趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ガラシャムに陣中見舞5をつけたんですが、福音しか出ません^^;
しかも活法4にしましたが徳策補正なしで回復量自分に345ですねー。
またなんか検証間違えたか?でも陣形も同じだしな~。
陣中は4をねこ巫女移植、5は普通に強化で、活法は3まで自力、4を巫女で上げました。
よくわからないな><
ヒーラーがガラシャムのみだったので味方全体の徳が影響とかしてないよな~…。
----------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>よしうんさん
>とんちぼ2世さん
>しがにゃんさん

今回の戦記は、全体的に評判がよくなかったですね。
アメとムチのムチばかり目立つイベントだったようです。
移動にかかる時間が長く、敵が強く勝てないとまた同じ時間と米がかかり
テンポが悪いのが難でした。
1週はできましたが、このだるだるな感じとよくない報酬では、先月の忙しい時期だったら
たぶん完走せずに途中で投げていたかもしれません。残念。
----------------------------------------
毛づくろい【支援】 周囲の味方の属性弱体を1種類だけ解除する。
薩摩隼人【支援】 複数の味方の属性弱体を2種類だけ解除する。


稀千姫の若御台も有用な特技ですが、あれはあくまで回復技能の追加効果として
デバフ1種解除がついてくるので、今回はこの2つに絞って紹介します。

特技の紹介文が珍しくわかりやすく2つの違いを書いています。
前者は、喝破と同じ自分を中心として周囲に効果を及ぼす特技で、射程は0ですが
Lv5で範囲5まで広がります。
後者は、風林火山のような射程があり、対象にとった猫を中心としてその範囲に
影響を及ぼす特技で、射程が3で範囲が2。

毛づくろいは実装直後からしばらくは素材猫の少なさから品薄が続き
1万NP近くで取引されていましたが、今はかなり落ち着いておおむね2000NP台まで
値下がりしています。
一方薩摩隼人は、限定武将の固有特技ですので一時期は1万台でしたが、
供給がなくなった現在は最安が4万NPまで上がっています。

毛づくろいは1度の発動で解除できるデバフ効果は1種類で、優先順位は喝破のバフと
同じく策>火>徳>地>風です。刀狩りと干し殺しで火徳が下げられていたら、
火が先に解除されます。

薩摩隼人は2種解除なのが魅力で、上と同じく火徳デバフならば範囲内の味方は
1度の発動で解除できます。しかし1度の発動で巻き込める範囲が短いために
干し殺しで味方全員が徳デバフの状態の時、1度の発動で全員解除できるとは
限りません。

隼人の短所はこの「解除してほしい猫を解除してくれるとは限らない」のが大きく、痛いです。
バラける両翼などの陣形では自分しか解除しないことも多く、また発動者がデバフ状態だと
まず自分から解除しようとすることが多いです。
水デバフになったらヒーラーを、火デバフになったらアタッカーを、優先して解除してほしい時に
毛づくろいならば範囲が広いので、たくさんの猫が範囲に入り結果的に優先してほしい猫を
解除してくれることも多いですが、隼人は自分+1匹程度の解除に留まることも目立ちます。
そして射程が短いので、解除したい猫が遠くにいて敵が近くにいくと、敵を殴りにいって
隼人が出ないこともあります。(これは毛づくろいにもいえます。)
逆にマムシの睨みや鬼若子などの2種デバフを1度の発動で解除できるのは隼人の強みです。
巻き込み範囲の狭さで、結局複数発動が必要になることも多いですが。

2つの特技それぞれに強みと弱みがあります。
毛づくろいと隼人のどちらを使うか悩み、戦友さんからアドバイスをいただいた時は、隼人を
薦める方が多かったです。
実際に使うと、私には毛づくろいの方が合っているのがわかりました。
好みの問題が大きく、どちらがいいというのははっきり言い切れませんね。

隼人はMC移植で勲功が高く、相性がよければ確か30%前後は移植確率が出たはずですし、
毛づくろいは安くなってきて3-4程度ならばMC強化なしでも、隼人1回の挑戦より安く
つく確率は高いです。
まだ自分でデバフ解除の特技を持っていない方が試しやすくなっているのは、毛づくろいの方かも
しれません。

私も自分でつける前に、回想やご指名対戦でどちらがいいかそこそこ試したのですが、
実際に使ってみての手応えやデッキとの相性は、そのときになってみないとわからなかったので、
悩まれている方はまず毛づくろいから試してみるのがいいかもしれませんね。

最後に重要な点として。
風の伝令や策の喝破と伝令、そして全属性に共通する伏兵看破のように、毛づくろいも薩摩隼人も
「ある条件の時に限って出る特技」のため、低コスはそうでもありませんが高コスやかわいがりが
ついていると、殴ってとどめをさしてほしい時や、奥義を使ってほしい時にデバフ解除をしてしまい
勝機を逃すこともあります。

これは策のデバフ技能も同じですね。(隣接した敵が瀕死で殴れば倒せるのに直江や刀狩り、みたいな)
そういう仕様ですから、デバフ解除特技を使う際には能力の低いかわいがりつきの1コスを使うか、
諦めて覚悟の上で発動率に期待して高コスで使うか、決めておいた方がいいと思います。

毛づくろい

この画像だと、右側にいる利家が毛づくろい5を使い、左側の4マス離れた味方2匹にも
解除効果を与えています。毛づくろいと隼人は、喝破とわび茶の関係によく似ているかもしれません。
スポンサーサイト
2013.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/197-cb71fcba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。