趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近寝苦しい日が多く、真夜中に目が覚めました。
合戦での次郎のキャプを取ったので、まだ数は少ないですが貼っておきます。
色々考えましたがデータ取りのために、今実行中の直虎の修練が終わったら
何度か自分でも出撃してダメを見てみることにします。

その1。自軍両翼、敵軍突撃。
両翼と突撃で味方のみ地バフ2
敵軍バフなし、自軍まんかかの地バフ。たぶん山県には女丈夫はついてないんじゃないかな。
なお、よくいわれるように次郎は複数攻撃の物理攻撃ですが命中は良いです。
ただし必中でもないのでかわす時はかわします。


その2。同じく自軍が両翼で敵軍が突撃。で、直虎は修練途中ですね。
突撃と両翼2
敵軍に慈愛がかかった状態でのダメージ。策↑中。

火バフと慈愛2
敵軍に慈愛+侍魂で火策↑がかかった状態でのスコ鶴へのダメージ。
さりげなく虎之助はかわしてます。

スコ鶴地バフまんかか 虎は2Tかわす 3Tおわりで3回発動2
敵が火策↑、味方がまんかかの地↑でのダメージ。2割減てとこですね。
この戦闘は3Tで負けてしまいましたが、次郎の発動率は3/3です。


直虎のステは火146、風94、策46。
女丈夫は自力習得なので当然あるでしょう。
智勇もありそうな感じはしますが、慈愛と侍魂が絡んでいるのでまだよくわかりませんね。
いずれにしても修練途中で未完成な状態でも、このくらいのダメは出るようです。

「命中率の下がらない複数物理攻撃」というコンセプトそのものは、必中の術に対抗するため
いい発想だと思うんですが。
これにやたら高い威力と、むやみに出しまくる発動率が加わると、おかしなことになってしまいますねえ。
スポンサーサイト
2013.06.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/189-db4ea203
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。