趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
出陣する武将の総コストは10以内に納める必要があります。
コスト別の特徴や使い道など。コスト1の猫は1コス、コスト2なら2コスともいいます。

1コス
もっとも軽量級なだけに、能力は全体的に低いです。初期能力だけを見ると
初心者の方はどうやって使えばいいのかわからないかもしれません。
1コスの武将は、総じて他の高コスト武将のサポートをする役目を負います。
サブ守護、補助、サブ回復などですね。主役にはなれませんが脇役として
いい味を出してくれます。ゲームに慣れてくると1コスで使える価値がわかってきます。
数は少ないですが以前書いた佐久間のようにアタッカーにもなりうる猫もいます。
代表武将:足利ロシアき、毛利ペルもと、さくミャ盛政など

1.5コス
1コスから0.5コス増えると初期能力はかなり上がります。このクラスの猫は
一芸特化の能力を持った猫が使いやすいです。逆に平均的な能力を持つと
器用貧乏になりがちです。(1.5コス以外にもいえますが)
後述の理由から回復役よりは、攻撃特化、防御特化の方が活躍しやすいです。
月に一度、武将追加される際に2コスに匹敵する能力を持った猫が実装される
ことがあり目玉となっています。火の高いせニャは多くのデッキで採用されています。
代表武将:せニャ、ミィよし長慶、山田ニャがまさなど

2コス
2コス以上の水武将は、回復特技を持たせると使用率に上昇補正がかかります。
これはコストがあがるごとに使いやすくなるといわれていますが運営から正式な
アナウンスがあったわけではないので参考程度に。
この理由から2コスは水猫に回復を任せることが多くなります。
アタッカーとしては2.5コスに及ばず、純粋な壁では1.5コスに任せたい、
また追加される1.5コスに優秀な猫が多く影が薄くなりがちな面もあります。
代表武将:安岐ニャン、お初ニャン、佐々ニャりまさなど

2.5コス
出陣部隊の中で主力になります。ほとんどの部隊で1匹は入っていることが多いです。
2匹以上採用されることも珍しくなく、2.5の4匹編成も見られます。
それだけコストと能力のバランスが良く使いやすいといえます。
ただ2.5コスを複数入れると他のコストで優秀な猫を入れづらくなる側面もあり、
部隊の総合的な強さは組み合わせによって決まるのでただ漫然と入れるだけでは
真価を発揮してはくれないでしょう。ともあれ、優秀な猫は非常に多いです。
代表武将:かニィ才蔵、柴田キャッツいえ、へチカンなど多数

3コス
現実の戦国時代で大名として名を馳せた武将が中心であり、全て「稀」以上のレアリティで
あり、2.5コスが前線の中核ならば3コスは司令官や大将としての役割を任されます。
多くが全体バフ(全体に効果のある補助特技)をはじめ非常に強力な特技を持つのが特徴。
能力や値段もコスト相応に高いです。3コスの育った猫を組み込めるようになれば、
部隊の強さは確実にワンランクアップするでしょう。
代表武将:上杉ニャンしん、雑賀ミャーゴいち、おミーちの方、織田のぶニャが

4コス
もっとも重いコストです。能力はもちろん高いですが、重すぎて使いづらいです。
起用する場合には4匹構成もかなり多くなります。能力に対して値段が安いことが多く、
取引所で強く安い猫を探すなら目に留めやすくもあります。
当然売りづらいですし、他の猫との組み合わせに困ることも増えますが、
もっとも能力が高いため組み合わせの妙を楽しめるともいえるでしょう。
代表武将:ニャンの利休、本願寺けんニャ
スポンサーサイト
2011.11.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/7-9241f4c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。