趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ぼちぼちやきうもストーブリーグに向けた動きが見えてきました。
涌井がFA宣言するそうで…。まだ27なのかこの人。
先発でぐだぐだだった試合とかみてると年俸と比べてリスクが高く見えますが。
横浜は欲しいでしょうね。Aクラスは補償が非常にきついのがなんとも。
楽天はM6。残念ですがビジター続きで宮城で優勝は見られそうにありませんね。
相変わらず隠密ドラフトで全く情報が見えませんが、誰を指名するんでしょうか。
------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>なぎりっじさん
ニコニコ/GC版は戦記開催中ですね。実装した猫もほぼ追いつきましたが、10月から
イベントのスケジュールはまとめて開催して管理を楽にするのか、それとも今まで通り
バラけさせるんでしょうか。
ヤフー版のイベントやバランスの調整も手を抜かずにやってほしいですね。
------------------------------------
今回はミドルクラスの値段の極猫二匹の紹介です。

極島津は以前いくらか取り上げましたが、ともに3コスで、島津と入れ替える形で
極半蔵を使いだしたので、比較をする形で解説していきます。
島津はなんか比較対象になりがちで当て馬感がなくもないんですが、好きで結構
長く使っていたので、いいところだけでなく短所もその分わかってしまうんですよね。
まず水切りでのステータスから。

半蔵 184/138/186/45/191 策3コス 足軽
島津 180/193/149/81/157 地3コス 騎馬


半蔵は策足軽ですから移動力2ですが、能力的には当ててかわす、風のカニなどに
近いものがあります。島津は地騎馬で移動力4ですが自分+足軽のバフなので
山岳で使おうとすると、移動的な意味であんまり動きが良くないですね。
バフのために守備位置で使いがちなせいもあるでしょうが。
両方とも3コスはやや重く感じられます。次に固有です。


伊賀流護身法(支援)
総大将の時、味方全体の火・風・策アップ。風は命中/回避アップ。
剣豪か忍者ならバフ効果大だが、それ以外だと効果小。

鬼島津(守備)
総大将の時、自分と足軽兵種の火・地・風アップ。風は移動力。
※移植した猫が足軽以外も本人には効果があるのを確認しています



極島津の方が使っていた時間は長いんですが、この2つの固有を敵に回しても、
自分で使ってみても、性能がいいというか使いやすいのは、半蔵の方です。
確かに忍者と剣豪以外は効果が薄いんですが、半蔵自身が忍者で、他の適合職業は
アタッカーとして1-2匹デッキにいればいいので、低コスの支援猫や、ヒーラーに
関してはバフの効果が薄いことはそんなにデメリットを感じないです。
これは以前より一撃で決まる戦いが増えているのも影響しているでしょう。
真壁にバフがかかると武蔵も一撃で落とせるのは以前の記事で紹介した通りです。

鬼島津は3点の短所があります。
1点目、足軽縛り。足軽でないと半蔵のように効果が薄いの…ではなく、バフ自体が
かからないです。北政所や稀まつをヒーラーに使おうとすると鬼島津が出ても効果なしです。
2点目、策バフのカベがない。喝破のバフ解除は策>火のため、鬼島津は喝破1度で
火バフが消えます。これは合戦において重要な欠点となりますし、鬼島津自体が
合戦向けのバフなので痛いです。
3点目。風バフの矢印で命中回避が上がらないので武蔵や政宗に不利です。
上がるのは移動力だけなんですよね。攻撃位置のアタッカーは火足軽でも凄い移動力に
なるんですが、それだけでは勝てないことが多いです。
ただし北政所を使わない構成であっても、足軽には地を含めた3種バフがかかります。

長所は守備位置のバフであること、地バフも同時にかかるのでしぶといこと。
守備位置のバフというのは何らかの使い辛さを抱えているんですが、それを飲み込んで
支援位置を空けて別の猫をそこに置きたい理由があるならば、それがそのまま
島津を使う理由になりますし、そうでないなら別の猫に強い猫はたくさんいます。
鬼島津を移植した猫を守備位置で使い、支援位置には1コスの固有移植をした猫を
置く、という使い方が良いのかもしれません。


半蔵は脆く、すぐ落ちますが独眼竜や武蔵の赤字反撃をくらうとあっさりやられるのは
どの猫でも同じことで仕様的にしょうがないことなので、やるかやられるかで割り切って
使うには適していますし、バフがかかればかなり避けます。
島津は弱い敵には強いが、強い敵には弱いというか…。地力で上の武蔵などには
なかなか勝てませんね。半蔵だとギャンブル気味に両翼真壁で、非常に不安定ながらも
そこそこ勝負になるんですが。
バフがかかっても、騎馬が守備位置だと動きが鈍く、攻撃力も地形ボーナスがつかない
関係上、半蔵の方が上です。
大指武蔵を移植した島津を使ってみましたが、当たれば直江三文字クラスの威力が出ますが
なかなか当てる機会がなく、普通に半蔵のバフをかけて真壁で殴る方がシンプルに強いです。


島津をより長く使った後で半蔵へ乗り換えた結果としては、この2匹ならば半蔵の方が
おすすめできます。
値段も若干半蔵の方が上ですが、市場は正直といったところでしょうか。
大将がアタッカーを兼ねる2匹ですが、極マムシと同じようにアタッカーとしては0.5匹分くらいの
勘定でいたほうがよさそうです。半蔵は0.7匹分くらいかな^^;
------------------------------------
<使いやすさ>
半蔵:☆☆☆
島津:☆☆


<おすすめ度>
半蔵:☆☆☆
島津:

半蔵は鬼真壁とコンビを組むことで、体力が減っておらず鬼回避しない武蔵相手ならば
案外あっさり勝てることもある代わり、自分も死ぬ時は非常にあっさりなので☆3つ。
極塚原と組むとかなりの防衛力を発揮してくれるようですが、自分では未使用。
島津は、半蔵と比較するとどうしても辛くなります。政宗は雨ならまずまず勝つことも
ありますが、武蔵がきつい。風バフの中身と、火バフが喝破ですぐ剥がれるかの差です。
山岳で使うと本人の動きが鈍いのも減点対象…ということで、厳しいですが、おすすめは☆1。
共通していえるのは3コス重さと、他への配分に苦労とすることですね。
剣豪にはカニなどの廉価で優秀なアタッカーが多いので、半蔵は4匹編成で低コス
策支援なしの割り切ったデッキも結構使われています。
安定はしませんが格上にも勝ち得ますからコストパフォーマンスは高いでしょう。
奥義の威力はバフ込みで半蔵が上、回復力は島津が上です。

島津半蔵

敵として見る機会も半蔵の方が多いので、他の方もたぶん使いやすいのだと思いますね。
スポンサーサイト
2013.09.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/243-47415d30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。