趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
特技や奥義の中には、使うために条件が設定されている
ものがあります。代表的なものが大将縛りです。

使うための条件が0~1ならば、それは使いやすい特技です。
問題なくデッキに入れられます。

条件が2つ以上になると、合わせるために苦労することが増えます。

あまりありませんが3つ以上では、発動率がよくない限りは
使うべき特技ではありません。ただし、発動率がよく、かつ効果が
高いのならば、きつい条件をクリアしてでも使う価値があります。
要は苦労に見合う結果が出るかどうかが重要です。
-------------------------------
具体的な例を出します。信玄は甲斐の虎で、火地策3つの能力を
上げることができます。使うためには、「大将縛り」が必要です。
そして、必須ではないもののこの特技を生かすためには
できるだけ騎馬を揃える必要があります。(回復役くらいは騎馬以外もあり)
そして、騎馬デッキはなるべく平原で使うべきです。

「大将縛り」の必須条件に、「騎馬縛り」「平原縛り」という
できるだけ満たしたい2つの条件も加えれば、3つ条件が必要になります。

果たして信玄はそこまでして使う価値があるのか?というと、あります。
固有移植なしでも、合戦で雨平原に張り付ければ七本槍や十傑に
今でも入ることができるだけのバフ性能です。
もちろん張り付いた陣に、信玄に強いデッキを持った敵陣のランカーが
いれば話はまた違いますが、ともかく信玄の固有は優秀です。
前提条件が厳しい分、値段と比べればまだまだ実用に耐えます。
-------------------------------
対して、信玄よりも見かける機会の多い謙信は「大将縛り」さえ満たせば、
あとはどの猫を使おうと自由です。本人が騎馬なので平原の方が強いですが、
他のアタッカーでカバーすれば、信玄の騎馬デッキほどには山岳での
使い勝手は悪くなりません。(平原の方がもちろんいいんですが)
回復猫も騎馬以外でも問題なく火地バフがかかります。

その代償として、喝破1度で謙信は火バフが剥がれてしまいます。
兵種縛りの使いづらさを考えれば妥当な差ですが、特に対PC戦では
この差が小さいようで大きく出ます。
-------------------------------
信玄と謙信でどちらが使いやすいかといえば、それは間違いなく謙信です。
ですが、多くの条件をクリアした上で、力をもっとも発揮できる戦場で使った時に
強く結果を残しやすいのは、おそらく信玄になります。
(元就がピークを過ぎ減りつつあるのも追い風)
値段も信玄の方が安いですね。

デッキに組み込む猫は、コストが増えれば増えるほどに、勝つための決定的な
仕事を果たすことが要求されます。使う特技のリスクとリターンをよく理解した上で、
どんな猫を使っていくのか試行錯誤しながら決めていくことが大事だと思います。
スポンサーサイト
2013.01.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/52-674d856a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。