趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
何度か触れた内職について少し詳しく。
ニャがにおける内職とは、需要の高い特技を覚える猫を
未修練またはそれに近い状態から、特技を覚えるLvまで
修練し、特技を習得した後に推挙して売り、利ざやを得ることです。

NPくじで出て、普段取引所で200-300で買えるシャムづ義久は
地12→策12と修練することで、策士を覚えます。策士は1000NP
以上で売れるので、仮に200で買って1000で売れば、手数料を
差し引いても650NP儲かります。

地と策を12まで上げるのには、珠も時間も必要なので、
NPがあって時間をかけたくない人は、高くても取引所で策士を
すでに覚えた猫を買い、伝授に挑戦します。
つまり、内職とは育成の手間を代行することで買い手から
手間賃をもらっているようなものです。

内職の対象になる特技は数多くありますので、自分でくじを引いた際に
パッと見の能力が冴えないからといって、すぐに捨て値で手放してしまうよりも
きちんと特技を覚えさせてから売れば、相応の値上がりが期待できます。
取引所で特技名で検索すると、何がどのくらいの相場なのか、
高く売れる特技が何なのかわかります。

基本的に内職で得られる利益は、かかる時間と比例します。
元手がなくてもできるかわりに、地味で地道な作業といえます。
激しく地味ですが。
合戦やねこ戦記のような、珠がふんだんに入る時には「ながら」で
行うことができるので、稼ぎのメインにするには苦しいですが、補助として
コツコツプレイできる人には、堅実に稼げる手段なのでおすすめできます。


<内職のメリット>
☆NPが稼げる。
☆不要な猫を、そのまま推挙したり、解雇するよりも高く売れる。

<内職のデメリット>
☆時間と珠がかかる。
☆修練中と、推挙中に枠を内職しただけ使う。
  売れなければ枠を潰したままだし、売れる前に
  他の猫の内職を始めると、当然それだけ枠を使う。

台子

ほんニャみ光悦が風4地4で覚える台子点前を、地の茶人である細川に伝授。
確率は56%程度です。強化費用はかかりますが、売却価格は倍以上になります。
二段階移植はリスキーなので、普段はめったにやりませんが。
スポンサーサイト
2013.01.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/67-68f3c743
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。