趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
未修練戦法について、非公開コメントさんからご感想をいただきました。
おそらく多数の方が一度は近しい感覚を持ったことがあるでしょうから
返答が長くなりますが書いておきます。

「みんな本当はこれを使う方が得だとわかっていても、
こだわりのために使わずに放置してしまうこともあるのでは?
放置が減ってほしいです」


たぶんあるんでしょうね。

念のため。いつもそうですがやるのが正しいとかやらないのが間違いとかいうつもりは
一切ないです。好き嫌いは当然ありますが。やり方の一つとして記事にして、今回の合戦では
自重せずにやたらめったら連発しまくってます。
誰でもこだわりがあって、マイルールに触れるかどうかというだけです。
どこどこまではセーフ、あの特技は使わない、あの小技はあり…。みたいな。

つまんないからやらないというのも正しいし、時間と米が節約できるからやるというのも
また正しいです。放置もそれはそれで一つの作戦だとは思います。つまんないですが…。
2匹でわざと負けるのをつまらないと感じる方も必ずいらっしゃいます。

たとえば私の場合は平原で次郎法師が複数いるデッキと戦うと勝率がかなり低いんですが、
その時に米620で10回やって1回か2回程度の勝つ確率に懸けるか、撤退して30分使うか、
2匹で1分で済ませるかというと最後が一番効率がいいのは明白です。
当たるたびに「また次郎にやられるよつまんないな」という白けた気持ちはあります。
なので絆をそのうち買うつもりなんですが、きつい相手に降り賃を使ってかわすのは
逃げといわれるのは仕方ありませんが卑怯とは思わないです。
相性の悪い相手に毎回620払うのはもったいない気持ちの方が勝ります。
元々効率優先でロジカルに考えるたちなのも影響してますが。

許容できることに対しては何であれ許容できてしまうし、だめならば理屈が通っていても
感情的に飲み込めないことはあります。

線引きは自分で決めるしかないのです。
----------------------------------------
前置きが長くなりましたが、今回は伊達者を取り上げます。
絆の実装で巻き添えを食う形で相対的な弱体化が今後予想される特技ですが、
百万石でも軽減されるのは元からですしね。
武将や特技を取り上げて紹介するときはある程度使って「感じを掴んだ」後で記事を作ることに
なるので、絆という対策特技が出た直後になっちゃいましたが。

伊達者【火・物理】
離れた敵1体を攻撃する。かつ自身の能力を
どんどん強化していく。


伊達伊達2
いつも通りの適当さで援護射撃は4で放置。

火→地→風→水→策の順番にバフがつきます。
Lv5にすると1度の命中でバフが2つになり、できるだけLv5にしたい特技です。

特技の特徴がいくつかあるんですが1つめ。バフが被らない。
伊達者は先にかかっているバフを上書きしません。
侍魂で火バフがある状態で伊達者Lv5を当てると、地と風のバフがつきます。
純粋な能力を上げるバフでなく、風来坊のクリティカル率アップのような特殊風バフが
先にかかっていたら、そっちが優先されて伊達者の風バフ効果はかからず次のバフになります。

2つめ。火と地はたぶん普通の数字が上下するバフっぽいですが
風水策は特殊な効果がつくバフだと思います。たぶん。
確認できた限りでは

風→命中補正大(夢見にも当たる)、火デバフ無効
水→回復量アップ(35%くらい)
策→奥義ダメージ軽減(半減くらいか?)

でした。
風バフがつくと当てやすくなって便利です。
火と風のバフがある時にマムシの睨みを受けると風のみ落ちて火はそのままです。
伊達者で風バフをつけ直す前に、火↑風↓の状態で睨まれると今度は火も落ちます。

3つめ。狙撃系特技なので長射程。射程は5までは確認しました。
射程があるので、おびきだせの5匹編成でも待ち構える形で発動します。極政宗とかでも
使われる戦術ですね。

4つめ。発動率がいい。
最近の特技はだいたいそうですが、伊達者も例にもれずよく出ます。
発動・威力ともに次郎>真壁>伊達者くらいですが。バフつきの特技なので長所が違いますね。

5つめ。大将縛りがない。
これは地味にけっこう重要でデッキ構成の柔軟性が上がり良いです。
----------------------------------------
次に欠点。
風バフがつかなければ、夢見にはかわされます。武蔵にもよくかわされます。
風バフで瀕死の武蔵に当てたのをみた気もするんですが未確定。
ここはできれば確認しておきたかったですが適当な回想を見つけられませんでした。
風バフがつく前に武蔵が瀕死になって鬼回避することは多いですし、
風バフがつかないと瀕死でない武蔵にもよくかわされます。

欠点の2。この特技は特性上繰り返し出ることで真価を発揮します。
よってバフがつく前にやられるとどうしようもないです。
ある程度戦闘が長期化した時に活きる特技ですね。
鉄砲の行動順が遅いために開けた平原ではおそらく次郎の方が強いでしょう。
また平原は稀立花はさらに多いので、バフがついても固有で落ちます^^;
まあこれはしょうがない。

根本的な対策ではありませんが、山岳向きなので山メインに使うか、もしくは分断マップだと
射程の長さが生きるので平原でもいくらかマシになります。
移動しやすい、開けた平原向きの特技ではないですね。
----------------------------------------
総合的にいって鉄砲用の物理特技として優秀です。
ものすごーく、ぶっちぎりで、というわけではありませんがよく使えます。
鬼真壁がそのまま使う人が多いのに対して、移植率が全く違うので(でも9連敗したけど><)
伊達者は移植してかなり使われています。だいたい素材としての誉政宗も3万程度で
MC強化で20%は越えられますしね。

誉政宗自体のステも2.5火鉄砲としてなかなかでグラもよく欠点は相性くらいです。
移植して真価を発揮すると以前書いたのは今も変わらないですが、そのまま使っても
アタッカーとしてなかなかです。

伊達者は、鉄砲であるということ以外には伝授制限がないために応用力の広い
特技といえます。絆が広まればやや使いづらくなるかもしれませんが、
今後も広く使われていくでしょう。おすすめ。

使いやすさ:☆☆☆☆
おすすめ度:☆☆☆☆


ただし、絆が浸透すれば使いやすさもおすすめ度も
ワンランク落ちると思います。あくまで現時点での評価。

極利家は晴れ山岳でも「当たる時は当たるけど案外当たらない」レベルです。今のとこ。
まあ浸透したらしたで伊達者の値段が落ちるでしょうから値段なりには使えるままでしょう。
たぶん。きっと。
今から焦ってつける必要性は薄いとは思います。焼き討ちの値段が下がり気味ですし
伊達者5の誉政宗と、稀松永がだいたい同じくらいの価格帯なので。
焼き討ちは術攻撃のため絆で軽減できません。(3マス離れていれば百万石では減ります)

伊達ェ

おびきだせの待ちガイルで使う時はできれば複数狙撃系や遠距離攻撃できる猫が
いた方がいいです。基本動かないので。
スポンサーサイト
2013.09.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/252-2d5fb81d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。