趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
特に合戦で重要になることですが、地形地形/天候を意識して
デッキを組むことで対人戦をメインに勝率の改善を図ることができます。
自分のおさらいもかねてイベント別の特徴をまとめました。
---------------------------------------
合戦/ねこ戦記
・連戦によって敵も味方も兵力を消耗していることがある(合戦はNPCは兵力フル)
・NPCは場合によってコスト、能力、兵力の壁を越えNPC専用固有を使うことがある
・奥義を節約できる特技、一撃で大将を落とせる高火力特技が便利
・火地バフ(デバフ)が重要、対人戦は喝破が必須に近い
・火の高いアタッカーと味方をかばう守護と援護
・理想は全体回復があると連戦に耐えやすい

大将向け:政宗、極マムシ、武蔵、信玄など高火力または敵火力を抑えられる猫
アタッカー:柴田キャッツいえ、稀立花、吉法師など火力が高いもの
奥義:鎧通し、陥穽、侍魂、幸若舞などの短時間で作れ効果の高いもの
    ただしバフ系統の奥義は喝破されることを前提に使うこと


晴れならば政宗が戦績を安定させるのは難しいものの格上にも勝ちやすい。
高火力、高発動で一撃で勝負を決められる典型。
おそらく射程が長いため射程1効果1の瓶割りなどより
(敵を射程にとらえやすいので)結果的に発動しやすくなっている。投石と同じ現象。

雨平原ならば信玄の騎馬デッキ
晴れならば政宗の一発逆転デッキ(竹束注意
手持ちの組み合わせで対応できる謙信の汎用デッキ
などが使いやすい

合戦用

山岳合戦用。晴れしかないと政宗に何度もボコボコにされます…。

( =●ω①=)m9<どーん!
( =●ω=)m9<どーーーーーん!!
( =●ω~)m9<どどどーーーーーーーーーーん!!!

ああトラウマ…。
義姫に刀狩りがついていますが、刀狩りは必中ではないので案外当てになりません。
もちろん弱くはないんですが。お守りのようなものです。
鬼島津は色々あって今も使っていますが、趣味猫といわれてもしょうがないです。
喝破1発で火バフが消されるし…。発動率がいいのが救い。使いやすい猫ではありません。
正直対人戦で特別強いデッキではないです。改善を模索しています。
---------------------------------------
ねこ場所/全国
・敵も味方も必ず全員の兵力が1000で始まる
・奥義の効果を引き上げられる(被害を抑えられる)特技が便利
・奥義消費がない関係上、奥義が勝敗を分ける比率が合戦よりも高くなる
・そのためなるべく相性のよい猫同士でデッキを組んだ方が良い
・地徳策バフ(デバフ)が重要
・対戦すべてが対人のため喝破/伝令のある策猫、伝令のある風猫が重要
・うわばみなどデバフ対策も重要になってくる
・帰蝶が大将の最右翼だったが今後必中のデバフに対してどうなるか?

大将向け:帰蝶、家康、稀マムシ、稀お市など策バフ/デバフをもつ猫
アタッカー:稀立花、稀松永、吉法師など火力が高いものはねこ場所でも有効
奥義:陥穽、干し殺し、闇討ちなどの汎用Lv3奥義に加え車懸かり、啄木鳥、
    下克上などの範囲や威力や効果に突出した大名奥義



番付が上がるほどに帰蝶の割合が増え、火力重視から奥義重視になります
両兵衛など移植もみかける機会も多いでしょう。火を上げた猫を1-2匹に、あとは回復や
支援という、奥義寄り・地策徳重視の火力+奥義のハイブリッド型デッキが強いです。

全国用

全国対戦の晴れ用デッキ。右上は地形と天候で、先駆け投石トイガーやくだんの虎之助とチェンジ。
合戦用と比べ相性を重視します。発動率のよい特技が好きなので、応用力といいますか
特技に底力のあるマムシをメイン大将に使います。帰蝶は苦手…。
利休は甲州移植品を買いました。(義姫も買いました)劇的に勝率は上がりませんが、安定します。
以前は合戦も全国も伏兵をよく使うので奇襲メインでしたが、今は守備を重視が多いです。
合戦は両翼もよく使います。回復が極お市→まんかかだったので、固まる突撃でなく
バラける両翼でも回復が届いてくれるためです。
以前にも触れましたが私は援護より守護が好きなので、佐竹は援護でなく信義です。
合戦でも全国でも、援護頼りのデッキはあまり組みません。安定重視。
---------------------------------------
イベント別に猫を使い分けられるようになると、それだけデッキの質と数も
向上していると思います。得意地形を作るのは大切なことなのですが、
合戦で山岳が好きで得意でよく行くと、同じく山岳好きなPCとよく当たって
平原好きな方とは数をこなしてもちっとも当たらなかったりします。
毎回平原も山岳もある合戦場ばかりではありませんが、そのあたり個々人の嗜好が見えて
面白いです。
スポンサーサイト
2013.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyan2nyan2nemui.blog.fc2.com/tb.php/81-3992c9b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。