趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やきう更新の時間だああああああ。
※ニャがの話題は全くないです。



クラブ


ファンクラブカードが届きました。

去年の秋、レギュラーシーズン終盤にKスタに行った時に、CSチケの先行予約が
できるという売り文句に惹かれて、2014年度分に入会していたのが最近届いたんですね。
ついに選手達の姿から田中が消えて、嶋が真正面になりました。
最大のスターであった田中が抜けたことで、球団がプッシュしたい選手、人気の選手というのが、
嶋を中心としながら群雄割拠になっていくでしょう。

上から則本14、銀次33、美馬31、藤田6、AJ25、嶋37
たぶん岡島27、松井稼7。


田中18、マギー3、鉄平46…などが退団。

鉄平、山崎、小坂と田中、あたりを応援していたんですが、皆いなくなってしまいましたね。
渡辺や内村や高須や草野といった応援歌をよく歌っていた選手もすでに退団。
山崎が退団した2011年に楽天の最初の歴史が終わったなと(ボロボロ泣きながら)思ったものですが、
2013年のリーグ優勝→日本一→年明けて田中のメジャー挑戦によって、2つ目の歴史も
締めくくられたように思います。
このあたりはファンによってももちろん個人差があると思いますけどね。

2009年の2位での初CS進出と野村監督の退任/札幌ドームでの胴上げも、
当時KスタのPV観戦で呆然としていたのでそれはそれは思い出深いのですが。
私にとっては山崎退団の方がよりインパクトがでかかったようです。
今年からは第三部リスタートという感じです。
----------------------------------------
なるようにしかならないと静観していた田中の移籍問題、それにマギーの退団。
楽天球団としては20億はあまりに買い叩かれすぎだな~と残念ですが。
今年がどうみても移籍のベストタイミングでしたし、田中には感謝しかないので
メジャーでも胸を張って成績を残してもらいたい。
田中一人の力で優勝したわけでは当然ありませんが、中心選手だったのは
誰しも認めることなので。
ファンにとっては恩人ですね。

一方フロントはもらえたはずのお金で色々と皮算用していたんでしょうが水の泡に。
それでも、今年ポスティング代と同じくらいの20億という金額をかけて、
球場を拡張してくれるそうです。ありがたい。
仙台と宮城の規模では拡張しても毎試合満員とはいかないですが、準備はしておかなくては
いけません。
それに、去年は雨などで秋の優勝争いしていた時期にお客さんを、高いチケット料金の
時にうまく集められず、運もなかったです。今年はうまくいってほしいです。
(楽天は試合によってチケットの値段が変わり週末は高く平日は安いことが多いです)

2013年の田中の成績。
28登板、212回、24勝0敗1S、防御率1.27。

2013年のマギーの成績。
144試合、.292、28本、93打点。守備もうまい。

この2人の穴はとてつもなく大きく、埋めるのは容易ではないです。
というか田中に関しては無理です。

各自が負担を分担して少しでも穴を小さくするしかないのです。

野手にユーキリス、投手に松井(ルーキー)が加入しましたが、田中とマギーの
成績を2人で上回るのは非常にきつい(特に松井は絶対無理)なので、
あともう2、3人くらい先発投手が伸びてこないと、だめでしょうね。

打撃がよくて守備もうまい選手がサード5番に固定できた、というのはとてもありがた
かったのですが、ユーキリスは体の状態でサードを守れるかわからず、銀次がサードを
守ると、松井稼の衰えと併せて内野守備がかなり不安定になってしまうので、心配です。
ユーキリスがサードをきっちり守れればベストなんですが…。
銀次サードはあぶなっかしく、田中も内野守備にかなり助けられたので、綻びになりそうです。
----------------------------------------
統一球の煽りでの打撃成績低下と、田中が圧倒的すぎたこともあって、なんとなく楽天は
貧打で投手のチームのような印象もありますが、実際は2013年は打のチームでした。
田中と則本以外の成績が酷い。


田中が抜ける以上傾向は今年もおおむね引き継がれると思います。
要するに頼りない投手陣を野手が点をとってヨレヨレのリリーフでどうにかこうにか
勝つ形です。

あんまり勝てる気がしませんが^^;


ストッパー候補として元SBのファルケンボーグを獲得したので、去年それなりに相対的に
成績がよかったリリーフPは開幕にはいなかった人が多く、いくらかはましになるでしょう。
先発が問題で、今のところ幸い怪我人はいませんが、どんぐりの背比べから
せめて2人、できれば3人くらい出てきてローテに定着しないと今年も焼け野原になりそうです。
2年目の森、ルーキーの松井にそれなりには期待してますが荷が重い。
20代の大学・社会人のドラ1グループがもっとがんばらないといけませんねえ。

2013年のストッパー、ラズナーの成績
37試合、1勝2敗17S、防御率3.35(※怪我で秋以降CS日シリ含み出場できず→退団)

2014年のストッパー候補、ファルケンボーグの2013年成績
41試合、0勝4敗10S、防御率2.04(※あまり連投が利かず、サボりぐせあり)

シーズン後半以降は、ポストシーズン含めて、正規のストッパーなしの日替わりで
やりくりしていたので、ベンチワークの苦労も忍ばれます。
----------------------------------------
ヤフーで2013年の成績を眺めると、野手はまあいいとして、要の投手がほんとに
酷い有様で、よく優勝できたな…、と半ば呆れますが、2014年もぜひ、がんばってほしいですね。
できればAクラス、あわよくば優勝…、と密かに期待しますが、まあそんなに都合よくも
いかないでしょうから、今年はのんびりと応援したいと思います。
日本一になった翌年でも、楽天はBクラス予想が多く、それは田中の退団を考えれば
無理からぬことではあるのですが。

勝負事は強いチームが勝つのではなく、
勝ったチームが強い
 ので。
----------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>みやびさん

結局創造はまだ買ってませんが、帰蝶は姫枠でご出演しているんでしょうね。
濃姫は、おまけのはずの武将がこんなに強くていいのか?と思うような高性能ですね。
あまりに数が増えすぎたので、あえて使わない選択をされる頭領さんも、
増えているようですが。
ゲームそのものも、評価はともかく売り上げもよかったようで…。
ニャがもですが、本家から派生したいろいろなシリーズの展開もはかどりそうです。

あの酔いどれ一応確かに親戚なんですよねえ^^;
しかも結構近い親戚^^;
スポンサーサイト
2014.02.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/312-1c1019d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。