趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
雪がすごいですね。
ハイパー雪かきタイムが発動しましたがこのハイパータイムは
心底いらない子だと思います。
疲れるので。

雪3
40-50cmくらいは積もったのかなー

昨日くらいまでの量ならばあ~降ってるな~くらいで済むんですが、
一番の冷え込みの上にどかんとした積雪だと手間でしょうがないです。
困ったなあ。

雪2雪
めんどい。
-----------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>さっき20分で4回も対戦したむたさん
今がピークでその後はまたしばらく落ち着きそうですが、子供の頃は雪が降ると無邪気に
かまくらや雪だるまや雪合戦、雪の中のグラウンドで長靴サッカーなどで遊んでいただけ
だったのが、大人になると車の運転なり雪かきなりで面倒ごとが増えてしまって
ちょっと降る程度ならまだいいですが、がつんと降られると対応が大変ですね。
正直だるいです^^;つ

>ガレリアさん
濃姫は値下がり傾向ですが自分で判断したラインよりは安く買えたのでまあいいかなと思います。
値段はもちろん大事なんですが、かけたNPに大しての結果がもっと大事なので。
カンスト近辺で買った猫よりも半額以下の猫の方が役に立ったりとかも普通にあります。
ものすごい飛びぬけた特技というのはめったにないのでデッキにいれた時の
組み合わせ相性のほうがより大事になります。
なので色々試して組み合わせるのは私も重要と思いよく試みています。
そしてやっぱりしょっちゅう失敗します^^;

ある程度は勝負できるデッキの形がすでに固まっている場合、それを越えた結果を出すデッキを
作るために猫を入れかえするのは、リスクもあってけっこう悩みますよね><
-----------------------------------------
昨日は新品の極を例にしましたが、今日はそれ以外の猫について。
そもそもお得な猫というのが抽象的な概念で人それぞれなんですが、始めてほどない方を
想定して予算別に何点か例を挙げます。
少し前の取引所で並んでいた猫たちです。

【ヒーラー編】

得陣
水属性の2.5コス、特技名「陣中見舞」で検索。

得ガ得ガ3

画像の日付は12月7日となっています。
だいたい1万前後から、陣中見舞5のついたヒーラーが並びやすくなりますが、
「特技完成」「修練終了」「価格割安」の3条件が揃っていたのが、画像のガラシャムでした。
陣中5/活法5/信義仁で、火切り80/80が、12000NP。

最初に書いた「お得な猫ってどんな猫?」の記事では細川が紹介されていましたが、同じ特技で
3万NPでした。これは時間の経過によるもので当時はあの値段でもそれなりに安めだったようです。
現在では1万~から、運がよければこのように修練と特技が揃った猫を買うことができます。

稀ガラシャムそのものは、特段目だった能力のヒーラーではありませんが、戦力がまだ整わない
方にとっては、必要十分の2.5コスヒーラーとして、活躍してくれるでしょう。
なお、大将起用の場合は信義を猫足にして使う方もおり、守護系が3つ目の枠のことが多いものの
猫足つきも時折取引所に見受けられます。
ヒーラーに限りませんが、特技がすである場合の値段は、信義>守護5>>守護4くらいの
ようです。


次に2コスのヒーラーです。

得陣2
ガラシャムの時の条件を2コスに変更して検索。

得ミ3得ミ2

はじめのほうからいるニャー長秀、ミャーゴ姫、蘭丸あたりが安く推挙されていることが
多いです。ガラシャムにもいえますが、能力や特技で上位互換の猫が数多く後発で実装されて
いるため、乗り換え推挙が多発しているのですね。
とはいえ、陣中5/活法5/信義揃って9999NPは、割安といってよいでしょう。
ハマるとどの特技も数万かかることもありますからヒーラーがいないなら買った方がずっと
安くすみます。

ミャーゴ姫は策が低いので、回復量が低めです。今ですと信玄や綾あたりと組んで策バフを
つけることで回復量アップを図ることができます。
陣中などの回復特技+活法などの回復上昇特技+守護などの味方をかばう特技の3点セットは
定番特技として優秀のために、ヒーラーにしばしば使われます。




【アタッカー編】

得智

これも多くのデッキに採用される、「2.5コス」の特技「智勇兼備」持ちで検索。

柴田2

画像日付は5日。柴田が出てきました。

柴田

智勇兼備、修練80で12000は安め…なんですが、恐らくはミスで水に1だけ降ってあります。
実は実用上の差はそれほどないんですが、見栄えが悪いし、自分で手放す時に売りづらく
なります。

水切り、風20で同じ特技の猫が、13000で同じ日に推挙されていました。
こういう「わけあり」の猫は、同等の猫より安めにしないと売りづらくなりますし、
安めにしたとしても、ちょっと高めの方が買われることもあります。
どっちをとるかは自己判断ですが、水に降っていない方を買う方が多いです。まぁ一例として。


「智勇兼備」の猫も陣中と同じくすごくたくさんいるので、検索時には絞り込んた方が
目当ての猫は探しやすくなります。
だいたい廉価で有用な完成品の猫は、1万NP前後から並ぶようになるのでこまめにチェックして
いるとたまによい猫が出ていますね。
また智勇の場合、まだ1万NP出すのも大変だ…という方向けに、自力で智勇を習得して
そのままでもぼちぼちに使える猫も増えてきています。
こちらは記事作成時に撮った画像です。

黒田

黒田セルカーずしげ。ちょっと変なイラストですが味があって憎めない顔です。
この猫は火3で智勇兼備を覚え、2.5コスなので能力も高いです。

黒田2

名前で検索すると、最安1900NPから推挙されていますね。このラインならかなり買いやすく
なっていると思います。これでも高いという方はなんとかがんばって貯めてください^^;
下のほうに2500で推挙されている黒田がいます。

黒田3

修練50まで上げて推挙されていますね。修練50までだと、どうしても上げきれない部分が
出るので、バランス振りですが、水修練はないですし、すでに50いっぱいまで上げきられて
います。ここまで上げる手間と時間が600NPと考えれば、ねこ戦記などで買ってすぐに使える
というのはけっこうな魅力ですし、これもまた割安といえるでしょう。
このクラスの猫がいればそれなりにねこ戦記も進めやすくなるはず
ですし、状況によっては
まだ画像の黒田のように火15まで上げられるほど建築が進んでいないこともあるでしょうから。


智勇兼備持ちの猫というのは、勲功を上げきってお米消費が激しくなってしまって、
使いづらくなり推挙する際にも、「智勇兼備という特技の伝授用」としての需要があります。
勲功を上げるほど伝授成功率は上がるので、売りやすくなります。要はモトをとりやすい
のです。
そういう意味でも黒田は智勇はすぐ覚えるし、使った後売れるのでおすすめできます。
上の修練50の黒田も、智勇兼備伝授用の推挙かもしれませんね。
開始からしばらくの間はこれらの猫が充分主戦力になりますから、しばらくは戦力の軸として
使ってしのいで、NPが溜まったら大将縛りのバフなどを追加していくとよいと思います。
スポンサーサイト
2013.12.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/285-813029bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。