趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
帰蝶ニャン/濃姫ニャン

元々初期から極/濃姫がいましたが、極猫の中で唯一、
固有特技を覚えない(半ユニークの内助のみ)猫だったため
「ただ光ってるだけ」とまでいわれたかわいそうな猫でした。

ただヒカルだけ
キラキラしてます。

極の修正はステータスアップでなく固有特技の強化によって
行われるため、濃姫は不遇なままでしたが、代わって稀として出た
帰蝶ニャンが、実装後から長く活躍することになりました。
極より稀の方が強く、よく使われていますね。

娘さん
いぶし銀なリメイクで見事なリベンジです。しかも若返(ry

2.5コスの策猫で、固有は父親である稀ドラの正反対の効果を持つ
「夢見鳥」です。大将縛りの全体バフで、策アップ+レジスト率アップです。
後者の効果が非常に強力で、状態異常の抵抗力がぐっと上がるだけでなく
「物理攻撃特技や火系奥義、命中判定のある効果」を高確率で
回避・無効化します。(ただし通常攻撃は除く)この効果は稀の2.5コスとしては破格で、
最高級のレジスト性能といえます。喝破されても、先に消えるのは策からのため
1度ではレジスト効果がかき消されないのが優れた点です。

欠点。マムシ、両兵衛などほとんどのデバフ技能をシャットアウトできる
夢見鳥ですが、極元就の陰徳は通ることもあります。
また欠点というより注意点ですが、帰蝶そのもののステは特別高くありません。
夢見は支援位置なら高確率で発動しますが、発動しなかったり、効果切れの
タイミングで物理特技を受けると、あっけなく落ちることもあります。

全属性で最も優遇措置の取られている策猫ですし、2.5コスのため編成が
しやすく使用者が多い猫です。優秀ですが合戦よりねこ場所向きで、
合戦では火バフのかかったアタッカーの通常攻撃でやられるパターンも多いので
守護や援護、地バフなどでケアして使うのが良いでしょう。
稀なので値段がそこまで高くもなく、比較的買いやすい部類に入ります。
火/地が上がらないので、合戦ではそのまま使うとそこまで強さは感じられないかも
しれません。ある程度ゲームに慣れた方が工夫して使っていく猫だと思います。

帰蝶ニャン評価
使いやすさ:☆☆☆ 合戦/賊狩りの評価、全国/ねこ場所なら☆4つ
おすすめ度:☆☆☆ 強いですが初心者にはおすすめしません。特技を使いきれれば、稀お市が
             席巻していた時期を除き、ねこ場所と全国対戦で長きに渡って最強クラスです。

特記事項:特技の強さ ☆☆☆☆☆ 
全猫でも数少ないレジストアップ効果が非常に強力なため、移植用としてもしばしば使われます。


邪推ですが帰蝶ニャンの状態異常抵抗効果の成功を見て、二匹目のどじょうとばかりに
稀お市で奥義に極めて強くしたような気がします…。発動よすぎましたね、あれは。

濃姫ニャンも、智勇・陣中・援護で活躍した時期もあったのですが、回復仕様の変更もあり、
決して全くみないわけではありませんが、帰蝶の方がしばしば見かけます。
平均型のステなので回復力が高くないのがマイナスになっています。
初期からの武将は、ステを始めとして多くの面で割りを食っていますね。
水の2.5コスは激戦区のため、秀でた特徴や特技のない濃姫ニャンには厳しい状況のようです。

濃姫ニャン評価
使いやすさ:☆☆ 可もなく不可もなく…。援護射撃3まで自力習得。
おすすめ度:☆  他に良い猫が多いので、ライバルの中で埋没しがちです。厳しい。
スポンサーサイト
2012.12.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/42-bbb9a3b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。