趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相撲で、策騎馬に術特技と思われる固有を実装すること。
稀猫で、2マスにも適用の物理特技の自動軽減特技が出たこと。


2つを同時に行うのは、物理優位の流れに一区切りをつけるためと見ることができます。
最近は物理が強く、その前は術が強かったですが、対抗する特技を
増やしていくことで均衡をとって
なるべく2つがイーブンになるようにしたいのでしょう。
平原の「これさえあれば」な状態からいくらかは他の特技を使う選択も
出るといいですね。

おそらく次郎法師に代表される物理特技は、このメンテを境に
少しずつ緩やかにピークを過ぎていくと思われます。

もっともすぐみんなで使うわけでもないので、年内くらいはまだまだいけそうですが。
ぶっちゃけ軽減されても発動率の差で次郎が最強クラスなのは
まず揺るかず、ようやく実用的な軽減手段が一つ出たくらいです。
何もできずに負けという事態が連発していましたから。


次郎よりはむしろ2マスから軽減されるようになる独眼竜の方がきつそうかなと思いますね。
なにがなんでも独眼竜、なんがなんでも次郎法師、では道幅が狭くなる一方なので。
強い特技はあっても、色んな特技が広く使われるようになってほしいです。

あと素材が安めで発動率に優れる伊達者はまだともかく、
結局組み撃ちは始まる前に終わってしまった気がしてしょうがないです。
この特技ほんと不幸だ…。
いや、でも伊達者が増えれば地バフも増えるからひょっとしてこれからなのか?
-----------------------------------------
従来使い辛かった相性値の猫に、使える特技を入れてテコ入れも始まっています。

誉政宗(38)/極ガラシャム(28)/稀浅井(28)

次郎は特殊すぎる例ですが、バフにしろ攻撃にしろ最近実装の特技の発動率が
全体にかなり上がっています。
北政所と併用できず、喝破1度で無効化されて、平原では発動前にやられがちなので
それほど話題になりませんが、旦那のいる時の糠味噌の発動もかなり高い確率で起きます。
長期的に見ると今後はワンキルが減りそうなため絆+糠味噌で次郎封じも出るでしょう。
ただし糠味噌は立花にも弱いので万能では決してありません。

今までならワンキルされていたところを絆効果でギリギリ耐えて糠味噌とか、
次郎を使う側が甲斐の虎などでバフをかけて軽減効果をも押し切るとか、
甲斐の虎や糠味噌のかかった猫に対して立花が固有で仕留めるとか。

どかーーーーーーーん、おわり。

じゃなく、戦闘に幅が出るといいなあ。
やっぱり大味な戦闘はつまらないです。


また今後実装されそうな特技として、比翼のような「夫婦が生き残っていないと発動しない」
タイプの夫婦特技ではなく「夫婦がいると通常より発動や効果/範囲が広がる」
糠味噌タイプの特技が増えそう
です。
たとえば、回復技能で、旦那がいないと範囲2-3で陣中以下の発動/回復量だけれど、
旦那がいると範囲4-5になって陣中よりも回復量が増える、とか。
こういうのはいくらでも作れますしね。
極半蔵の伊賀流と島津の鬼島津のように、「○○でないと効果がない」よりも、
「○○ならば効果アップ(そうでなくても一応効果あり)」の方が、ずっと使いやすい
ので。

剣豪が増えるほど威力や範囲が増す特技なんかも出るかもしれませんね。
まだ空想の域を出ませんが、割とまだ創作の余地は残っているんだな~と調整を見て
気づいたので、書いてみました。
バランスをとりながら新しい流行を作ろうとする狙いが、実装された(る)特技と猫の
向こうに見て取ることができますね。

鬼
以前ほど目立ちづらくはなっているものの、必中2種デバフ確定で射程4範囲3で連発する鬼若子は
流行に関係なく術攻撃系でもやっぱり最強だよな~と思います。
移植できればですけど。
スポンサーサイト
2013.09.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/250-f0fb88bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。