趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やきう更新の時間だああああああ。
※ニャがの話題は全くないです。



クラブ


ファンクラブカードが届きました。

去年の秋、レギュラーシーズン終盤にKスタに行った時に、CSチケの先行予約が
できるという売り文句に惹かれて、2014年度分に入会していたのが最近届いたんですね。
ついに選手達の姿から田中が消えて、嶋が真正面になりました。
最大のスターであった田中が抜けたことで、球団がプッシュしたい選手、人気の選手というのが、
嶋を中心としながら群雄割拠になっていくでしょう。

上から則本14、銀次33、美馬31、藤田6、AJ25、嶋37
たぶん岡島27、松井稼7。


田中18、マギー3、鉄平46…などが退団。

鉄平、山崎、小坂と田中、あたりを応援していたんですが、皆いなくなってしまいましたね。
渡辺や内村や高須や草野といった応援歌をよく歌っていた選手もすでに退団。
山崎が退団した2011年に楽天の最初の歴史が終わったなと(ボロボロ泣きながら)思ったものですが、
2013年のリーグ優勝→日本一→年明けて田中のメジャー挑戦によって、2つ目の歴史も
締めくくられたように思います。
このあたりはファンによってももちろん個人差があると思いますけどね。

2009年の2位での初CS進出と野村監督の退任/札幌ドームでの胴上げも、
当時KスタのPV観戦で呆然としていたのでそれはそれは思い出深いのですが。
私にとっては山崎退団の方がよりインパクトがでかかったようです。
今年からは第三部リスタートという感じです。
----------------------------------------
なるようにしかならないと静観していた田中の移籍問題、それにマギーの退団。
楽天球団としては20億はあまりに買い叩かれすぎだな~と残念ですが。
今年がどうみても移籍のベストタイミングでしたし、田中には感謝しかないので
メジャーでも胸を張って成績を残してもらいたい。
田中一人の力で優勝したわけでは当然ありませんが、中心選手だったのは
誰しも認めることなので。
ファンにとっては恩人ですね。

一方フロントはもらえたはずのお金で色々と皮算用していたんでしょうが水の泡に。
それでも、今年ポスティング代と同じくらいの20億という金額をかけて、
球場を拡張してくれるそうです。ありがたい。
仙台と宮城の規模では拡張しても毎試合満員とはいかないですが、準備はしておかなくては
いけません。
それに、去年は雨などで秋の優勝争いしていた時期にお客さんを、高いチケット料金の
時にうまく集められず、運もなかったです。今年はうまくいってほしいです。
(楽天は試合によってチケットの値段が変わり週末は高く平日は安いことが多いです)

2013年の田中の成績。
28登板、212回、24勝0敗1S、防御率1.27。

2013年のマギーの成績。
144試合、.292、28本、93打点。守備もうまい。

この2人の穴はとてつもなく大きく、埋めるのは容易ではないです。
というか田中に関しては無理です。

各自が負担を分担して少しでも穴を小さくするしかないのです。

野手にユーキリス、投手に松井(ルーキー)が加入しましたが、田中とマギーの
成績を2人で上回るのは非常にきつい(特に松井は絶対無理)なので、
あともう2、3人くらい先発投手が伸びてこないと、だめでしょうね。

打撃がよくて守備もうまい選手がサード5番に固定できた、というのはとてもありがた
かったのですが、ユーキリスは体の状態でサードを守れるかわからず、銀次がサードを
守ると、松井稼の衰えと併せて内野守備がかなり不安定になってしまうので、心配です。
ユーキリスがサードをきっちり守れればベストなんですが…。
銀次サードはあぶなっかしく、田中も内野守備にかなり助けられたので、綻びになりそうです。
----------------------------------------
統一球の煽りでの打撃成績低下と、田中が圧倒的すぎたこともあって、なんとなく楽天は
貧打で投手のチームのような印象もありますが、実際は2013年は打のチームでした。
田中と則本以外の成績が酷い。


田中が抜ける以上傾向は今年もおおむね引き継がれると思います。
要するに頼りない投手陣を野手が点をとってヨレヨレのリリーフでどうにかこうにか
勝つ形です。

あんまり勝てる気がしませんが^^;


ストッパー候補として元SBのファルケンボーグを獲得したので、去年それなりに相対的に
成績がよかったリリーフPは開幕にはいなかった人が多く、いくらかはましになるでしょう。
先発が問題で、今のところ幸い怪我人はいませんが、どんぐりの背比べから
せめて2人、できれば3人くらい出てきてローテに定着しないと今年も焼け野原になりそうです。
2年目の森、ルーキーの松井にそれなりには期待してますが荷が重い。
20代の大学・社会人のドラ1グループがもっとがんばらないといけませんねえ。

2013年のストッパー、ラズナーの成績
37試合、1勝2敗17S、防御率3.35(※怪我で秋以降CS日シリ含み出場できず→退団)

2014年のストッパー候補、ファルケンボーグの2013年成績
41試合、0勝4敗10S、防御率2.04(※あまり連投が利かず、サボりぐせあり)

シーズン後半以降は、ポストシーズン含めて、正規のストッパーなしの日替わりで
やりくりしていたので、ベンチワークの苦労も忍ばれます。
----------------------------------------
ヤフーで2013年の成績を眺めると、野手はまあいいとして、要の投手がほんとに
酷い有様で、よく優勝できたな…、と半ば呆れますが、2014年もぜひ、がんばってほしいですね。
できればAクラス、あわよくば優勝…、と密かに期待しますが、まあそんなに都合よくも
いかないでしょうから、今年はのんびりと応援したいと思います。
日本一になった翌年でも、楽天はBクラス予想が多く、それは田中の退団を考えれば
無理からぬことではあるのですが。

勝負事は強いチームが勝つのではなく、
勝ったチームが強い
 ので。
----------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>みやびさん

結局創造はまだ買ってませんが、帰蝶は姫枠でご出演しているんでしょうね。
濃姫は、おまけのはずの武将がこんなに強くていいのか?と思うような高性能ですね。
あまりに数が増えすぎたので、あえて使わない選択をされる頭領さんも、
増えているようですが。
ゲームそのものも、評価はともかく売り上げもよかったようで…。
ニャがもですが、本家から派生したいろいろなシリーズの展開もはかどりそうです。

あの酔いどれ一応確かに親戚なんですよねえ^^;
しかも結構近い親戚^^;
スポンサーサイト
2014.02.06 / Top↑
城攻めで勝った時は嬉しいものですが、報酬の極巫女が…。

雨ェ

いらねえええええええええええええええええ><
チェンジシステム早く!早く!!



後、今回の記事は普段なら【初心者用】カテゴリではないんですが、
あまり解説してない気がする術デッキについて触れているので便宜上こっちに分類しておきます。

記事名が長いのは気にしないでください^^;
------------------------------------------
はい。今回はすっかり定着したこの猫。
鬼美濃の移植前に伝令20連敗したニクいあんちくしょうです。
結局Lv4のままで一桁移殖都合36連敗あっはっはっは

濃姫

稀濃姫ニャン(稀) 120/151/94/52/161(水切り)
マムシの短刀(術攻撃)
敵複数を攻撃する。対象は術攻撃に対してどんどん弱くなる。

射程は6、範囲は2。術のため必中、策デバフも必中です。
基本ダメージは100-200程度と低いですが、同じ相手に当てた時、1回目と較べて2回目は
3割くらい威力が増します。
長射程で発動率がよく攻撃位置にこだわらずとも出るため、中衛か後衛でもいいです。
威力は低いので、これだけで勝つのではなく、術デッキの要になる特技です。

本家信長の野望のおまけシリアル武将として実装された稀濃姫ですが、
火バフ大将の強化で帰蝶が使いづらくなるタイミングとぴったり被されて、
主力が代替わりしたような感じになっています。
同一武将が使えない縛りがそんなに気にならず、短刀は発動率と効果が高い優秀な特技のため
採用するデッキが年末以降急激に増え、完全に定着しました。
射程内なら1Tにほぼ必ず出るみたいです。(挑発されてると出ないかも
どんどん系特技のためその後もどんどん出るのがミソ。

ダメは

城攻めで消耗したまま戦う時は、こういう結果になることもあります。
合戦でも近しい戦闘を見る機会は多いです。

策バフ/デバフは矢印が非常にせわしく動きますが、発動率でカバーしやすく
短刀→稀はちスコなど他の術攻撃、とコンボが簡単に成立するので、それまでは甲州流や鬼若子
などの移殖が必須に近かった術デッキの構築のハードルがぐっと下がっています。

稀濃姫を採用する場合には、最低でももう1枚別の術攻撃を使える猫がほしいです。
できれば2枚以上、計3枚はいるのが望ましいかもしれません。
術攻撃猫を3枚入れると純粋な術デッキになるので、2枚にして、プラスワンで物理攻撃
アタッカーを入れる、物理+術のハイブリット型のデッキもよく使われます。



長所は上に挙げた通りで、短所は、デバフカウンターを誘発しがちなことが一つ。
これには極ガラシャムの回復も含まれるためあまり相性はよくありません。
遠距離だと加賀百万石でもかなり軽減されます。重ねがけすればダメージがそれだけ
乗りやすくなるので、短刀を移殖して複数に使わせる術デッキもあります。
逆に百万石でダメが増えきらない間に、毛づくろいやガラシャムで解除するという考え方もあり、
移殖百万石を増やしている一つの理由でもあります。
物理も術も両対応ですし。
そして、百万石を相手にした時に、ハイブリッド型の物理アタッカーが活きるわけです。
100%勝てるデッキは存在しませんが、弱点というかデッキの穴を減らしていくことは
可能なために、流行している術デッキへの対策が日夜進められているようです。
あとはじわじわ効果を上げる特技ですから、バフデッキの速攻に押し切られることもあります。
バフデッキに対抗するために寡黙を入れると、本能寺にやられることが増え、
両方に対応でき、かつコストカットのために本能寺を移殖した術デッキが今はかなり強いですね。

ともあれ策のバフ、デバフというのは解除もされやすい代わり、かけるのもまた容易なので、
稀濃姫@短刀は幅広く使われています。
合戦などだと、消耗した敵に対して1T目の発動が活きて、瀕死の相手を1Tで倒す場面も
よく見られます。
発動率と効果がどちらも高い特技は優秀です。
比較的コスパも良いため人に薦めやすい猫の1匹といっていいでしょう。


例

デッキ例。本能寺に弱いという明確な弱点がありますが、1T目に寡黙で策上げて、
短刀で策下げて、あとはボンベイと竹中と濃姫の術攻撃と奥義で削るみたいな感じです。
実戦では適宜猫を入れ替えます。例えば緒戦や城攻めで光秀と当たったら、
景勝と北政所を下げて、別のヒーラーや壁役とチェンジしたり。
ここからステップアップするならば(実現性はともかくとして)
北政所をガラシャムにしたり、壁に檄文や百万石を移殖したり…ということに
なるんでしょうか^^;
ハードル高いなぁ><

術デッキはNPがかかりますが、

濃姫+
ヒーラー+
壁役+
2枚目の術(はちスコや遁術)+
3枚目の術or物理アタッカーorバフ係


などで組めば、その役割の中のランク付けはあるにしても、
「こんな風に戦うのが術デッキ」という感じは掴めると思います。
上は一例に過ぎないので、これから術デッキを組む方が術デッキを使う方と当たったら、
回想でどの猫がどんな役割を背負っているのか、確認/研究してみるのを薦めます。
------------------------------------------
評価。

使いやすさ:☆☆☆☆
おすすめ度:☆☆☆☆ ※術デッキを試してみたい方はさらに+


火切りか水切りか?という議論がありますが、適当人間としては
どちらでもいいという結論に達しました。
修練60(火水0)の時点と、修練80(火20水0)で使い勝手が
ほとんど全く変わりません。

どっちを伸ばすかは他の猫との兼ね合いによるでしょう。特技構成についても同じく
智勇か策士か?よりも、特技のデバフが必中である以上3枠目でデッキに欠けている
伝令が使えることの方が大事です。
他に迅速なども採用数が多いですね。

大切なのはその猫単体でなくデッキ全体でみた時のバランスです。

特記事項/特技発動率+術デッキ相性
☆☆☆☆☆


全体的に優秀。おすすめ!
2014.02.02 / Top↑
やったぜ

やったぜ。

久々の当たりなので、せいぜい珠の余る城攻め中に合戦に備えておくとしましょう^^
1割引の次くらいに嬉しいニャンの日です。
毎回奥義作るのめんどいんですよね…。
最近は強い方も全力出陣実装の影響か奥義ほとんど積んでなかったりするし><
2014.02.02 / Top↑
2月になり、プロやきうがキャンプインしました。
これほどシーズンオフを短く感じる年はなく、なんだかお得な気分です。
NHKのニュースを見たら、引退したゴジラ松井が巨人のコーチになった話題の直後に、
ルーキーの楽天の松井が初日からブルペンに入った話題が提供されていました。

確かに話題性はありますが、狙いすぎでしょう^^;
あざといなさすがスポーツニュースあざとい。
------------------------------------------
2月のスケジュールについて

いつも『のぶニャがの野望』をご利用いただきありがとうございます。
2014年2月のイベントスケジュールを発表します。

2月 1日(土)11:15 城攻め(小田原城) 開始
2月 5日(水)14:00 合戦 開始
2月12日(水)23:00 ねこ場所「二月場所・上」 開始
2月16日(日)14:00 合戦 開始
2月24日(月)23:00 ねこ場所「二月場所・下」 開始

ふるってご参加ください。
これからも『のぶニャがの野望』をよろしくお願いいたします。

------------------------------------------
メンテ告知が遅く、2月は短いので、2月はイベント4回なんだろーなーとか
勝手に思い込んでいたんですがそんなことはなかったぜ。

平日開催が多いですが、開けて2月もきっちりイベント5回でした。
まぁ誉ばらまく代わりに収益も確保したいんでしょうから悪くはなく。
今日から早速城攻めですね。初日3回の参加が終わりました。

守り、攻め(おまかせ)、攻め。
相変わらずおまかせにすると絶対攻めに回される謎仕様。
総合レベルあたりで仕分けられているんでしょうか?
そんなに攻守の人数差がないのに必ず攻めになるので、守りたい時は必ず
守り希望にしなくてはいけません。(守り希望にすれば守りに回れます)
大金星と同じくらい謎。


また安土から小田原に引越しての城攻め。
小田原は閉鎖マップのスタート地点がなく最初から全方向からいけます。
まぁ中ボスはとりたてて特筆すべきことはないですが、ボスはけっこう違います。

信長は、バフカウンターの大うつけ+第六天魔王で両翼。
氏康は、デバフカウンターの御館様+相模の獅子で守備を重視。

ものすごくおおざっぱにいえば、信長はデバフで氏康はバフが有効です。

といっても、信長は第六でバフをかけてくるし、氏康はおともの幻庵が容赦なく
河越の夜襲をかけてくるんですけどね^^;

安土城攻めの時、次郎修正前は、あれを使うとごりごり削れましたが
修正後はそんなに都合よくいかず寡黙しても大うつけでやられるので攻めが苦手でした。
小田原は、デバフをかけなければデバフカウンターはされないので、
比較的やりやすいです。
大ふへんとか、お袋様とかが有効でないでしょうか。

結局弱体化がきつくてボスそのものより、たどりつくまでが非常に大変ですが…。

ひとつ

とりあえず1つ勝てたので満足です。
氏康は攻撃力低めですから長引きやすく、長引けば地道に削りやすいですね。
------------------------------------------
今月の報酬カード。さらっと。

合戦→毛利キャッツなが
勇士の志:攻撃を回避したとき、一定の確率で反撃する。ダメージ大。[自動]

ねこ場所上→脇坂やすシャル
貂の皮:敵1体を攻撃する。かつ対象の防御力をどんどん下げる。

城攻め→ミィよし康長
三日月茶壷:五輪属性を強化する技能の効果を上げる。[自動]



合戦:まあまあたかそう。
ねこ場所:やすそう。
城攻め:全体範囲か個人かで違うが少なくても初動は
    かなり高い筈。



個人的に、鬼美濃でかなりスッてしまったので合戦と城攻めは全売りで、
ねこ場所はきつそうなお題だったので初日は適当にやって値下がりして競争率が
下がった2日目以降何枚か取れたらいいなとか皮算用してるんですが。
観賞用なのかなぁと思っていた鬼美濃が、投資した以上の効果があるかはともかく、
それなりに実用度が高い特技で値段も3万台で安定して今後まだ高くなりそうなので、
使ってみたら意外といけるパターンもあるんでしょうか。

「どんどん」系特技は発動率は高いはずですが、単体物理攻撃は種類が多すぎるので
Lv制特技でLv5で化けるパターンでないと苦しそうな気はします。
もっとも今は鬼島津の最盛期ですから、あれと組むならば発動率のいい2コス足軽は
手頃にも見えますが。
------------------------------------------
ブログコメありがとうございます。


>あきゃ。さん
極竹中は大将縛りなのですよね。手に入ったら嬉しいですが、しばらくは
お持ちの方と当たった時の回想を見ての研究になりそうです。
今月は久しぶりに極が2枚同時に追加されましたね。(3周年だから??)
topページは竹中でいいと思うんですが…^^;
松永さんゴツくて怖いんですよ!!><
将軍様のおめでた帽子をカツアゲしてるし!

ものすごい
ものすごい悪人顔。親父マニア垂涎。下旬になったら竹中と差し替えよう(提案)


>さるるるるるさん
別の戦友さんも1発でついたそうです>< う~ん羨ましい。
私の不文律(といっても書くんで不文律でなくなっちゃうんですけど)の1つに
「移殖率一桁の強化はできる限り避ける」
というのがあったんですが、禁を破って嫌な予感がしながら挑戦した結果は案の定でしたね。
やはり人には分相応というものがあるようです。
残念だったので書いてみました^^;
智勇とか、誉のLv3伝授くらいまでですねー、自分でやろうと思うのは。
無理は禁物。すぐくよくよして、引っ張ってしまうので極力身の丈でやっていきます。


>ふげーさん
運。

年始のくじでかなり極が流れたのでそれを利用して引いたり買った人も多かったようです。
最近では最大のチャンスだったのでしょうが、私も本命だったガラシャムは姿形も
見ていません。
いつも思いますが運というか、それ以上にタイミングなんでしょうね。

2月はニャが3周年だそうなので、その時に何かしらの動きがあるはずなので、
目当ての猫とめぐり合えないか、期待して狙っている方も多いです。


>感謝です。さん
先駆け真壁と、松風よしペルを較べた時、真壁の評価が10としてよしペルか11か12くらいです。
先駆け真壁と違い松風よしペルはかなりかわされます。
しかしながら威力は上で複数攻撃の減衰もなく相性値で上回ります。

結論として値段との相談でコスパと性能どちらをとるかの天秤ですね。
投資する額に見合ったリターンがあるかで評価が決まりますので…。
アタッカーのライバルがたくさんいるので、選択肢の1つとしてとらえるのが
妥当で無難かと思います。


>赤牛の時の頭領さん
偶然なんですが、先ほど戦友さんで同じく望月につけたという方とお話しました。
遁術は策士がなくてもデバフ率が高いタイプの術攻撃のため
ボンベイにこだわらずとも、工夫次第でユニークな戦術がとれるようですね。
策バフは上書きや喝破が非常に頻繁に起きるので毎回狙い通りにはいきませんが、
鬼美濃は回想を見るのが楽しい特技でもあるので、いろいろ試したくなりますね。
2014.02.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。