趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
または固有移植を滅多にしない、消極的な頭領から見た固有移植について。
5万hitを記念してというわけでもないのですが。
以前からずっと考えていたことをまとめた記事ですので、今回はちょっとまじめかも
しれません。

一度更新した後に気づきましたが、自分の考えをこうしてまとめて自分自身で再確認
することで、何か胸にかかったもやもやとした霧のような雲のようなものが、
晴れていくことも時にあります。
あとなんかいまさらですが、文字に初めて色をつけてみました。(硬い記事の息抜き)
なんかちょっと塗り絵気分。
-------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>しがにゃんさん
>よしうんさん

ありがとうございます。
何がしかの助けになっていれば嬉しいです。
利家は…はい決め手にかけると思いますね^^;
毛づくろいも反撃と迷った上で決めましたが、他にデバフ解除がいれば…。
デッキ編成でバランスをとるのは難しいですね。
どうしたものかな~。

私も稀立花を買い戻そうかと思案中です^^;
平原戦が辛すぎました。あとはやはり話題の次郎法師ですか。
もう最近ニャがのことで悩んで迷走してばかりですね><
-------------------------------------
端的にいって固有移植は強くなるためにするものです。
謙信に軍神をつけたり、極三成に大吉をつけたりするようなこだわりとしての
固有移植もありますが、少数派です。
中には(ピークは過ぎたものの)両兵衛を珍半兵衛につけたり、美濃マムシを帰蝶に
つけるという、イメージと実用性を兼ね備えた移植もありますね。

極三成のように良い固有を持っているけれど、そのままだとその特技は
発動条件が限定され受動的な猫もいます。他の武将の固有特技を移植することで
使い勝手を上げ、戦力として計算しやすくし、コスト以上に働かせることができます。
逆に、値段がとても高いので難しいことですが極三成の奉行をもっと
低コストの猫に移植できれば、コストを圧迫しないので使いやすくなるでしょう。

この「コスト以上」というのが鍵で、「強い武将」という曖昧なイメージを満たす
条件の大きな一つがコストより働いてくれるかどうかです。

鬼若子を2コス策に移植するように。
風流人が1コスで使われるように。

元の特技の持ち主のコストより低いコストのねこ武将に移植しても特技の効果や
発動率がかわらないか、むしろ上がるのであれば、固有移植される特技は増えます。


すでに移植される特技が、移植成功すれば有用だとわかっていれば、次々と挑戦のために
素材買いが入り、買う頭領は一人ではありませんから、売りも買いも競合が起きて
だんだんと相場が安定していきます。
これは特技修正や、他の対抗特技によって有効性が損なわれなければ長く続きます。

実装したての特技の場合には、相場が乱高下しやすいです。
実装後時間が経ち、どの程度使えるのかが見えた特技や猫と違って、移植なしで
使ってみたい方も多いですし、史実で人気のある武将ならば実用性度外視で
そのまま使う+ほかの特技を移植するベースとして愛着を持つ方もおられます。
それに加えもちろん、移植でも目をつけてほかに先駆けて挑戦する方もおられますから、
くじで出る枚数よりも消費される枚数が大きく上回り、高値がつきます。


移植に成功しても、その特技が移植した結果本当に使えるのか、デッキに合うのか、
という問題があります。

誰もが認める圧倒的な性能を持つ特技は別として、特に実装直後の特技は
成功しても強いのかどうなのかわからないような、暗闇の中を目隠しし、ふらつきながら
歩くようなリスクを背負い挑戦する必要があります。
結果移植は成功したけれど実用性は低く結果としては失敗だった、ということも
まったく珍しくありません。
コスパは劣悪ですし、移植後の活躍が保証されないという意味で博打のようなものです。
アタッカーに智勇と女丈夫をつけた方がよっぽど活躍する
ことも普通にあります。



しかしその石の中から珠を探すような気の遠くなるような作業の果てに、
他人に先駆けて移植が成功し、その特技が移植することで真価を発揮するものだった場合。
これは非常に活躍できますし、輝きます。

苦労しただけの甲斐があり、勝てるようになれば、苦労が全て報われます。
移植した猫が目立てば当然、後追いの挑戦が出て相場は長く高止まりしますが、
すでに移植済みならばもし仮に後から修正が入ってもそれまでの長い間使えます。
よく特技の修正について論議になりますが、多額のリアルマネーや労力やNPを
たくさんの人が費やして強くなるために挑戦されている以上、おいそれと修正をかける
ことはしづらいのです。


もっとも…、アナウンスなしで発動率の調整をされること自体はあるようですが…。
せっかく移植しても運営の匙加減一つであっけなく実用性と強さが変わってしまうこともあり、
蜃気楼か砂上の楼閣のように見えることもありますが、実のところほんとうに修正されることは
案外と少なく、移植したらそのままずっと使えることもかなり多い
です。


移植には魔力のようなものがあり、それがなければ強い方に勝つのは難しくなります。

なぜならばみんなやってるから。

運営もそれを見越した上で、極/稀/誉の固有持ちの武将は「そのままでも使えるけれど
移植したほうがもっと強いですよ」というバランスで調整をします。

PCが飽きて離れていかないための工夫でもありますし、儲けるための仕組みでもあります。
今日も明日も、ニャがが続く限り誰かがどこかで強くなるために移植に挑戦していくでしょう。
強化成功の黄金文字と成功後の実戦でカタルシスを味わうために。



夢見夢見2


なお、固有移植済みの猫は、当然ながら取引所に出づらいですし、出ても高額かまたは
結果が芳しくなかったものも多くなります。
デッキ編成に合わなくなったり、新しい猫を買ったり移植に挑戦するために手放すケースでは
稀にですが割安かつ実用性の高い猫が掘り出し物で推挙されていることもあります。

これらを見つけた時にすぐに買えるようにNPを貯めておくのも一つの手段ですが、
そもそもいつ推挙されるかわからないうえに、されてもタイミングよく見つけて買えなければ
すぐに他の頭領に買われてしまいますね。

高額な特技を移植した猫は、たとえカンストの999999NPであっても、安すぎることもあります。
が、100万を越える値段で推挙できるようになってしまうと、意図的でないにしろ結果的にもたらされた
市場の均衡やその他諸々の微妙なバランスが音を立てて崩壊してしまうので、
今後も推挙額の上限が引き上げられることは恐らくないと思います。
スポンサーサイト
2013.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/185-68b73368
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。