趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
(※合戦前に下書きしてたので更新日付8/30になってますが掲載は9/4の記事です)

9月1回目の合戦は東西ともに3日で終了。三増峠はちょっと武田と北条の勢いの差が
あまりにもありすぎて、武田側の方は相当苦労なされたようです。

槍い

お月見の練兵所がもらえる課題の中に、全力出陣10回というものがあったので
おかわりして全力でいった結果、2日目に久々に七本槍に入ることができました。
TOP3の黒帯で名前が出るところにまったく名前が出てこなかったのでこりゃ無理かな~と
思いつつやってましたが、5番目になんとかひっかかってくれ、誉3枚もらえました。
全力出陣の定着した今は、おかわりなしでの槍は、不可能でないにしろ以前よりも
格段に難易度が上がったようですね。

鉄砲デッキに舵を切った今回は、一度も寡黙極景勝が入らずひたすら鉄砲隊で出撃して
いました。挑発の壁役にもちょうどよさそうな景勝ですが、ぶっちゃけ使い飽きた ので
ちょうどよかったです。
まぁ、雨平原とかに出ることが増えれば使うんでしょうが、値段が反発気味なので
その前に売っちゃうかもしれませんね。
------------------------------------------
メンテ後全国をやって、属性別にこうなるんじゃないのかな~という予測を立てていたものを、
合戦後に少し手直しして掲載したいと思います。
あくまで予測ですのであしからず。



相対的に価値が上がりました。覚醒すれば挑発されても
比較的ダメージが通ります。

風と比べた時の命中率の低さは挑発で一定のところまではカバーできるようです。
攻撃される側になった時の命中、回避は風に劣ります。
地の数値が風より高いことが多いのでバフをかけて耐える形になるでしょう。
ドラクエでいえば戦士。 age気配

百
(=①ω①=)m9<どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。



はっきりと価値が上がりました。これからはデッキに1匹
地武将が常備されてもおかしくありません。

風武将の時はわかりませんが、策武将が修正強化された時と
同じ追い風を感じます。

全国対戦では1コスから3コスまで幅広くテストされているのを確認しました。
高コスだと挑発の割合が高すぎるかな…とも思えますが調整直後のため最適なコスト域は
今後こなれていくと思います。

個人的には1.5か2コスがよく使われて、コストカットを考えるならば固有特技を
移植する前提で1コスもありなのかなという印象。(脆さは難ありですが)
地武将の挑発で特に影響を強く受けるのは風と策です。
両方強い属性としてみられてきた2つですね。
挑発は必中ではない点に注意すること。   
完全にage、さらに恐らく今後も追加特技に期待できる
ドラクエでいい例えが思いつきませんが最前衛で盾2つか両手で盾持ってるような人です
奥義以外のダメージソースにはならないことが多いのでアタッカーは別に必要

なお眼力ボンベイですが非常に使えます。
移植狙いであっさりと完全に枯渇した檄文には負けますがおすすめ。
檄文を修正前に移植できている人は勝ち組かと。

ガン力
良いです。



挑発されると回避と与ダメージ量が目に見えて落ちます。
アタッカーとしては火にだいぶ追いつかれそうです。挑発解除の技能がほとんどないので
今後しばらくは逆風になるでしょう。

奥義等の状態異常に対して有利、挑発も当たったりかわしたりという状態なので
(風が高すぎて地が強化されてもなお当たらない)
いきなりまったく使い物にならずポンコツになるということは、ないです。
ですが水1風4みたいなデッキは、挑発強化によって今後減少を余儀なくされると
思います。特に術デッキなどでは、地武将を2匹以上入れての複数挑発が模索される
でしょう。その時に今まで通りの速攻ごり押しデッキがまかり通るかは難しいと思われます。
はっきりとsage気配 ながら相対的に弱くなるのであって、
長所は長所として生き続けるでしょう。
デッキカラーに応じて火武将と使い分けが増えます。ドラクエでいうと武闘家。
挑発が増えるのは間違いないのでいくらかは極立花夫妻の脅威が薄らぎそうかな。
地武将が入ると物理系デッキは代わりに補助系の風か策どちらかが弾かれる
パターンが多いと思われます。

けづくろう
まだまだ生き延びる道はありす。



水属性は昔から治外法権みたいな属性で、ヒーラーですので他がどうなろうと合戦では
ほぼ必ず1匹は入り不動のスタメンを確保しています。これからもたぶん変わらないでしょう。
属性全体でいえば低コス化の傾向が進み、割くコストは2コスまでが増えました。
総合的には極ガラシャムが相変わらず最優秀っぽいですが、
この猫はデバフがかけられた時に真価を発揮するので
火バフをかけた物理攻撃が通ると以外に脆いこともあります。

1.5コスでも浪切と艶花+固有特技を移植したりすることで充分に実用に耐えるため
地武将に割くコストとの絡みでいくらか1.5が増えるかもしれません。
ドラクエでいえば僧侶。 地武将に回復特技修正でもつけない限りは今後も変わらない役割でしょう
いつもどーりでいままでどーり。

あと美貌が今後流行りそうなので
デバフ反応の極ガラシャムはやっぱり有利
です。
若御台は一応挑発解除できるんですが…。それのみ目当てで使うとたぶんがっかりするかも。
1.5誉ガラシャムに湯漬けと若御台移植してますが、たいてい湯漬けの方が使えます(追記)

まんかか
メインヒーラーがまんかかさまになっていったいどれくらいたったんでしょーか。



地味にきつくなりそうです。挑発されると術攻撃の発動が落ちます。
なんか脳筋っぽい動きになるんですが地武将が弱い時は挑発がほとんど使われなかったので
目立ちませんでした。これからは目立つはず。
逆に術デッキに地挑発武将をカベとして入れる比率もぐっと上がるんでしょうが、
術デッキ同士のミラーマッチになると、挑発がかかってしまうとすごくgdgdした泥試合を
みせられることになりそうです。
対挑発には火を上げて殴る方が早い(ように見える)ので多少不利かなと。
ドラクエでいうと魔法使い。 sage気配

それから美貌稀お市と擲弾稀濃姫は修練が進む
下旬の合戦では使い手が増えてきます。
まだ今回はそれほど対戦しませんでしたが、多くの物理デッキに
食い込んでくるでしょう。(追記)


ころく2
術デッキはともかく物理デッキの弾除けとしての稀小六は、稀お市と入れ替えになる
ケースが増えるはずです。



いっぺんにどかっと変わるのではなく、じわじわと進んでいくと思います。
たとえば挑発効果で回避が下がるために風足軽と組むのが、半蔵から鬼島津に
戻りつつあったりとか。
ずいぶん長く使われてきた稀小六が稀お市にチェンジされたりとか。
半年に一度の流行の変化の時期かもしれませんね。

スポンサーサイト
2014.08.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/318-d146d35f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。