趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
中秋の名月ですね。グーグルのイラストもお月見です。
家に団子が買ってあったので、晩御飯の後で月を見ながら食べました。

このところ季節の変わり目で、定期的な風邪をこじらせてしまい
体調が悪くしばらく更新をお休みしていましたが、ぼちぼち良くなってきました。
寝ている間に、当ブログが10万hitを越えていました。
ありがとうございます。

継続は力といいますが、冬季はなんとか毎日更新して、その後はなんとなく
ぽつりぽつりと更新するうちに、再開して1年近くが経っていました。
これからも数日まとめて更新することもあれば、しばらく休むことも
出るかと思います。
ニャががいつまで続くのかわかりませんが、当ブログももうしばらく気ままに
更新していきますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。
-----------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>あしたさん
こわいはなしはこわいので気をつけましょう^^;
アタッカーは誉政宗@伊達者もなかなか良いと思います。ただし相性値が悪い。
まあ伊達者連発するだけでも充分強いので鉄砲主体のデッキのアタッカーとしては
有用です。鉄砲自体の行動速度が遅いので、足軽や騎馬に先手を取られがちに
なってしまうことは、仕方がありませんが。
私は誉秀吉と稀ネネをセットで使っているので、伊達者そのもののバフ効果が
いまいちまだよくわかってません>< (糠味噌のバフと被る)
風バフに必中かそれに準ずる効果があるっぽいのは確認できたんですが。

>大太郎法師さん
私も艦これはお休み中です。先の合戦では何度かお手合わせしましたね。
信玄は自分でも買いなおそうかと思いつつ、騎馬で揃えるのが面倒とも思いつつ、
まだ買わずにいます。
前回合戦は途中から両翼メインに切り替えていましたが、NPCと戦う分には
両翼は奥義が減らないので楽ですね。5日続いた割りに、珍しく奥義がいくらか
残って終了しました。
PC戦で奥義の減りを抑えつつ勝てれば最善ですが、なかなかうまくはいきませんね。
奇襲陣形で奥義を使って勝率を上げるか、両翼陣形で米を使って奥義の消費を
抑えるか。どちらか選びつつ出陣していますが、今回おかわりなしで済んだのは
ラッキーでした。
-----------------------------------
さて別鯖のニコニコ/GC版では、メンテで大量の武将追加が行われたようです。
その数64体とか。凄いですね。
これで武将数はヤフー版に大方追いついたそうです。

この一気の武将追加が是か非かというのは、もうすっかりあちらは放置状態の
私には知る由もないんですが、たくさんの武将が同時期に実装されたことについては、
考えることがあります。
極孫市の記事を作る時に触れようとしていたことですが、ここで書いておきます。

もう手放してしまいましたが、極孫市を高値で購入して使っている時に、ずっとついて
まわっていたのがいわゆるコレジャナイ感というやつでした。
なんだかしっくりこない。思ったほど強くないというか、大将縛りの猫は、必然デッキの
中心になります。中心に極孫市を据えた時に、自分が「このデッキはこんな感じで
動いてほしい」という目論みに、ぴたりとはまってくれない。
そんなことが繰り返し起きていました。

なぜそうなるか。
一言でいえば自分の目が肥えてしまっていたからです。
もう一つは、実装された時点ですでに極孫市よりも強い武将が、溢れかえっていたからです。
すでに手持ちには甲州流を移植した帰蝶がいて、多くの場面でスタメン大将として
使われています。
孫市の前には、越後の龍を移植した極大友も試したこともありました。
その後に、2.5コスの鉄砲大将として立ち位置が被る部分のある極孫市を使っても、
今まで使ったことのない爽快感のある強さには、届かなかったから、
物足りなかったのです。
たくさんの組み合わせを試しても既存の武将よりも戦績が振るわないのでは、
高額のNPを出して買った甲斐がないのです。

後から実装されて、数が少ない分、値段の高い極孫市ですが、単体としての強さは、
さほどでもないというのが実感でした。
もしこの猫が、もっと早いタイミングで実装されて、数が出回り、値段が下がっていれば、
その分の差額で周りを固める猫にも強化費用をつぎ込むことができ、単体の孫市が
強くなくてもデッキとしての強さはもっと上がっていたかもしれません。
極孫市は実装される時期に恵まれなかった猫なのです。

たとえば政宗と同じ数がくじから出て、もっと値下がりして早い時期から使われて
いれば、この期待と現実のズレも少なかったでしょうし、「後になってから追加された
極がこの程度なのか」という気持ちを抱くことも減ったでしょう。
孫市に限らず、後になって追加された猫全般にいえることです。
枚数が出て、固有移植の容易な誉にカードパワーで負けていることが目立ちます。
ならば大金をはたいて課金くじを引く理由はどこにあるのか。

ニコニコ/GC版で、多数の猫が同時期に実装されたことは、極孫一のような武将に
とっては、ある意味でチャンスといえるのかもしれません。
ヤフー版は、基本的には○○という特技/猫が強い→それに対抗するために
△△という特技/猫を実装してみよう、それが当たりなら少しずつ流行が変わり、
外れならまた別の特技の実装を待とう…。
この繰り返しですので。

人数がヤフー版と比べてまだ少ない別鯖のニャがで、どかんと一気にたくさんの猫を
追加したことでどんな化学反応が起きるのか、興味深くもありますね。

孫市

忌憚のない実感をいってしまうと、極孫市の適正価格は、20-30万程度のように思います。
しかし後発の極という数の少なさが、それを許さない。
政宗と同じ時期、同じ値段で使われていればこの猫の評価はかなり変わったものに
なったでしょう。
実装時期と強さが釣りあっていなかったことが極孫市の不幸と私は考えています。
スポンサーサイト
2013.09.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/242-8101dee0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。