趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
更新作業中に強い地震があり、緊急地震速報が入りました。
地震は本当に怖いですね…。
---------------------------------------
今回参加した、東の山崎の合戦は3日で終わるのか4日になるのか
どっちにも転びそうな感じですね。しばらくの間、どうにか十傑に入っていましたが
今回は無理そうです。なんとか滑り込みで槍は取れたらいいなあ。
---------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>博士58さん
ねこ場所はいつもながらお金とニャポの交換所と化してますね~…。
利休は顔がどうしても好きになれません><

>とんちぼ2号さん
金森にわび茶を移植している方は数名お見かけしますが、主流ではないですね。
たぶん効果範囲の問題だと思います。あと、顔(また始まった)。
---------------------------------------
2ヶ月ぶり10回目のねこ武将紹介は、比較的最近に追加されたこの猫です。
まだそれほど出回っていないと思うので、たまにはこういうのもいいんでないでしょうか。
武将紹介も久方ぶりなので、気合を入れて増刊号気味にお届けします!


石田三成(極)<検地奉行(守備)>
火・地・水属性の弱体に対し、味方全体の能力を上げる。


合戦合戦2


稀で初登場し、その後限定珍・宝・みつにゃんなど多彩なレア違いで
出番の多い三成も、ついに極に昇格しました。
まずステをくりぬくと、同じ極の地2.5武将である極氏康とよく似ています。

極氏康:166/191/108/48/156
極三成:157/186/106/60/170


開始から2年が経ち、ステータスで差をつけることがかなり難しくなって
きているのでしょうね。差がつくのは特技の部分です。
さて、肝心の固有特技である検地奉行ですが、特技の効果そのものは高いです。
デバフ時の発動率も良いです。
しかし「味方が誰かデバフにかからないと発動しない」という前提条件が
足を引っ張ります。

この猫はデバフがないとただの2.5の壁でカカシのようなものです。

大将縛りではないですが大将向けのステのため、防御位置で大将起用して
可能であれば愛の一字や鬼島津を移植すると強そうではあります。
もしくは甲州流あたりでしょうか…。

合戦向きかねこ場所向きか判断に迷う部分があり、私も当初ねこ場所向けなのかなと
考えていたのですが、両方に1度ずつ参加して使ってみた感触では、
特技の移植がなければおそらくは合戦向けです。
策デバフに対して無反応、かつPC戦での火デバフが多く、干し殺しなどの
多用される奥義に反応できるためです。
なおデバフカウンターとして、発動条件が限定されるためかバフの効果は高く
徳アップでの回復量上昇は、一部の特技や奥義の効果に見られる、本来の限界値を
突破した数値が出ます。

明鏡止水のついた北政所のまんかかは、通常の回復量が492で、連歌百韻などの
徳アップ効果で545に上がります。これが検地奉行の効果だと、
回復量は669までハネ上がります。


6692.jpg
連歌百韻だと全員に545、検地奉行だと猫によりバラけますが北政所は669回復。

対戦結果を見る限り極マムシにかなり有効。
(ただし移動力と回避率低下はこの技能単体ではカバーできません)
鬼若子、甲州流、刀狩りなど代表的なデバフ技能に対応し、鬼若子の強みの
1つである「受けた後の策徳デバフによる回復量低下」に対しても、徳アップで
400程度までは回復量が賄えるようになります。(通常は150前後)
完全ではありませんがある程度対策になりますし、毛づくろいと組み合わせることに
よって効果増大が見込めます。


鬼
鬼若子のデバフで策が下がり、徳が奉行のバフで上がった状態で405。
他の猫にも300台は出ます。


総合的にいってそのままだと使いづらい部分も目立つのですが、
猫と特技のポテンシャルは高いです。鉄砲武将ではありますが
この猫はたぶん雨向き
です。
晴れは例によってデバフとか関係なしにどかーんで終わらせてしまう政宗君が
鎮座しておられますので、雨でじっくり戦うデッキ向きかなと思います。
---------------------------------------
使い勝手☆☆☆
お持ちの戦友さんにも話を伺ったことがありますが、その方のお話でも自分で使っても
使い辛さも目立つ猫です。ただし鬼若子・甲州・刀狩り・マムシの睨み・眼力など
デバフ技能とその移植はかなり増えていますし、干し殺しなどの奥義に対しても発動しますので、
地策ともに高くかなりのしぶとさがある2.5コスの壁が、保険としてデバフカウンターが
できるという点で極本多よりは使いやすいです。物理特技ではないために帰蝶大将の
デッキに対してもそれなりには有効です。
なお風が低いことはデメリットだけではなく意図的に設定されているフシがあり、
同じ鉄砲武将の北政所と行動順が近いため、速い武将からデバフを受けた直後に
三成が奉行でバフをかけ、北政所がまんかかで回復というコンボをよく見ます。

対極マムシ:◎(だいたい勝てます。)
対武蔵:△(武蔵そのものでなく、武蔵デッキによくいる刀狩り・甲州・鬼若子への反応)
対政宗:いまいち(デバフ頼りでないので。三成の風が低く独眼竜をかわせないのが痛い)
合戦向きデバフカウンター:◎◎◎ (これに関しては文句なく使えます!)

おすすめ度☆☆☆
まだ推挙数が少ないため60-70万程度の値段が取引所でついています。
本文で書いた移植候補の特技はハードルがかなり高く、普通に考えると信義仁や
ねこやなぎなどがつける特技になりそうです。(ねこやなぎと共存できるか試してませんが)
NPCよりもPC戦向けで、強い方はデバフを搭載することが多いので、回想を見ていると
思ったよりは意外に何かのきっかけでぽろっと検地奉行が出ます。
そしてバフの効果自体は高いので出れば確実に有利になります。使い勝手もおすすめ度も
単独では☆2.5くらいかなと思いますが、三成自身がかなり硬いので、大将起用もしやすく
他の猫との組み合わせ次第で強いデッキを作れる可能性は感じられますので、
四捨五入して使い勝手・おすすめ度とも☆3とします。
ステからみてコスト2.5は一見重くみえるし私もそう思っていましたが、合戦においては使ってみると
地味に発動機会が多いので妥当というか絶妙な配分のようです。
そのままの使用でもヒーラーが2コスであれば他にコストを回せるため
充分実用に耐えるでしょう。ねこ場所でややがっかりし、合戦で見直して株を上げました。


まだ育成してから大して使い込んでもいないのですが、率直な感想としては
ねこ場所では「思ったよりも使えないな」
合戦では「思ったよりも使えるな」というところです。

対デバフ専用のバフですから使いどころは難しいのですが、使いこなせれば有用な
技能であることは疑いありません。



相性宵

伝授制限なし、移植率は相性良・勲功255で約4.4%です。
ひょっとしたら、三成からの移植もそのうち出てくるかもしれませんね。
固有移植に挑戦される方においては、表裏比興や眼力などの、大将縛りでない
防御技能の移植もかなり有効そうです。自動特技の士気高揚や鉄盾もよさそう。
今後さまざまな可能性を感じられる猫ですね。
スポンサーサイト
2013.04.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/152-59eeb7a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。