趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ブログコメありがとうございます。

>めいにゃさん
詳しい解説ありがとうございます。できれば導入してみたいです。
あの更新したサイトがわかるシステムは便利だなぁと思い見ておりました。
ちまちま覚えていこうと思います^^

>あしたさん
1:糠味噌は策バフで、1度の喝破で消えるので守護が不要ではないですが
 必要性は下がりますね。稀ネネ夫婦をデッキの中心に考えるならば、
 特技の入れ替えをしてみるのも面白いでしょう。

2:うーん。行動順が騎馬>鉄砲なので、たとえばネネに迅速をつけると
 騎馬より早く動くのかどうか…試していませんが…。
 両翼次郎の1Tで3匹くらいやられるのは著しくバランスを欠いているので
 対抗できればいいんですが、ピンポイントで次郎を狙い打つ対策特技が
 来る(それも効果の高い自動技能という、それ自体が壊れ気味でない限りは
 間に合わないでしょう)か、発動率や威力、命中率に次郎自体が修正がかからない
 限りはあの性能は壊れたままでしょう。
 こちらが1歩も動かず何もしないうちに部隊が壊滅してしまうので。
 平原中心に戦闘の醍醐味が著しく損なわれている原因でもあります。

3:智勇によって伊達者の威力が上がるので両方あった方がいいです。
---------------------------------------

胴上げ

楽天が創立9年目にして初のリーグ優勝を果たしました。
最後はひやりとしましたが、田中は流石でしたね。速かった。
明日決まるなら、Kスタにパブリックビューイング
(遠征の試合をバックスクリーンで中継する)を観に行けたんですが、
めぐり合わせでしょう。

09年、野村監督の最終年に2位になり、CSの第二ステージPVを観に
Kスタに行った時は、岩隈がスレッジに満塁ホームランを打たれ、
負けました。
力負けでした。
呆然としている中で朝日新聞の記者のインタビューを受けましたが
きっと没にされたでしょう。
退任する野村監督が、北海道で負けながらも胴上げを受けていました。

4年経ち、今度は優勝して、星野監督が本当の胴上げを見せてくれました。
死ぬまでに楽天の優勝を見られるのかな?と、よく冗談半分、本気半分で
口にしたりしていましたが、夢が叶いました。
投のエース田中、打に助っ人のAJとマギーとがっちりした軸ができ、勿論
これらの選手は中心として大活躍したんですが、それだけでなく
捕手として成長した嶋をはじめとして他の選手、チーム全体の総合力で
勝っていた印象です。

初年度からみると強くなったな、と実感します。
09年は熱狂と勢いのまま駆け抜けた年でしたが、13年は地力をつけて選手が
優勝経験を積みながら、後半戦は横綱相撲の強さで勝ちました。
感動の度合いは、正直言って09年の方が強いです。
宮城で決まらなかったこともありますし、優勝が決まる前に、優勝する流れが
見えていましたので。

13年の感動は、晴天の秋風のような爽やかな清清しさがあります。
そしてまだ終わりではなく、今度は1位として、2位と3位の勝ったチームを
本拠地Kスタで受け止める形で、CSが行われます。
もし勝つことができたならば、次は日本シリーズです。
結果がどうであっても、まだ夢の続きが見られるとというのは、幸せなことですね。


一つ残念なことは、優勝争いのラストスパートの時の連休ホームゲームが
連続で雨で流れてしまい、選手がせっかく臨時拡張したスタンドが満員になるところを
みられなかったことです。星野監督も優勝インタビューで宮城にも来てと
触れていましたね。
その後のホームゲームは平日ナイトゲームだったために、残念ながら満員には
なっていないはずです。
CSでは相手チームのファンも含めて満員になるところをみられると思います。
やっぱり現地観戦していてもお客さんが多い方が盛り上がりますし、
自分も含めてたとえ残りのホームゲームが消化試合になったとしても、
多くのお客さんが入ってくれるといいなあと思います。
あと1試合か2試合は現地に観戦に行くつもりです。
CSのチケット…取れないだろうなあ…。09年も取れなかったんだよなあ><
高いヤフオクの転売でも買うしかないか…。ぬーーーん。

胴上げ2

胴上げで1Sがつくという面白い成績になりましたね。
このまま0敗で決めてください!
スポンサーサイト
2013.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/246-b778cf88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。