趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回のヒキ:なんか黒いダスキンのハンドモップみたい
見覚えのあるやたらでかい頭の後ろ姿がっ!!

真打
いったい何ニャが様なんだー(棒

----------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>めいにゃさん
戦友さんに
「写真いっぱい撮ってきてくださいね^^」といわれたので、
いっぱい撮ってきました!
そしたらこうなりました!
容量の都合で途中から画質落としたらやっぱり引き伸ばした時粗さがぜんぜん
違いますね^^;

>sikaさん
>あしたさん
じゃあ今からわざとということにしましょう^^^^^^^

>東照大gon現さん
よしあきフェスタの件を知ってから、検索してイベントの予定なんかを見て、
土曜日の長谷堂合戦のイベントにひかれたのですが、天気予報が日曜のほうが
よかったので日曜に行きました。隣県だと予定をずらしやすいですね。
----------------------------------------
遠くからでもすぐわかるその着ぐるみ雄姿。

きた!のぶニャが様きた!

パレードの中団くらいにいたのかな。普通に武将パレードの写真をパシャパシャ
撮ってたんですが、なにしろでかいので遠目でもすぐに確認でき、正面に回りこみました。

いた。

いた。

のぼりを持っているのがニコ生でもみたハゲじゃないニャラキ氏でしょう。
別に隠れてるわけじゃなくて記念撮影の邪魔にならないよう基本あのスタイルのようでした。
パレードでの着ぐるみゆるキャラはべにちゃんとのぶニャが様の2人(?)で他は武者や
足軽姿の方でしたから、パレードに混じって行進しているとかなり目だって注目を浴びます。
シリアルカードも配布していたようで受け取った方から

「のぶニャが様?」
「かわいい!」
「のぶニャがの野望、知ってる!」


などいろんな感想が耳に入ります。
べにちゃんと比べると眼光が鋭いので一部のお子さんは怖がっていたようですが、
おおむね大多数の方には好評だったようで私も嬉しくなりました。

記念写真

キリッとした表情で記念写真に応じる我らがのぶニャが様。威厳を示そうとポーズをとるも、
長さが足りなくて腕が組めていないお茶目な姿^^

これ持ちネタなのかもしれないな^^;

影

腕を組むのを諦める図。この時昼過ぎでちょうど日差しが強くなり、影が差してなかなか
男前に見えました。しかしいかんせんご尊顔に掘りがないので
目にしたみんなの感想は「かっこいい」よりは「かわいい」になってしまうのでした^^;

写真撮影に応じてから少し時間が立ってから現場に到着したため、ほどなくして一時止まっていた
パレードが動き出し、ニャラキ氏がパレードの進行の妨げにならないようやんわりと断りを入れて
のぶニャが様はまた動き出しさっそうと去っていくのでした。

さっそう

お子さんに懐かれながら闊歩するのぶニャが様。たぶん視野角がかなり狭いんだろうなあ。
手をひかれつつゆっくり歩いていかれました。

P1000117.jpg

P1000116.jpg

お子さんを引き連れながら。

これぞまさに大名行列、かもしれない。
----------------------------------------
さてのぶニャが様が悠然と去られて一時退却とあいなったので、撮影中にスタッフの方から
パンフレットをいただいていた、最上義光歴史館へ足を運びました。
しかし「よしみつ」だと一発変換なのに「よしあき」だと変換候補にも出ないのが悲しい。


歴史館1

歴史館4

歴史館2歴史館3


入館無料。山形城跡の敷地は、今では公園になっています。手入れの行き届いた綺麗な公園。
館内は撮影禁止で、小さな歴史館でしたが、ボランティアスタッフの方がとても熱心に訪問客に
説明を行っており、私もお世話になりました。

山形の歴史と絡めた義光公の業績が紹介されており、使用された鉄棒や鎧、金細工の鍔や
長谷堂合戦で使われ散弾を頭に受けて弾痕の残る兜が展示されており、じっくり見入ることに。
駒姫の悲しいエピソードも紹介されており、宝カードイラストの平和な時が偲ばれます。
今回のイベントで、県内の方や観光客に義光公に親しみを持ってほしい熱意が伝わりますね。
----------------------------------------
再びKOEIブースに行くと、休憩を終えたのぶニャが様もお戻りになられていました。

P1000132.jpg

相変わらず腕組めてませんね。

人気

でも人気者。
のぶニャが様効果か、午前中立ち寄った時よりもブースも盛況に見えました。

老若男女営業活動するのぶニャが様。

営業活動に精を出すのぶニャが様。老若男女問わずお客さんとファンを集めていました。
ニャがのことは知らなくても、かわいいという理由でグッズを買う女性の方もいたようです。
私もお布施しました^^
他のKOEIグッズも売られていましたね。本家の新作のパンフがあったんですが、写真に夢中に
なっていたのとぱたぱたした日なのでもらうのを忘れていました><
リアルイベントに飛び込みで参加することで、少なくてものぶニャがの野望というコンテンツが
あるというすそ野は広げられているんじゃないでしょうか。

すその
のぶニャが様の山の形に見えるなだらかな肩マントみたいに。

ともあれ山形までニャがスタッフの皆さんもお疲れ様でした。
----------------------------------------
その後、ブースを離れしばらくしてまた足を運ぶと、もうのぶニャが様の姿はありませんでした。
私もおみやげのソバを買ってから、山形を後にし、昨日の夜に帰宅して記事に。

よしあきフェスタに関して。土曜日の長谷堂合戦は見られませんでしたが、天気も何とかもって
賑わいもあり終始穏やかな空気でお祭りが進行していたと思います。
武将隊の皆さんが気さくに写真を撮らせてくれて、市民や観光客との距離感の近いイベントでした。
お客さんも大勢訪れて、なかなか賑わっていましたね。

反面、「えいえい」「おうおう!」という鬨の声に対して反応が(私を含めて)薄く、
声を出す側も少し照れもあるようで、思い切り声を出して祭りを楽しむぞ!という熱気では
なかったかなとも思います。東北の気質もありますね。これは。
全体的に楽しかったですし、ニャがを通じてこのイベントに参加できてよかったです。
ニャがの告知を見なければよしあきフェスタがあることも知らず、当然行くこともなかったので、
ニャがを通して歴史のイベントに参加して義光公や山形の街を知れて好きになれたことは、
とてもいいことだなあと思いました。
義光公は普段はそれほどプッシュされていないようなので、今回のご当地イベントで
町おこしするのと同時に、県内の方にも人物を知ってもらうきっかけになったのでは
ないでしょうか。

仕事でも足を運ぶことの多い仙台だと、遊びに行くにしても観光という気分があんまり
しないんですが、山を越えての山形だと旅行とまでいかないまでもドライブと観光気分は
しっかり味わえますので、楽しかったです。
次は政宗様が宮城だな^^^^^^
----------------------------------------

アクリル

キーホルダーとトートバッグを買いました。最近記事にした稀ネネさんですね。
キーホルダーの作りはしっくりしていますが、鈴の部分が顔を隠してしまうのに気づかず
買ってつけてみた後に少し残念でした。
どちらもちと割高ですが、まぁキャラグッズですし観光の思い出として、お布施ですね。

宝まさにお宝

宝宝2穏やかな顔

そして、最後に宝カード。そのうち別の企画で配られる機会があるでしょうが、
今回のよしあきフェスタに行って楽しんできた思い出はただシリアルをもらっただけでは
作れないものなので、おおげさにいえばまさに「宝」として記憶に残ることになります。
武将隊や足軽隊の衣装の時代考証など、たぶん詳しい方がみれば突っ込み所もけっこうあったの
かもしれませんが、私は詳しくないのでゆる~く楽しんでいました^^;
今回のコラボに行ってみてよかったな~と、しみじみと思った連休でしたね。
スポンサーサイト
2013.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/261-62d55e01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。