趣味のことを気ままに書き並べていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久々にさらっと更新。

城攻め。
久しぶりに参加してます。

今、2日目の最後の出陣が終わったとこなんですが、
攻めで5戦4勝うち3回自分で大将を撃破。
守りで1戦0勝。

こんなに攻めで勝てたっけかな??


いや、いいんです勝てても。
攻めで優勢だとチャットも盛り上がることも多いし。

ただ参加人数とかを見てると、攻めの方がだいたい多い参加数なんですね。
クーポンもらえたり米の消費が緩やかだったり、メリットは確かにあるんですが。
ボスが弱くなったというよりかは攻めにアクティブな人が回るようになって
落としやすくなってるのかな。

大将の氏康も3回撃破しましたが、全部優勢勝ちでカチコチ状態の挑発連発を
倒してるわけではなく、おともをみんなで削った後に、10Tで粘り勝ちしています。

初日、1回守りに入った時はアクティブな方が味方に少なくて、罠を張ったりして
粘りましたが押し切られてしまいました。
やっぱりなんとなーく攻め側に人が集まってる実感があって、私も勝てるなら
攻めの方がいいのでそっちに多くいってます。
守りに強い方がいるとすごく苦労するんですが、それでもなんだか押し切れますね。

城攻めは最初からずっといってますがバランス調整の難しいイベントで、
だんだんと報酬が甘めになってきた今でも唯一、イベント上位でも1枚しかカードが
もらえません。
もうちょっと釘を緩めてもいいのかも。
以上、久々に考えなしのままとりとめもなくつらつら思ったことを書きました。

ギリギリ。

引き伸ばしとかでなく、純粋に時間ギリギリに辛うじて削りきれるととても楽しいです。
北条げんニャンが河越の夜襲を使って邪魔してきますが、氏康自身は味方のバフに対して
無反応なので、バフで準備してから戦えるのが案外でかいのかもしれません。
確か前も安土城の信長よりは、ボスが倒しやすかったような。
鉄砲デッキで捨てガマリを使った後に、Lv3術奥義を当てるとゴリゴリ赤字で4桁削れて
面白いです。

報酬報酬2

1戦で巫女カード10枚ももらえるのはかなり大盤振る舞いなんですけどね。
仕様変更でねこ巫女カードが器量上げに使えるため無駄になりませんし。
報酬カードも振る舞われると、さらに嬉しい。
2014.09.08 / Top↑
2013年8月30日、極ガラシャム実装。










ついにきたーついにきたー2

2014年9月6日、極ガラシャム登用。


ついにきた極ガラシャム!!


これは嬉しい。とても嬉しい。
たぶん19時40分くらいに推挙してくださった

やさしい2

鉄砲デッキにしたところで突然きたのでどうしようとか、そろそろ新たな挑発解除の全体回復
ヒーラーがくるんじゃないか(それも1.5コスで)とか、夢のない考えも頭をよぎるんですが。
それはそれとして、ずっと欲しかった猫なので、やはりありがたいことです。

また模索する楽しみができました。
手さぐり状態の時の方がルーチンワークになった後より楽しいですね。
2014.09.06 / Top↑
また今日も討鬼伝を買う仕事がはじまるお…。

あ、初週9万本(psp・vita併せ)だそうですはい。
------------------------------------------
ブログコメありがとうございます。

>むたさん

ふーむ

でもひょっとしたらひょっとするかもなあと思わなくもないですが。珍だから覚醒楽だし。
挑発のダメージカットもでかいはずなので兵力×2でもいい気がするし。
がんばれ^^
------------------------------------------
修正と追加カードの影響を受けてこんなデッキが増えてきた、
または増えるんじゃないかな、という解説と予想です。

① 両翼物理デッキ
物理

翼の片方にお市が入って、デバフで物理を通しやすくして、アタッカーで倒すタイプ。
両翼に限らず今までの防御位置って、割と他属性とかが入ってしまうことが多くて
配置できる陣形は妙に多い癖にそれをあまり生かせなかったとこがあります。
地武将がようやく修正されたので、壁+挑発を生かすために最前列の防御位置にして
敵に近い分1Tから発動を期待できます。
全体回復か遠距離回復ができないと、陣中の範囲では両翼に回復が届かずに
合戦だと連戦するほど、アタッカーが消耗しがちなので、範囲回復をメインヒーラーに
使う方は、突撃陣形をチョイスすることが多いようです。
この陣形に限りませんが、敵の回避率を落とす手段が出てきたので平原での
豪勇稀宗茂の評価がいくらか持ち直してきた
ようです。
騎馬なのでお市を置いてけぼりにしがちですが。
このデッキの場合大将に稀濃姫なので、兵力覚醒させて何かのバフを移植したい感じです。
ぼた餅がいるのでどちらかというと山岳向け。


②突撃物理デッキ
物理2
こちらなら金蘭や水運の父、のどかや湯漬けなどのそれほど高額でないヒーラーでも
移動距離さえ合えば、全員に回復できることが多いです。味方が近くにいて、回復したいのが
1、2匹だけの時は全体回復のうまみは少ないですしね。
突撃陣形だと風の回避がさらに伸びるのでこれまではよかったんですが、
挑発による回避低下が入るようになって、挑発はかわせても美貌もいるので、他の陣形に
シフトする人も増えそうです。(奇襲で右上伏兵とか)
後、攻撃位置4つに支援1なので防御位置はないです。


③ヒーラー大将物理デッキ
物理3ヒーラー大将
これは、両翼でも突撃でも、あります。
一番後ろにヒーラーを置いて大将にします。単純に一番後ろなので攻撃が届きにくい。
ヒーラーでなくても大将を一番後ろに置くこともしょっちゅうあってけっこうポピュラーです。
ヒーラーが大将の場合、松風や狙撃系で、大将に攻撃が
届いてしまい、かつそれを複数攻撃含めてかばえない
(かばう手段がない)と、かなりあっさり落ちます。

(※地風が低めで策アップの特技をつけないことが多い、覚醒でHP1400-1500なら一撃死の
確率は低いが、デバフのかかった時のガラシャムくらいでないと、せっかく覚醒したのに
徳を上げないと回復量が伸びず他の猫に影響が出ることがある…などが理由)

なので最後尾に大将を置いたら、画像みたいに景勝などの強い壁がいるといいです。
元々バフ+大信義の守護ができましたが、挑発の選択肢が出たので寡黙で
固くなった状態で敵を引き付けることができ、他の猫の安全を買えます。
景勝がまた少し高くなった理由でしょう。


④術デッキ
術デッキ術デッキ2

術系武将をだいぶ売ってしまったので構成が変なのはあまり気にしないでください^^;

左は従来の術デッキ。右側はこれから増えるかもしれない術デッキ。
術攻撃三枚で削りきるのが今までの形ですが、右側では挑発を二枚入れて
術を二枚に減らしています。二枚に減った分使う術は強力なものが求められます。
いかにも新しい形みたいにいってますが、実際のとこ姫武者や破軍を入れた
策2水1+地1風1の形やその変形は前からあります。
要はダメージソースが減っても敵兵力を削りきれる
手段があれば良い
わけです。
挑発の特性を考えた時、ヒーラー以外は全部策…というのは、
たぶんこれからしんどい局面が増えてくるように感じます。



まぁこんなとこでしょうか…。
むたさんじゃありませんが高コス地武将を挑発大将にするデッキ
も複数人使っているのを確認しています。硬いんだこれが。
兵力覚醒されるとなかなか落ちませんね。
今回、意図的に風武将を省いて紹介したんですが、
実際にデッキを組んだ時に「火武将の方が殴りにはいい」
等の理由で、自然と風武将がデッキから外れるケースも、
たぶんあるんじゃないかと思います。

もちろん従来のメインである風覚醒速攻デッキもまだまだ通用します。
それのみではなくなってきているという意味では使う猫が変わり始めていますが。
2014.09.06 / Top↑
(※合戦前に下書きしてたので更新日付8/30になってますが掲載は9/4の記事です)

9月1回目の合戦は東西ともに3日で終了。三増峠はちょっと武田と北条の勢いの差が
あまりにもありすぎて、武田側の方は相当苦労なされたようです。

槍い

お月見の練兵所がもらえる課題の中に、全力出陣10回というものがあったので
おかわりして全力でいった結果、2日目に久々に七本槍に入ることができました。
TOP3の黒帯で名前が出るところにまったく名前が出てこなかったのでこりゃ無理かな~と
思いつつやってましたが、5番目になんとかひっかかってくれ、誉3枚もらえました。
全力出陣の定着した今は、おかわりなしでの槍は、不可能でないにしろ以前よりも
格段に難易度が上がったようですね。

鉄砲デッキに舵を切った今回は、一度も寡黙極景勝が入らずひたすら鉄砲隊で出撃して
いました。挑発の壁役にもちょうどよさそうな景勝ですが、ぶっちゃけ使い飽きた ので
ちょうどよかったです。
まぁ、雨平原とかに出ることが増えれば使うんでしょうが、値段が反発気味なので
その前に売っちゃうかもしれませんね。
------------------------------------------
メンテ後全国をやって、属性別にこうなるんじゃないのかな~という予測を立てていたものを、
合戦後に少し手直しして掲載したいと思います。
あくまで予測ですのであしからず。



相対的に価値が上がりました。覚醒すれば挑発されても
比較的ダメージが通ります。

風と比べた時の命中率の低さは挑発で一定のところまではカバーできるようです。
攻撃される側になった時の命中、回避は風に劣ります。
地の数値が風より高いことが多いのでバフをかけて耐える形になるでしょう。
ドラクエでいえば戦士。 age気配

百
(=①ω①=)m9<どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。



はっきりと価値が上がりました。これからはデッキに1匹
地武将が常備されてもおかしくありません。

風武将の時はわかりませんが、策武将が修正強化された時と
同じ追い風を感じます。

全国対戦では1コスから3コスまで幅広くテストされているのを確認しました。
高コスだと挑発の割合が高すぎるかな…とも思えますが調整直後のため最適なコスト域は
今後こなれていくと思います。

個人的には1.5か2コスがよく使われて、コストカットを考えるならば固有特技を
移植する前提で1コスもありなのかなという印象。(脆さは難ありですが)
地武将の挑発で特に影響を強く受けるのは風と策です。
両方強い属性としてみられてきた2つですね。
挑発は必中ではない点に注意すること。   
完全にage、さらに恐らく今後も追加特技に期待できる
ドラクエでいい例えが思いつきませんが最前衛で盾2つか両手で盾持ってるような人です
奥義以外のダメージソースにはならないことが多いのでアタッカーは別に必要

なお眼力ボンベイですが非常に使えます。
移植狙いであっさりと完全に枯渇した檄文には負けますがおすすめ。
檄文を修正前に移植できている人は勝ち組かと。

ガン力
良いです。



挑発されると回避と与ダメージ量が目に見えて落ちます。
アタッカーとしては火にだいぶ追いつかれそうです。挑発解除の技能がほとんどないので
今後しばらくは逆風になるでしょう。

奥義等の状態異常に対して有利、挑発も当たったりかわしたりという状態なので
(風が高すぎて地が強化されてもなお当たらない)
いきなりまったく使い物にならずポンコツになるということは、ないです。
ですが水1風4みたいなデッキは、挑発強化によって今後減少を余儀なくされると
思います。特に術デッキなどでは、地武将を2匹以上入れての複数挑発が模索される
でしょう。その時に今まで通りの速攻ごり押しデッキがまかり通るかは難しいと思われます。
はっきりとsage気配 ながら相対的に弱くなるのであって、
長所は長所として生き続けるでしょう。
デッキカラーに応じて火武将と使い分けが増えます。ドラクエでいうと武闘家。
挑発が増えるのは間違いないのでいくらかは極立花夫妻の脅威が薄らぎそうかな。
地武将が入ると物理系デッキは代わりに補助系の風か策どちらかが弾かれる
パターンが多いと思われます。

けづくろう
まだまだ生き延びる道はありす。



水属性は昔から治外法権みたいな属性で、ヒーラーですので他がどうなろうと合戦では
ほぼ必ず1匹は入り不動のスタメンを確保しています。これからもたぶん変わらないでしょう。
属性全体でいえば低コス化の傾向が進み、割くコストは2コスまでが増えました。
総合的には極ガラシャムが相変わらず最優秀っぽいですが、
この猫はデバフがかけられた時に真価を発揮するので
火バフをかけた物理攻撃が通ると以外に脆いこともあります。

1.5コスでも浪切と艶花+固有特技を移植したりすることで充分に実用に耐えるため
地武将に割くコストとの絡みでいくらか1.5が増えるかもしれません。
ドラクエでいえば僧侶。 地武将に回復特技修正でもつけない限りは今後も変わらない役割でしょう
いつもどーりでいままでどーり。

あと美貌が今後流行りそうなので
デバフ反応の極ガラシャムはやっぱり有利
です。
若御台は一応挑発解除できるんですが…。それのみ目当てで使うとたぶんがっかりするかも。
1.5誉ガラシャムに湯漬けと若御台移植してますが、たいてい湯漬けの方が使えます(追記)

まんかか
メインヒーラーがまんかかさまになっていったいどれくらいたったんでしょーか。



地味にきつくなりそうです。挑発されると術攻撃の発動が落ちます。
なんか脳筋っぽい動きになるんですが地武将が弱い時は挑発がほとんど使われなかったので
目立ちませんでした。これからは目立つはず。
逆に術デッキに地挑発武将をカベとして入れる比率もぐっと上がるんでしょうが、
術デッキ同士のミラーマッチになると、挑発がかかってしまうとすごくgdgdした泥試合を
みせられることになりそうです。
対挑発には火を上げて殴る方が早い(ように見える)ので多少不利かなと。
ドラクエでいうと魔法使い。 sage気配

それから美貌稀お市と擲弾稀濃姫は修練が進む
下旬の合戦では使い手が増えてきます。
まだ今回はそれほど対戦しませんでしたが、多くの物理デッキに
食い込んでくるでしょう。(追記)


ころく2
術デッキはともかく物理デッキの弾除けとしての稀小六は、稀お市と入れ替えになる
ケースが増えるはずです。



いっぺんにどかっと変わるのではなく、じわじわと進んでいくと思います。
たとえば挑発効果で回避が下がるために風足軽と組むのが、半蔵から鬼島津に
戻りつつあったりとか。
ずいぶん長く使われてきた稀小六が稀お市にチェンジされたりとか。
半年に一度の流行の変化の時期かもしれませんね。

2014.08.30 / Top↑
9月にある政宗公まつりとかにまシャムね様はこないのかな~。
やはり遠いと、着ぐるみだから移動がきついのかな?
一度生で見てみたいんですが。
------------------------------------------
アップデートのお知らせ

2014年8月29日(金)正午より『のぶニャがの野望』サービスを再開いたしました。

≪機能追加・変更のお知らせ≫
◇アップデート「月光」を実装しました。
◇地属性武将について以下の強化を行いました。
・物理攻撃に対する防御力について、他属性の武将よりも効果を上げました。
・挑発系技能の頻度と成功確率を調整しました。
・自身が挑発中の敵からの物理攻撃によるダメージ値を下げました。
・自身が挑発中の敵からの術攻撃によるダメージ値も軽減するようにしました。
・挑発中の敵は、通常攻撃および技能に対して回避しにくくしました。
・敵から物理攻撃を受けた場合に、一定の確率で発生する必殺ダメージに対して、
 発生しにくくしました。
 ※五輪奥義「釣り野伏せ」など、特定条件下で発生する大ダメージは除きます。
◇特技「雨火縄」「馬沓」の効果を調整しました。
◇特技「鉄砲狭間」の説明文を変更しました。
 ※技能効果は変更しておりません。
◇ヘルプに「名将探索」の項目を追加しました。
◇ねこ武鑑を1件追加しました。
◇スマートフォン版のUIを一部変更しました。

------------------------------------------
さてさて、遂にようやく地武将も強化されました。行動順と同じくずいぶん遅かったけど、きました。
この1月くらいの間試行錯誤しながら風武将中心に集めていたのがまた考え直す必要が
出てきましたが、全国対戦で試した感じ、なるほど地武将は確かに使いやすくなっています。
主に挑発面の強化ですね。
ほとんど地武将のいない里なので、1匹メンテ後に購入して試しました。

悪兵衛悪兵衛2

はじめ風流人がついていましたが、現在はいまいちの特技なので信義に変更。
わざわざ地1.5コスから地1.5コスへの移植されたものを買ったのは、
①自分でもよくわからないうちに鉄砲デッキになってきた
②今年の大河の軍師官兵衛が面白いから
③イラストがすごく眼力っぽかったからです^^;
で、このギョロ目悪兵衛を全国で試した結果。

ギョロ目ギョロ目2

1T目からけっこう使うし、けっこうかかります。

さすがに、毎ターン連発ということはないんですが、修正前の気まぐれ発動よりは、よくなってます。
風武将以外には高確率で当たりますが、覚醒風武将には当たったり外れたりというとこです。
覚醒風に挑発が成功した場合でも、風130の稀九鬼だと回避も目立ちますが、
風94の稀濃姫(短刀のほう)でも当たることもあります。(←重要)

あと、挑発しても本能寺を連発されるときは、されます。あきらめましょう^^;
(前からですが発動は一応下がります…たぶん)

発動率に関しては修正前の発動に+0.5コスくらいは上乗せされてる感じです。
成功率もマシにはなってますね。そして挑発相手からのダメも確かに減りやすくなっています。
覚醒火武将の方が挑発相手にはいいのかもしれない。
でも風がさっぱりになったかというとそうでもなく、行動順が早い、レジスト率高い、と
今までの長所は長所としてまだ生きています。
要はしばらく続いていたらしい、風武将の一方的な優位が薄らいで対抗策が
出始めた一環といえます。

メンテで地武将を強くする方向性がはっきり出たので、これからしばらくの間は
地属性に良い特技を持った猫が出やすくなると思われます。
今のうちに1匹用意して使い勝手を確かめてみるのもいいんでないでしょうか。
2014.08.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。