。
×必中ではない。素材が高い。風バフが邪魔になることがある。

範囲3。射程3か4かな?策2コス↑の移植という前提で、美濃マムシに
匹敵するほどの発動率を誇り位置に関わらず出ます。
刀狩りの風バフは幸若舞などでは上書きされず意外に不便な時もあります。
また必中ではありません。
しかし範囲が広く大将縛りではないのが優秀で移植する方も数多くおられます


直江状(稀直江)
→敵1体をおびき寄せ、攻撃力を下げる。かつ自身の策略が上がる。
◎発動率が高い。火デバフと同時に挑発も必中でかかる。策バフがかかる。
×当ててほしい敵に対して使うとは限らない。効果が1匹である。

射程5。火の高いアタッカーに対して使うことが多いです。
これも2コス↑の策猫はよく出します。確か修正前は挑発+策↑だけで
火デバフがなかったためにダメな固有の筆頭格だったはずです。
その後修正されて火デバフが追加されましたが、あまりにも異常に出まくる上に
毎ターン別の猫に必中挑発デバフをかけ続けるという稀お市並の調整ミスで
不満が集中し、比較的早期の、それも合戦中に再修正がかかり
今の「基本的には1匹に対して使い、たまに2匹以上にかけることもある」
形に落ち着きました。この調整ミスも酷かったですね…。阿鼻叫喚の嵐でした。

この特技の最大の弱点は「使ってほしい敵に使わない」ことがしばしばある
ことに尽きます。
わかりやすい例として、政宗デッキと対戦した時に、一番直江を使ってほしいのは
当然政宗です。
しかし他にアタッカーがいると、政宗そっちのけで別の猫に使うことが
しばしばあります。
結果釣れた猫は火デバフがかかっても政宗は放置なので、どかーんで終わります^^;

もちろん政宗に使うこともあるのですが、必中判定な分、対象に取る相手は
いささか猫の気まぐれに任されているようですね。


マムシの睨み(極道三)
→総大将のとき、敵全体の攻撃力と移動力を下げ、回避しにくくする。
◎全体効果。2種デバフ。海賊の棒火矢クラスの命中マイナス補正でも当たるようになる。
  移植なしでも実用に耐える。
×大将縛り。素材が高い。移植なしでは3コスがやや重く、策武将と比べ発動率に劣る。

効果でいうと3種の中でもっとも高いですし、判定1度で2種デバフがかかる
優秀な特技です。
やはり素材が高いため、まだそのまま極ドラを使う方が多いです。
極ドラは固有もステもいいんですが移動2のコスト3が絶妙なバランスでした。
策武将に移植が成功すると合戦で凶悪な性能を誇るようです。
対武蔵に有効。


効果        睨み>刀狩り>直江
そのまま使う率  睨み>直江>刀狩り
素材の安さ    直江>刀狩り>睨み


こんな感じでしょうか。
まとめきれているか心配ですが、ちょっと今夜はきついのでこの辺で失礼します。
2013.04.06 / Top↑
「を超える開発はできません」

保有

嘘だっ!!

初めて見ましたよこれ…。
2013.04.03 / Top↑
ブログコメありがとうございます。
ちょうど合戦中なので、マッチングを中心に少し書いていきます。
------------------------------------
>博士58さん

>なるほど!
>解説ありがとうございますm(_ _)m
>連歌百韻の効果が天下のお袋様と同じぐらいだったから
>花の御所の効果も夢見と同じなのかな?

かもしれません。特技の効果の奥義への流用は、手抜きというよりは
活用でしょうから、無理にオリジナルの効果を入れて他の特技に実装できた
効果を先に使ってしまうよりは、そのまま既存特技の効果を使い回して
いるのかも?
三河魂はオリジナルっぽいですが。
------------------------------------
>たまご侍αさん

>戦場で放置ばっかりくらってしまいます。
>おいしい戦場の見分け方、なにかありましたら教えていただけないでしょうか。
>よろしくお願いします。

まず、必ずしも放置されているわけではなく、人数と戦果のバランスによって
マッチングの頻度は調整されている
という前提があります。
具体的にいえば、味方が押している陣に参加すると、NPCと戦う比率が高くなります。
当てられるPCがいなくなってNPCが代わりに出てくる感じです。
このときは名乗っていても6分マッチだったり、悪いと9分間隔の時もありました。
ですがこれは対戦するはずのPCが放置しているのではなく、マッチングの間隔を
空けて戦果が一方的になりづらくする仕様なのです。

私自身が実際に放置されているなと感じることが多いのは、劣勢な大名家または
劣勢な陣に出撃した時に、いつもならばうまく連勝できた時には3分または
もっと短い間隔でマッチングするのに、対戦から対戦の間が9分とか12分とか
不自然に空いた時で、6分ならば6分と、同じような間隔でマッチングがずっと
続くのは、ほとんどの場合放置ではありません。
また、状況によって放置されていなくても、3分でマッチした次に6分、また次は3分と
いうことも、あります。

名乗っていれば、マッチングはしやすくなります。
「多少」程度に有利な陣なら、9-10戦できることも多いですが、その分
敵から見て不利な陣に出陣してきたPCと対戦する機会も、かなり増えます。
有利な陣で名乗らず出陣すると、たぶん12分間隔の3戦帰還のことも
あるはずです。
下は今行われている合戦、2日目で4月3日の18:19時点での画像です。
最上側は、1126人が参加し、上杉は1535人ですので、ぱっと見は総参加人数の少ない
最上はマッチングがよさそうに見えます。一番上の陣の数字に注目してください。

四月三日の18時19分

一番上の陣の参加人数は、最上側は、738人。上杉が、345人。
稼いだ戦果もポイントを合わせると表示され、キャプは取れませんが88302対23928です。
控えめにいってすごい差ですね。最上の名乗りも上陣に集中しています。

このように2日目以降、どこかの陣で得られる戦果と五輪珠に補正がかかった時には
その陣に味方が集中することで有利になり、結果マッチングが悪くなることが
頻発します。
現在上陣で名乗っても、放置がなくても6戦か7戦しかできません。
平たくいうとうまいようでまずい陣です。18時くらいに出陣した時は5戦終了でした。
しかし中と下は上杉が有利のため、出撃してもなかなか思うように連勝するのは
難しくもあります。

逆に上杉側からみると、2日目の中陣と下陣は、「どちらかを選んで出陣できる」状況です。
最上の人数が上に集中して中と下はばらけているためサクサクマッチングかは
わかりませんが、上杉側のように倍率のかかった陣が2つある時は、比較的
マッチングがよく、戦いやすいことが多いといえます。

合戦は東西2つの戦場があり、4つの大名家から1つ選んで参加するわけですが、
初日に参加する大名家を決めた場合、どこが戦いやすいのか事前に当てるのは
難しいです。私もよく外します^^;
初日の夜は不参加にして、次の日の朝以降、13時に初日が終わり14時から
2日目が始まるくらいまで待てば、どちらが有利か不利かは見えやすくはなっています。
前に書いた通り必ずしも人数が多いほうが有利とは限りませんが、有利なこともあり、
ややこしいですしわかりづらく、はっきりと「ここがおすすめ!」とは、いえないです。
申し訳ありません。
まぁ傾向として、人気の大名奥義の大名家は人が集まりやすく、不人気だとその逆
とはいえますが…。

22時25分時点

更新前の22時25分時点の名乗り人数です。
戦果、参加人数、名乗り人数にこれだけ差があると、名乗りなしでは
なかなかマッチングできなさそうですね。

後、そのうちまとめようと思っているうちに冬季更新が終わって放置していた
名乗りについてですが、緒戦やたら強い方と当たっても、その対戦に勝てた場合
次からは未修練部隊と当たることもけっこうあります。
このシステムも謎だらけで完全に掴んでいる方は多分おられないんじゃないかと
思いますが、できればそのうちまとめたい…。
2013.04.03 / Top↑
合戦が始まりましたね。
東が山だらけで西が平原だらけとこれまた極端な地形です。
私は平原より山の方が好きなので、東に参戦しました。
楽天がなんか今年はよく打つようで試合を見ていて楽しいです。
好きなチームの調子がいいと疲れが癒されます。
--------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>夢見はマムシの睨みを完全にはじくのでしょうか?

完全ではないです。8-9割くらいです(受ける側のステにもよる)。
稀マムシの方の美濃マムシの場合、「策ダウン」「風ダウン」の二度の判定があり
策は下がるけど風は下がらないことも多いです。
策が下がらず風だけ下がるということはないので、両方の効果を得るためには
策が成功→風の判定でも成功と二度レジストをかいくぐる必要があります。

極マムシのマムシの睨みだと、「火ダウン」「風ダウン」は同時というか、
どう判定されているか不明ですが片方のデバフが成功するともう片方も
必ず同時にかかります。成功判定が一度で二つの効果があるわけです。

両兵衛の采配などは、美濃マムシと同じで、策ダウン判定が成功した時だけ
次の混乱判定があります。
睨みの場合には判定一回で両方の効果を得られるため、花の御所で回避できる
確率そのものは高くても、体感としては使われた時に回避に失敗することは
増えるのかもしれませんね。

前にブログでネタにしたのですが、今現在帰蝶が手元にいない(くじで引いたのは
ホワイトデーに売りました^^;)ので直接夢見と御所を比べることはできないため、
参考程度ですが。
2013.04.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。